つみたてNISAっていくらから?無理なく続けられる金額から続けましょう

積立NISA
スポンサーリンク

つみたてNISAっていくらから?

今年からつみたてNISAが開始していますが、まだまだ「聞いた事はあって興味はあるけど投資って怖い」という人もいらっしゃるはず。

でも、思い立ったが吉日、是非前向きに検討してみてください。

スポンサーリンク

つみたてNISAの特徴

大きな特徴は下の表にしたような内容ではないでしょうか。

投資額毎年最大40万円
非課税期間20年

おそらくこのページにたどり着いた方は、大体どこかしらで見てきた内容ではないかと思います。

投資額の捻出という問題

年間40万円というお金は月にすると3万円以上というお金です。

正直、1馬力の我が家からそれだけのお金を毎月積み立てる事はまず不可能です。

仮に捻出したとしても継続することができません。

つみたてNISAという制度上、積立続けなければあまり意味がないので、無理なく続けられる金額の設定をしてほしいところです。

この40万という金額が少ないと思われる方はとても羨ましいのですが、1人1口座ですからご夫婦で開設してみたり、iDeCoやジュニアNISAなどの開設を検討するのも手段だと思います。

つみたてNISAっていくらから?

さて、上限は年40万として下限はいくらなの?というところですが、こちらは100円から積み立てる事が出来るんですね。

100円ですよ?

日常生活の中で100円の無駄使いってどこかでしてませんか?

銀行ATMの時間外手数料

なんとなく買った100均の商品

習慣化してるコンビニコーヒー

意識するだけで結構でてくると思うんです。

私自身、銀行はネットバンクを有効利用してますし、家で準備したコーヒーを持参することでコーヒー代をつもり貯金しています。

≫ 使い勝手は抜群!住信SBI銀行は新社会人の給料受け取りにもおすすめ

≫ つもり貯金をゆうちょ銀行に入金して、来月からの毎日積立投信に費用を充てます

つみたてNISAを100円から始める

少額からつみたてNISAを始める

たった100円でも365日30年続けると100万円以上のお金になります。

今30歳の人が意識して60歳まで100円貯金を続け、そのころ夫婦2人で月に食費4万円と考えると2年分の食費にも匹敵するんです。

この先の老齢年金などがどうなるか分かりませんけど、収入がとだえる、下がる可能性のある年齢になった時に、これだけのお金が自由に出来るかどうかは大きいですよ。

100円の上積み

たった100円といってもそれだけのお金になることが分かったところですが、年金受給の年まではまだ足りませんので、一つの例としてアンケートサイトというものを利用してみてはいかがでしょうか。

東証一部にも上場しているマクロミルなら、事前アンケート1つ2円程度ですけど、時に単価の高いアンケートが来たりもしますから月に2~3000円になるケースもあるみたいですね。

ここ数年回答してませんけど、私自身も4万円以上換金した実績があります。

登録した10年ほど前はアンケートの数自体が少なかったので、アンケートに回答できることが結構貴重でしたけど、今はアンケート数もかなり増えましたし十分可能性があると思います。

日に積み立てられるお金が200円になれば、先ほどの資産では年金受給が開始できる65歳まで食費は持ちこたえる事が出来るかも知れません。

まとめ

始めること、続けることというのは大事な事ですが、始めることでお金に対する意識が変わることがとても大きなメリットになります。

ネットにあふれるブログの中には平気で何万円も投資に充ててる人もたくさんいますけど、彼らの多くも最初は少ない資金から始めたはずです。

少額だから、100円だからという事は気にせず、まずは一歩踏み出してはいかがでしょうか。

≫ 投資を始めるのに資金が少ないのは気にする必要はない

 

関連記事

≫ 積立NISAにおすすめ商品を対象商品の中から独断と偏見で選んでみる

≫ 少額投資のブログを書いているわけ

コメント