毎日積立と毎月積立はどっちが有利?激動の2月で検証

株価の暴落

ダウが暴落と言われた、近年の中では激動の2月が終わりました。

平穏に上昇を続けていたので、自分自身危機感が薄れていたのは事実でしたので、久しぶりにリーマンショックの時のことを思い出しました。

リーマンショックの時の恐ろしさを改めて思い出してみた

さて、私が毎日行っている投信の積み立てではこの2月には毎日積立てることでドルコストの恩恵があったのか気になったので調べてみました。

スポンサーリンク
スポンサードリンク




積み立てのタイミング

毎月積立てで一番多いのは月初めの1日に積立てるというケースで、ついで月末だそうです。

自分の給料日が25日ですから、勝手に25日頃が多いんだろうと思ってましたけど、1日というのは意外でした。

さて、一番多いと言われる1日に積立てた場合どうだったのでしょうか。

2番目に多いと言われる月末と合わせて見て見たいと思います。

毎日積立と毎月積立との比較

毎日積立の結果

SBI証券の取引履歴よりCSV出力して利用しています。

積立日 積立口数 基準価額
2018/02/01 93 10773
2018/02/02 93 10789
2018/02/05 94 10603
2018/02/06 99 10105
2018/02/07 97 10303
2018/02/08 98 10257
2018/02/09 102 9843
2018/02/13 99 10097
2018/02/14 100 10046
2018/02/15 99 10093
2018/02/16 98 10162
2018/02/19 98 10166
2018/02/21 98 10223
2018/02/21 98 10223
2018/02/22 98 10173
2018/02/23 99 10131
2018/02/26 97 10280
2018/02/27 96 10382
2018/02/28 97 10300

合計で19日、1900円で1,853口の買い付けが終わっています。

口数の買い付けに関しては、

買付金額÷基準価額×10,000

小数点の扱いは小数点第2位まで求めて、小数点第1位を四捨五入

となります。

なぜ第2位まで求めるかというのが気になりましたら過去記事を参照してください。

毎月積立と比較した場合

ツイッターで紹介された新聞記事によりますと、毎月1日、月末が多いようです。

私が積み立てた金額1900円にて、その日に買い付けたと仮定してシミュレーションしてみます。

基準価額は上記の表より

積立日 買付口数 基準価額
2018/02/01 1764 10773
2018/02/28 1844 10300

となります。

毎日積立が上回りましたね。

毎日積立のほうが有利なの?

じゃあ毎日積立のほうが有利なの?というところに関しては、あくまで下落のタイミングだけの話になるかと思います。

毎日積立の買い付けを上回ろうと逆算した場合、基準価額が10253円以下に買い付けた場合となります。

2月は中旬に比較的大きく下落した日が続きましたから、合計で11日と積立日の半数以上ありました(上の表の黄色マーカー)。

相場というものは何事も結果論で、あの時が底だったと思えるだけですので、積み立てをしている時にはわからない話ですね。

毎日積立の額を増やしたら

以前記事にもしたんですけど、1日当たりの積立金額を増額したらどうなるのか?というのが気になってました。

せっかくCSVで出力したついでに、1日当たりの積立金額を1000円としてシミュレーションしてみました。

積立日 積立口数 基準価額
2018/02/01 928 10773
2018/02/02 927 10789
2018/02/05 943 10603
2018/02/06 990 10105
2018/02/07 971 10303
2018/02/08 975 10257
2018/02/09 1016 9843
2018/02/13 990 10097
2018/02/14 995 10046
2018/02/15 991 10093
2018/02/16 984 10162
2018/02/19 984 10166
2018/02/21 978 10223
2018/02/21 978 10223
2018/02/22 983 10173
2018/02/23 987 10131
2018/02/26 973 10280
2018/02/27 963 10382
2018/02/28 971 10300

積立金額を算出する計算式と端数の処理は前述したように処理しています。

これを合計すると18,527口となります。

実は金額が大きくなったほうが有利に働くと考えてたので、私的には若干衝撃の結果です。

というのも、100円で積み立てた場合は1,853口だったので、単純に計算するならば18,530口となるはずなのですね。

よく見てみると、2/8と2/16にはこういうことが起きています。

2018/02/08
100円積立 1000円積立
98口 975口

2018/02/16
100円積立 1000円積立
98口 984口

これはただの少数点の処理によって起きる誤差なんですね。

切り捨てられる日が多ければ額が大きいほうが有利、切り上げられる日が多ければ小さいほうが有利ということです。

どちらにしても長期に渡って積み立てる行為に対して、こんな小さなところを気にしてもしょうがないですね。

まとめ

以前毎月分配の投資信託を持っていたころ、分配金でそのまま再投資をかけていましたけど、その分配日に限って基準価額が上がってて残念な思いをしたことがありました。

買付日に限って高かったりしたら残念な気がしますから、私的には毎日積立がとっても気に入ってます。

▽少額からでもまずははじめて欲しいです。

少額投資のブログを書いているわけ
毎日100円の積立てだとか、端株で1万円分ほど買ってみたとか、数ある投資ブログの中ではかなり小さい額を扱ったブログだと思います。 ブロ...

▽毎日積立の端数の処理について検証しています

楽天全米株式インデックスの毎日積立のドルコスト効果はいかに?
毎日積立を行うと発生する端数の処理。切り捨てられたらたまりませんので、どういう処理がされているか検証してみました。検証結果には非常に満足する結果でした。ただ、長期にわたる積立てを考えた時には誤差の範囲に納まるかもしれませんね。

▽暴落時のメンタル保持について書いています

暴落時に投資に対するメンタルを維持する方法
前回、私が目指すところはドM投資家という話で終わりました。≫積立投資に必要な特性 その時書きかけたのが、暴落時にメンタルを保持する方法...

▽投資信託の紹介です

少額投資にはおすすめの投資信託
投資信託は少額投資には非常に相性の良い金融商品です。 その一方投資信託自体は非常に多く、ネット証券の最大手SBI証券では250...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク




スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする