少額投資のブログを書いているわけ

毎日100円の積立てだとか、端株で1万円分ほど買ってみたとか、数ある投資ブログの中ではかなり小さい額を扱ったブログだと思います。

ブログ自体は「書くことが面白い」とか「生活の中に入ってきている」という理由もありますが、少額投資のブログを書いてるそれら以外の理由を書いてみたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサードリンク




少額投資っていくらから?

少額投資のブログ

少額投資と聞いて、いくらくらいを想像しますか?

月1000円という人もいれば、1万円という人もいると思います。

でも月1000円って言っても、年12,000円だし30年かけてやっと36万円。

退職後の年金の足しにすらならないレベルです。

それでも、やった方がいいと思うんですよ。

お金に対する意識が変わるから。

少額投資の活きた情報は少ない

最近ではNISA絡みの情報がトップページに出てきますが、私が投資を始めようとしたときに「少額投資」と検索して、その当時出てきた情報の大半がFXの話題だった覚えがあります。

その中でもアフィリエイトの情報が多くて、とにかく少ない元手で儲かるっていうサイトが大半だった覚えがあります。

幸い私は株や投資信託よりは外貨について抵抗がなかったことから、FXへすんなり入ることが出来ましたし、後輩が先にFXを始めていたことはラッキーでした。

でもそうでない人にしてみると情報は少なかったように記憶しています。

ブログを書いてた人は何年も先に行ってる

私が投資を始めたときに読んでたブログの人って、当然投資歴が長くなって扱ってるお金の単位も大きくなってました。

なので始めたときには少額投資だったかもしれないですけど、私にとってその人たちの情報というのは少額投資の域を超えてたんです。

なので、私も株式とか買ってても、基本的には誰でもできるくらいの積立をメインに続けていきたいと思ってます。

少額でもいいから投資をしたいと思ってる人はいるはず

少額投資を始めたい人を応援したい

独身時代であれば自分の給料はすべて自分で使う事が出来るでしょうから、資金の調達という面ではさほど問題はないとは思います。

それでも色々とブログなんかを読ませていただいていると、結婚して子供が生まれて、将来のことを考えた時に、お金のことや投資というものを考え始めた人も少なくないように感じます。≫ 40代からの投資の始め方

そんな時に困るのが夫婦の価値観。

我が家のケースでいえば投資をして将来に備えたい夫(私)と、投資の必要性を感じていない妻。

多分こういう家庭は少なからずあると思います。

元本を保証されないという性質の金融商品に、配偶者の理解を得られないまま家庭のお金を突っ込むわけにもいかないし、してはいけないと思ってます。

我が家の夫婦間のお金の価値観の違いは結構深刻

お金に敏感になる

今私が書いてるブログでの事は、過去にさかのぼり、すべて私の小遣いでまかなってきた内容です。

もちろん過去にはポイントサイトや自己アフィリといった臨時収入もありましたし、確定させた利益もあります。

こういったお金を手にできたのは、やはり少しでも投資資金に充てたい、増やしたいという思いもありましたし、次第にお金の情報に敏感になってきたという事実もありました。

最初に書きましたけど、お金に対しての意識は徐々にですけど、間違いなく変わってきています。

目的は投資の経験値

テレビを見ていると、退職金の運用に悩んで金融機関に相談に行くというCMを見かけます。

あれって、正直遅いよねって思います。

何千万も退職金をもらえるような人ならいいかもしれませんけど、多くの中小企業に勤める会社員は数百万ももらえればいいぐらいの人はいくらでもいます。≫独自制度や中退共など、勤務先の退職金の制度を知っておこう

時間を掛けてお金を育てつつ、投資に対する経験値を積む

少額といえど、暴落などの経験値を積んでおくことはいずれ大きなお金を運用するようになった時でもきっと役に立つはずです。

最後に

主に投資に充てる資金が足りないというのがこのブログの根底にはあります。

ただ、お金のことを語るのはタブー視されるこの日本で、投資に興味はありつつも周りに言えない人たちに、ブログという形で少しでも貢献できたらいいなぁという思いはあります。

なので、これからもチマチマと積立てしながらお金とのやり取りを楽しみつつブログを書いていきたいと思います。

▽ネット証券ですと少額投資に付き物のコスト高という事が少しでも抑えられます

使いにくいと評判のSBI証券を使い続ける5つの理由

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク




スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする