ターゲットイヤーファンドに学ぶ国内債券の重要性

ターゲットイヤーと国内債券

以前、40代からの投資の始め方という記事を書いています。

実は私が投資を始めるにあたって、敷居が高いな、よくわからんよ、っていう事をまとめたつもりでした。

≫ 40代からの投資の始め方

もちろん書いた内容はその人の環境や考え方にもよりますのですが、今回はまた少し違ったアプローチの仕方をしてみたいと思いました。

まず年齢関係なく投資をするにあたって、自分の資産をどれくらいどういう資産に充てればいいの?っていうのは疑問に思うところだと思います。

そこで今回はバランスファンドの記事などでも、たびたび例に挙げてきたターゲットイヤー型の投資信託を参照してみたいと思います。

スポンサーリンク

ターゲットイヤー型投資信託

ターゲットイヤー型の投資信託の例としまして、三菱UFJ国債投信のターゲットイヤーファンドを上げたいと思います。

ターゲットイヤーとは?

ターゲットイヤー投資信託

三菱UFJ国債投信の目論見書では「投資家の皆様にライフイベントが起きる時期をターゲットイヤーとし・・・」と記載されています。

このライフイベントの大きな例として現役世代からの引退ということもあるでしょう。

他社の投信も同じく、これらに共通することはターゲットイヤーの年に近くなればなるほど、国内債券の割合が高くなり、最終的には資産の大半を短期資産で運用していくようになります。

短期資産とは期間の短い債券などで、流動性の高いものになりますから、運用としては安全側になりますが、リターンというものは期待できません。

こちらは以前、外貨MMFの記事でも触れてますので、こちらも参照してください。

≫ SBI証券で遊ばせてる米ドルを使って外貨MMF買ってみた

ターゲットイヤー2020

2020年までにはあと数年ですから、50代中盤からの世代が対象になるファンドになると思います。

国内 外国 短期資産等
株式 債券 株式 債券
8% 21% 4% 4% 60%

やはり短期資産が多いですね。

ただ、騰落率も最大18.4%、最小-3.4%、平均5.3%とリスクは小さいようです。

ターゲットイヤー2030

その時、現役引退がいくつになるか分かりませんけど、60歳から65歳と考えた時には40代後半から50代前半という世代でしょうか?

国内 外国 現金等
株式 債券 株式 債券
22% 54% 11% 10% 3%

ターゲットイヤー2020に比べると10年長いので、株式の割合も高いですし、現在のところ短期資産での運用もありませんが、2020年から徐々に組み込まれていきます。

騰落率は28.3%~-6.1、平均8.8%となっています。

ターゲットイヤー2040

2040年ごろの引退世代となると、30代後半から40代前半、私の年齢から考えるとギリギリこの辺りでしょうか。

国内 外国 現金等
株式 債券 株式 債券
31% 40% 16% 10% 3%

2040年向けのこのファンドでも国内債券が40%もあるのですね。

2030年からは短期資産も組み込まれていきますが、現在は国内外の株式が47%となっており、ずいぶんとリスク資産が多くなっています。

騰落率は35.5%~-9.7%、平均で11.0%となっています。

これらのことから改めて、長期ではリスク多めの資産を持つことでリターンが期待出来たり、短期であれば債券などのリスクの小さな資産を持つことが大事なんだという事がよく分かります。

40代の投資

さて、改めてターゲットイヤー2040を見てみると、国内外含めて株式が47%、債券が50%となっています。

実はこの割合自体は、GPIF(年金積立金管理運用独立法人)も、ほぼ同じなんですね。

意外とリスクとリターンのバランスが取れていいのかもしれません。

≫ GPIFのポートフォリオを積立NISAのバランスファンドからおすすめを選んでみる

今まで国内債券を対象にした投資信託に興味を持ったことはありませんでしたけど、改めて債券というものを見直すべきなのかな?と思い、興味をもつかどうかは別としまして、一つ調べてみました。

三井住友日本債権インデックスファンド

あいにく、つみたてNISAには国内債券への投資をするような投資信託は含まれていませんので、SBI証券で検索をしていくと、純資産が大きく信託報酬も安いもので三井住友日本債権インデックスファンドというものを見つけました

ターゲットイヤーを三菱UFJ国際投信でシミュレーションしましたから、こちらも同じところから選ぼうかと思ったのですが、こちらの方が圧倒的に純資産が大きく、設定日も2002年と実績もあることからこちらを選択しました。

信託報酬

信託報酬は0.1728%ですが、最近のインデックスタイプの信託報酬は異常に安くなってきてるので、これでも高く感じてしまいますね。

最安はeMAXIS Slimやたわらノーロードなどで0.15012%という信託報酬もあります。

ベンチマークはNOMURA-BPI

このファンドは95%を国債や政府関係機関による再建、地方債などで構成され、ベンチマークは、NOMURA-BPIに連動するように運用されています。

NOMURA-BPIというとなかなか分かりにくいのですが、ボンド・パフォーマンス・インデックスの略で、ボンドというと一般的に債券を表しますね。

下の図はNOMURA-BPIの指数をグラフ化したものです。

NOMURA-BPI

引用:三井住友日本債券インデックスファンド目論見書より

数々の金融ショックなどもありましたけど、右肩上がりに推移しているのは凄いですね。

もちろんベンチマークがこのように推移しているわけですから、ファンドも同じように推移しています。

まとめ

私が現在端株投資以外に積立てている投資信託は、「楽天全米株式インデックスファンド」と「野村つみたて外国株投信」ですので、これらのことを考えると私はリスクを取り過ぎなんでしょうね。

以前、eMAXISの波乗り型と8資産均等型を検討した時に国内債券の割合が多いからと書いていましたけど、40代の一つの目安として投資先を検討した時には、債券という分野もある程度組み込んだ方がよいのかもしれません。

≫ eMAXISバランスの8資産均等型と波乗り型を比較

ターゲットイヤーの投資信託から意外な発見が出来ました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク




スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする