バランスファンド「DCニッセイワールドセレクトファンド」の解説

バランスファンドのDCニッセイワールドセレクトファンド投資信託
スポンサーリンク

毎年投信ブロガーによる人気の投資信託を選ぶ、Fund of the Year(略してFOY)に常連のニッセイから出ているDCニッセイワールドセレクトファンド。

こちらは4資産(国内外の株式、債券)のバランスファンドで、そのポートフォリオの違いにより4タイプに分類されます。

その中でも最も標準的なポートフォリオ(資産構成)を持つ標準型は、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の運用構成と似通っており、つみたてNISAで長期にわたって投資、運用していくのであれば知っておいてもいいのではないかと思い、まとめてみました。

スポンサーリンク

DCニッセイワールドセレクトファンド(標準型)の特徴

DCニッセイワールドセレクトファンド(標準型)の基準ポートフォリオは以下のようになっています。

DCニッセイワールドセレクトファンド(標準型)のポートフォリオ
ニッセイワールドセレクトファンド(標準型)のPF(請求目論見書より)

各資産ごとのベンチマークは以下の通りなのですが、この辺りはダイワライフバランス50と同様です。

資産ベンチマーク
日本株式東証株価指数(TOPIX)
日本債券NOMURA-BPI
外国株式MSCIコクサイ
外国債券FTSE世界コクサイインデックス
投資初心者が抑えておきたい投資信託のベンチマーク
投資信託は投資の初心者にもベテランにもおすすめなのですが、何かと分かりにくい用語も多いのが事実です。この記事ではベンチマークについてまとめています。

DCニッセイワールドセレクトファンド(標準型) の姉妹商品との比較

DCニッセイワールドセレクトファンド(標準型) には、標準型以外に、(安定型)(債券重視型)(株式重視型)の3本の投資信託が設定されていて、いずれの商品もつみたてNISAの登録商品となっています。

そのため分かりやすいように、ポートフォリオの違いをまとめてみました。

 国内債券国内株式外国債券外国株式
安定型60%5%25%5%
債券重視型45%20%20%10%
標準型30%30%15%20%
株式重視型15%40%10%30%

残りの5%は短期の金融資産に充てられます。

上の表で比較していただければ、表の下に行くにつれて、債券の割合が減り、株式の割合が増えてくることが一目で比較していただけるのではないでしょうか。

DCニッセイワールドセレクトファンド(標準型) とGPIFのポートフォリオの比較

今回はGPIFのポートフォリオをバランスファンドで実現できるか?ということを目的にこういったバランスファンドを調べていますので、DCニッセイワールドセレクトファンド(標準型)を参考に比較してみます。

 国内債券国内株式外国債券外国株式
GPIF35%25%15%25%
ニッセイ(標準型)35%30%15%20%

GPIFと比較するために、5%の短期金融資産は国内債券に含みました。

若干国内株式のウエイトが大きいようですが、GPIFの乖離率の範囲内ですし、ほぼ同じといっていいかもしれません。

DCニッセイワールドセレクトファンド(標準型) のコスト

購入手数料と信託財産留保金

購入手数料、信託財産留保金ともにありません。

ちなみにつみたてNISAには購入手数料などが設定されていると対象商品となりません。

信託報酬

信託報酬は以下の割合で、全体として0.2%(税抜き)が掛かります。

委託会社0.09%
販売会社0.08%
受託会社0.03%

このほかにも、監査費用(0.01%)や、その他の費用として売買委託手数料等の費用が発生します。

第16期(2018年2月22日~2019年2月21日)の運用報告書で実際に掛かる費用を確認したところ、消費税の掛かるものを含んで0.219%となっています。第16期運用報告書(PDF)

DCニッセイワールドセレクトファンド(標準型) のリスクとリターン

DCニッセイワールドセレクトファンド(標準型)のリスクとリターン
DCニッセイワールドセレクトファンド請求目論見書より

この期間だけ見れば、あえてリスクの大きい新興国株式に投資するより、こういったバランスファンドに投資をしたほうが、結果的にリターンが大きくなりそうです。

ちなみに、下の表は併売されている他のファンドとの比較です。

 最小値最大値平均値
安定型-1.81.60.1
債券重視型-5.414.44.5
標準型-10.120.36.3
株式重視型-14.826.48.1

やはり安定型の商品になればなるほど、最小値と最大値の振れ幅は小さくなりますし、平均値も下がっていきます。

まとめ

GPIFのポートフォリオを参考につみたてNISAの商品を選ぼうとしたときには一番似通った商品であるように思います。

株式と債券の比率は50:50がいいのかどうかは個人の年齢や考えによるところではありますけど、同一の商品の中でこういった種類のものが選べるのはいいかなぁと思います。

GPIFのポートフォリオを真似してつみたてNISAの中からバランスファンドを選んでみる
分散投資を考えた時にどんなポートフォリオがよいのか考えた時、大きなお金を運用しているモデルとなる年金積立金管理運用独立法人(GPIF)のポートフォリオを参考にバランスファンドを選んでみました。
投資に関するおすすめのまとめサイト

投資やお金に関する情報に限定されたブログ記事が集まっています。多くの有名ブロガーも掲載されており必見です。

スポンサーリンク

40代サラリーマン、3人の子持ちです。少ない小遣いの中で端株制度を利用して資産運用してます。
詳しいプロフィールはこちら
お問い合わせ

フォローする
投資信託
スポンサーリンク
フォローする
Jiroの端株投資奮闘記

コメント

タイトルとURLをコピーしました