NISAはどっちを選ぶ?私がつみたてNISAを使わない理由

積立NISA

つみたてNISAがはじまりました。

自分にとってどちらのNISAがお得なのか考えてた時期もありますが、私は残りの期間をもとのNISA、その後つみたてNISAに移行していくつもりです。

≫ 「NISA」と「つみたてNISA」どっちが向いている?

※この記事では二つのNISAを「NISA」「つみたてNISA」と使い分けます

スポンサーリンク

2018年スタートのつみたてNISAのメリットとデメリット

期間が長いのは大きなメリット

投資額は40万までと今までのNISAに比べると3分の1と小さくなっていますが、つみたてNISAは非課税期間が20年と今までのNISAと比べ非常に長くなっています。

トータルでは40万×20年で最大800万円の投資額に掛かる利益が非課税となります。

投資の対象が限定されるのがデメリット

つみたてNISAのデメリットはなんと言っても対象となる投資商品が、金融庁が認めた投資信託のみに限定される事です。

これを私がデメリットとするのは後に書きますけど、実際に対象投信は非常にコストも抑えたつみたてNISAという制度にふさわしい良い商品が選ばれています。

NISAのメリットとデメリット

投資対象がいろいろ選べるというメリット

NISAのメリットは年間120万の非課税枠とつみたてNISAより多く、投資信託を含め株などの商品も非課税商品となるところですね。

株や海外ETF、つみたてNISAに該当するような投信や毎月分配のような投信も選ぶ事ができます。

もちろんそれらの配当や分配金、値上がりに関する税金も非課税となります。

いつまで?残り期間が短くなり期間満了後の制度にもデメリット

制度が開始されてから時間が経った事から、残りの期間が短くなったのはとても残念です。

いずれはつみたてNISAと一本化されて期限が延長、恒久化されることが全個人投資家の願い出はないでしょうか。

またNISA終了後、特定口座に移管された際の取得価格変更の不具合は早くなんとかしないとまもなく当初の5年のNISAが終了してしまいます。

こちらは急務ですし、今年中にこちらが改善されないと今後NISA期間中に売却する投資家は増えることでしょうね。

また、NISAでせっかく積み立てた投信もつみたてNISA側へロールオーバーできないのが残念です。

 

私がNISAを選ぶ理由

さて、簡単にそれぞれのNISAのメリット、デメリットを列記したところで、私がNISAを選んでいる理由を書きたいと思います。

つみたてNISAでは年間投資額が大きい

ちょっと矛盾するようなんですけど、継続性を必要とされる年間投資額として、40万というのは私には大きすぎるのですね。

つみたてNISAでは継続して積み立てるという条件があるため、毎月3万円というお金を継続して積み立てるにはハードルが高いのです。

私自身もつみたてNISAの対象投信のひとつでもある楽天全米株式インデックスファンドを積み立てていますが、せいぜい数千円くらいな物です。≫ つみたてNISAっていくらから?無理なく続けられる金額から続けましょう

なので、私にとってつみたてNISAのメリットは十分に享受する事ができないと考えたのです。

それ以上にNISA選んだというのはここからの話です。

SBI証券のNISA口座なら株式手数料の無料

他のネット証券でも同様の利用金体系をとってるとこが多いですけど、NISA口座では株の売買手数料が無料です。

つみたてNISAのデメリットのところで「投資商品が限られる」ということを挙げましたけど、つみたてNISAを選択するとこういった恩恵は受けられないんですよね。

私は投資信託ではなく、株などの配当を目的として不定期に端株を集めています。

もっとも端株はNISA口座であっても手数料が掛かるので関係ないのですが「米国ETF」こちらにはこのメリットがあります。

米国ETFの購入手数料も無料化

昨年から買い始めた米国ETFは1回の売買手数料が5ドル掛かります。

そのため、1株や2株といった少数の取引にはとても負担が大きいのです。

ところがNISA口座であればこちらの手数料も買付時のみですが無料化されるので、外貨積立した外貨で気軽に買うことが出来ます。

米国株ETFを買ってるけど気を付けてること

なので年間にすると結構な額の手数料が節約できると思いますね。

外貨積立に関してはこちらの記事を参照してください。

米国ETFの出口戦略

米国ETFをNISA口座で買ったあと、それらをどうするのかというのをちょっとだけご紹介しときたいと思います。

手数料無料で買ってNISAから特定口座に移管されようと、そのままホールドを続けます。

いずれ外国の課税と日本の課税と二重課税になったときには、それなりの手続きをする事で税金を取り返すことも出来ますから、それに関してはそのとき考えます。

 

まとめ

つみたてNISAとNISAのメリット、デメリットって結局表裏一体ですから、どちらが自分のスタイルに合うかと考えた時に私はNISAだったというだけなんです。

また、NISAが始まった時、私がNISAを開設して取引を始めたという記事を書いたときに、「何でNISAなんか始めたの?」というコメントを頂いた事がありました。

当時NISAに対する批判も結構ありましたので、正直不安もあったのですけど「いずれ制度の改正などを期待してます」とコメントを返した覚えがあります。

その後年間投資額が120万に引き上げられた事などを見ると、今後も改正される事が期待できるかもしれません。

まあ、その時々に悩むのも楽しみの一つと思って、現時点ではNISA終了までこのまま継続利用をしていくつもりです。

 

▽投信ブロガーが選ぶハンドオブザイヤー2017ではiDeCoやNISAに関する要望も上がってます。是非一度ご一読ください。

もう一つのFund of the Year~iDeCo/NISAアンケート~
Fund of the year2017の投票と同じく行われていた、iDeCo/NISAに関するアンケートの結果です。各制度の利用者などの分析を行っています。

▽SBI銀行の外貨積立の注文の入れ方について書いています

SBI銀行の外貨積立設定を工夫して、ドルコストをさらに活かす
少しでも安いレートでドル転したいのは誰しも同じ。それなら投資の必勝法、ドルコスト均等法で積み立ててみました。レート上限を活用する事で、より安く買い付け出来ることがわかりました。
SBI銀行での外貨積立に上限レートを設定して多段式に買付注文入れてみた
SBIの外貨積立で買付の上限レートを設定した注文をいれて、円安の時には少ない金額で、円高の時には多めの金額でという自分自身の設定を作ることが出来ます。簡単かつ手軽に設定できる積立なので重宝してます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
積立NISA
スポンサーリンク
フォローする
スポンサーリンク
Jiroの端株投資奮闘記

コメント

  1. […] ≫ NISAはどっちを選ぶ?私がつみたてNISAを使わない理由 […]