ネット証券を選ぶ時のポイントは?

その他の金融商品

いざ投資を「始めよう」「始めたい」と思った時に、最初の難関となるのが、どこの証券会社がいいんだろう?ということではないでしょうか。

いろんなサイトなどで特徴の比較などもされていると思いますけど、私がおすすめするポイントは、銀行との連携がよいことです。

もちろんネット証券は、多くの銀行から手数料無料でリアルタイム入金に対応していますけど、直系の銀行口座との連携が優れたところはやはり一歩先行く安心感とメリットがあります。

スポンサーリンク

ネット証券は銀行とセットで考えよう

SBI証券は住信SBIネット銀行と同系列ですし、楽天証券は楽天銀行、カブドットコム証券は三菱UFJ銀行やじぶん銀行が同系列になります。

住信SBIネット銀行の口座数は340万口座、楽天銀行に至っては700万口座を越えています。

そしてMUFGとKDDIが共同出資で立ち上げたじぶん銀行も300万件を突破する口座数があります。

いずれの銀行も預入額や利用状況によって、コンビニATMが無料で利用できたり、振り込み手数料が無料化されるなどのメリットがあり、投資は別としても非常に魅力あるサービスがあります。

ただネット証券となると、1000円投信、ワンコイン投信と何かと追随してきたカブドットコム証券ですが、100円投信、毎日積立といった投資信託の激戦から遅れはじめ、近年ではどうしてもSBI証券、楽天証券が有力です。

スポンサーリンク

住信SBIネット銀行とSBI証券の魅力

SBI証券なら端株投資もできる

SBI証券の魅力は何といっても端株投資が行えるところです。

他の端株投資が出来る証券会社はこちらの記事でもご紹介していますけど、(≫ 端株投資ができるネット証券)1株単位で購入でき、配当金を受け取ることが出来る機動力の良さは、資金の少ない間にはとても魅力的なサービスですし、配当金を再投資掛けようとした時にも魅力的です。

端株のメリットは配当金を再投資できること

また、株というのは不思議なもので、日経平均が大きく下げたときでも、上がる株も存在するという事実があります。

そういう中で、1銘柄にこだわらず複数の銘柄を購入しておけるというのは魅力です。

住信SBIネット銀行の外貨積立で米株や米国ETFが有利

米株や米国ETFに投資をしようとしたとき最初にすることが、外貨への為替取引です。

住信SBIネット銀行であれば、片道4銭(積立時は2銭)といった為替手数料で済みますので、外貨への為替コストを抑えることが出来ます。

住信SBIネット銀行の外貨積立

住信SBIネット銀行からは手数料無料、リアルタイムでSBI証券に資金移動もできるところは、ネット銀行、ネット証券の強みでもあります。

女性起用バナー

スポンサーリンク

楽天銀行と楽天証券の魅力

楽天証券で楽天銀行がもっと使いやすくなる

楽天銀行と楽天証券を紐付けしてマネーブリッジというサービスを利用すると、投資に回さない待機資金であっても、楽天銀行であれば高い金利を受け取ることが出来ます。

また、楽天証券で毎日積立などを利用することで、楽天銀行の振り込み手数料などを無料化することが出来るなど、手数料の改悪で使いにくくなっていた楽天銀行がもっと使いやすくなります。

楽天証券のサイトが見やすい

楽天市場のサイトは非常に見苦しいのですけど、楽天証券のサイトは非常に見やすく、損益なども分かりやすくなっています。

また、株のスクリーニング機能もSBI証券より使いやすいものになっています。

楽天証券ならポイント投資が出来る

楽天証券であれば、楽天カードで投資信託を積立てたり、貯まったポイントを投資に回したりすることが出来ます。

電気代などの生活コストを楽天カードで支払いつつ、ポイントを投資に回すという手段が取れるのです。

スポンサーリンク

SBI証券と楽天証券はどっちを選ぶ?!

私の結論としましては、端株投資やゆくゆくは米株、米国ETFに手を出したいと考えるのであれば圧倒的にSBI証券。

そうでないならネット銀行の使い勝手の良い方、もしくは今からネット銀行も変えていくというのであれば楽天証券をおすすめします。

私も現在NISA口座のあるSBI証券で積立てていますけど、楽天証券に変えようかと思ってます。

スポンサーリンク

まとめ

少額投資を行うならぜひとも利用したいネット証券です。

SBI証券に楽天銀行から入金することも、その逆も可能ですけど、やはりネット証券とネット銀行はある程度セットで考えておいた方が、よりメリットを活かせるかなと思います。

使いにくいと評判のSBI証券を愛用する私がおすすめする5つのポイント
愛用している証券口座はSBI証券ですが、ネットでは何かと使いにくいと評判です。そんなSBI証券の魅力とおすすめポイントをご紹介します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました