つみたてNISAにおすすめ商品を対象商品の中から独断と偏見で選んでみる

つみたてNISAのおすすめを選ぶつみたてNISA

投資は絶対にしないといっていた後輩が投資を始める気になって証券口座まで開設しました。

そしていよいよ、何に投資をするかということを選ぶ段階に。

ジロ
ジロ

じゃ、何を積み立てていくか決めよっか。

コパ
コパ

なんすか?つみたてNISAって

ジロ
ジロ

まあ、その話はまたゆっくりとしてやるよ。とりあえずはこの中から積み立てる商品を決めようね。

ということで金融庁のつみたてNISAの商品を見てみました。≫ つみたてNISAラインナップ(金融庁)

すると、つみたてNISAがはじまったころよりはるかに多くのラインナップ。

ジロ
ジロ

まあeMAXIS Slimってやつと購入・換金手数料なしってシリーズから選んどけばいいよ。

コパ
コパ

え?こんだけあってその2つですか?

ジロ
ジロ

わかったよ。ちょっと個人的な独断と偏見も入るけどリストアップしてみるよ。

というなりゆきで、つみたてNISAにおすすめ商品を対象商品の中から独断と偏見で選んでみようと思います。

スポンサーリンク

つみたてNISAに株式ファンドは外せない

定期的に積立投資をする際、もっとも適すると考えるのがリスク高めの株式ファンド。

変動幅が大きければ大きいほどドルコスト平均法との相性は活きてきます。

同条件で積み立てた場合の比較をしてます
おすすめはどっち?eMAXIS先進国株式とバランス(8資産均等型)のリターンを比較してみた
バランスファンドと先進国株式ファンドの過去6年のデータを使って、毎日積立てたという条件のもと、どの程度リターンに影響が出るのか比較してみました。面白い結果になったと思います。

日本株式はなじみの深いのでおすすめしやすい商品

日本株式に関してはTOPIX,日経225,JPX400といった指数に連動させる商品があります。

JPX400は2014年から採用された指数で、東証一部にこだわらず財務などのの優れた企業で成り立ってる数値で、ROEや自己資本比率なども審査の対象になってるということですから、JPX400に選ばれてる銘柄に興味が沸きました。

日経225は日本で一番有名な株価を示す数値だと思うのですけど、特定の企業の値動きが指数にも大きく影響しているので、ちょっと外したい気持ちになりましたので外してます。

つみたてNISAに海外株式は大本命か?

馴染みやすい日本株式なんですけど、日銀の株式買いの存在が薄れつつある今、あまりおすすめできるとは言い難いところがあります。

そこで海外株式。

海外株式派投資先によって大まかに以下のエリアに分けられます。

  • 全世界株式のACWI(オールカントリーワールドインデックスの略)
  • 先進国株式のワールドインデックス
  • 新興国のエマージングマーケットインデックス
つみたてNISAに必要な全世界株式投信の指標ACWI

先進国株式のワールドインデックスから日本株式をのぞいたものをコクサイインデックス、ACWIから日本を除いたものはACWI(除く日本)なんて表現をされます。

全世界株式で人気を二分するファンド

なんといっても全世界株式で人気を二分しているのがこちらの2本

全世界で人気の2本
  • eMAXIS Slim オールカントリー
  • 楽天全世界株式インデックスファンド

eMAXIS Slimは上記のACWIを採用しているのに対して、楽天全世界株式インデックスファンドはさらに中小企業まで含めた世界株式を対象としています。

ジロ
ジロ

ちなみに私が積み立てているのは野村つみたて外国株投信。当時まだeMAXIS Slimの全世界ってなかったんですよ。

野村つみたて外国株投信と楽天・全世界インデックス・ファンドを比較してみた
投資信託の積立候補に「野村つみたて外国株投信」と「楽天・全世界インデックス・ファンド」について調べてみました。

先進国株式が一つの結論か?

上の全世界株式を対象とする投資信託は、1本で世界中に投資できるのが魅力の商品ですが、その8割以上が先進国株式を占めています。

そう考えるとあえて全世界を選ばずに先進国株式1本という判断もまたあるのではないでしょうか。

こだわりの1本

<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド

ドルコスト平均法を使ってリスクを取るなら新興国株式も

冒頭でご紹介したように、定期的に積み立てていくとリスクの大きいもののほうがよりリターンが高くなるということを考えると新興国株式もありだと思います。

ですが比較的信託報酬も高めですし、今後は新興国が世界の株式を引っ張るという確信があるのでなければ、オールカントリーにも新興国は含まれてますし、下のバランスなんかにも含まれてるんで、そちらでいいんじゃないかなぁって思います。

なので個人的には株式の成長というものを考えた時に新興国だけを選ぶつもりはないのですが、多くのファンドを保有した中でポートフォリオの一つのして選択するのであればeMAXIS Slim新興国株式インデックスを推しておきます。

アメリカ株式に全ツッパ?

そういえば楽天の全米株式買ってたよね?

ジロ
ジロ

うん、でも今は全世界株式に、プラスアルファで全米株式という形にしてる。

実は全世界株式にしても先進国株式にしても、全体の半分以上はアメリカ株式が含まれています。

なのであえて全世界や先進国という選択をせずに、全米株式にすべて突っ込むというのも面白いかもしれませんが、私としてはどうしても全米株式だけという気にはなれず、補強的に買う程度にしてます。

スポンサーリンク

つみたてNISAにバランスファンドはおすすめしやすい

つみたてNISAのおすすめファンド

ドルコスト平均法で積み立てた時にバランスファンドと比較して大きいリスクになる株式のほうがリターンは大きくなる可能性がありながら、やはりおすすめしやすいのはバランスファンド。

もしも私が子供たちのお金を運用するとしたらバランスファンドを選択する気がします。

それはどんなタイミングでその積み立てたものを子供たちに渡すかわかりませんけど、もしも経済危機があったタイミングだと、バランスファンドより評価損が大きくなっている可能性の高い株式ファンドだと子供たちががっかりするかな?という気もするから。

ジロ
ジロ

実際にはそこで積み立てるのが一番おいしいんだけどね。

さてバランスファンド組み入れにる資産によっていくつか種類があります。大別するとこういった感じ。

指数によるバランスファンドの違い
  • 2指数では国内の株式とリート
  • 4指数になると国内外の株式、債券
  • 5指数になると外国株式、債券、REATに加え、新興国の株式、債券
  • 6指数では国内、海外、新興国の株と債券
  • 7指数では国内外の株・債券・REATに加え新興国の株式
  • 8指数で7指数に新興国の債券を足したもの
ジロ
ジロ

年金を運用しているGPIFや中退共、建退協といった退職金共済なんかも4指数で運用されてますね。

そういう組織がそういうもので運用されていると知ると謎の安心感。

GPIFの運用を真似てみる

なかなか減らすと国民から叩かれる年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)ですが、実は成績は優秀。

そんなGPIFの運用バランスをマネしてみるのも一つの手段。

現在は組み入れ比率が変わってます。
GPIFのポートフォリオを真似してつみたてNISAの中からバランスファンドを選んでみる
分散投資を考えた時にどんなポートフォリオがよいのか考えた時、大きなお金を運用しているモデルとなる年金積立金管理運用独立法人(GPIF)のポートフォリオを参考にバランスファンドを選んでみました。

こちらの記事は建設業の加入する建退協に関する記事ですが、国債の利回り低下で退職金共済のほうは予定利回りが低下しています。

安定のための国債の組入比率の高さが利回り低下に
建退協の予定運用利回りが1.3%に低下、退職金が最大3割近く減る見込み
建退協から届いた書類をもとに退職金を試算したところ想定よりはあると思ったのですが、よくよく調べてみると運用利回りが低下が議論されており、このままだとかなり減額されるということになりそうです。

バランスファンドのおすすめならeMAXIS Slim 8資産均等型

つみたてNISA、バランスファンドとくると、eMAXIS Slim 8資産均等型をおすすめします。

いろんな考え方があるとは思いますけど、バランスファンドを選ぶなら少なくともこれは一つの選択肢になるはず、という鉄板のファンド。

まだSlimがなかったころ、eMAXISバランスで8資産均等型ではなく波乗り型のほうが興味があったものの、成績は均等型のほうが優れていた様です。

eMAXISバランスの両者を比較
eMAXISバランス(8資産均等型)と(波乗り型)の違いを比較
eMAXISバランスの8資産均等型と波乗り型。一時期波乗り型を積み立てていましが、どちらを選んだほうが良いのでしょうか。過去のデータを見ながら開設していきます。

バランスファンドでも株式比率を引き上げたい

こちらはeMAXISバランスの8資産均等型のイメージ。

eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)

これで私がいつも疑問に感じるのは、国内債券と先進国株式の比率が同じだったり、新興国債券と比率が同じということ。

ジロ
ジロ

リスク(変動幅)を大きく取りたいと考えている私にとっては、もっと株式比率を高めたい。

そう考える私がおすすめするのはこちら。

たわらノーロードバランス(積極型)はリスクを取りたい人にはおすすめのバランスファンド
たわらノーロードバランスは自分の投資方針に合わせて好きな割合のものを選ぶことが出来、年齢的にもリスクを取っていきたいと思う人にはおすすめの商品です。もちろんその逆の商品もありますので是非読んでみてください。

全体の4割が先進国株式、株式全体では55%と高め。

先進国株式では半分を為替ヘッジ。

信託報酬も0.242%と安め。

スポンサーリンク

つみたてNISAにアクティブファンドやETFはおすすめしない

アクティブファンドの雄ひふみプラス

ここまでインデックス投信を挙げてきましたけど、つみたてNISAの中には人気のひふみプラスをはじめアクティブ投信がいくらか入ってます。

ひふみプラスの人気や、それだけの成績が上がったいることも知っていますが、つみたてNISAという長期投資が前提になるものにあえて割高なコストのものを選ぶというのはもったいないと思ったので、あえておすすめするようなことはやめました。

ただiDeCoと違い現金化しやすいのもメリットのつみたてNISAですし、長期放置ではなく利益確定を視野に積み立てるなら面白いかもしれません。

ドルコスト平均法の効きにくいETFもおすすめしない

インデックスファンドが定額で買えるのに対して、定数で買うETFはドルコスト平均法が使えないためおすすめしません。

スポンサーリンク

まとめ:つみたてNISAのおすすめ

つみたてNISAのおすすめを選ぶ
コパ
コパ

で、どれ買えばいいんですかね?

ジロ
ジロ

じゃ、まとめるよ~。

外国株式を対象とした商品

積み立てる金額にもよるとは思うんですが、少額であればあるほど外国株式を中心とした商品で価格変動をきっちり拾いたいと考えます。

eMAXIS Slimシリーズか購入・換金手数料なしシリーズ

あれこれ書くと際限なくなるので、私としてはeMAXIS Slimシリーズか購入・換金手数料なしシリーズを買っておけばハズレを引くことはないかな?という意味でおすすめ。

楽天バンガードは!SBIバンガードは!!

ジロ
ジロ

それをヨシとして積み立てられれば何でもOK。

最終的にどう考えるかは性格や考え方にもよると思いますが、まずは一つの意見として参考にしてみてください。

(なお選んだ商品には根拠はなく、あくまで個人の趣味の一環として独断と偏見で選んでますので、投資への判断は自己責任において行ってください)

結局選んだのはこちら
少額のつみたてNISAには株式投信とバランス投信のどちらを選ぶ?
いよいよつみたてNISAで投資を始めました。積み立ての投信を選ぶにあたってバランスファンドや株式100%のものなどいろいろ相談してみました。
妻に勧めたのはこの2本
つみたてNISAではどの投資信託を選ぶ?おすすめしたのはこの2種類
2000万円問題以来つみたてNISAの口座を開設する人が増えたそうですが「どれを選べばいいの?」という疑問をお持ちの方は多いと思います。なのでこの記事では2種類までに限定しておすすめします。
バランスファンドと株式ファンドの比較をしてます
おすすめはどっち?eMAXIS先進国株式とバランス(8資産均等型)のリターンを比較してみた
バランスファンドと先進国株式ファンドの過去6年のデータを使って、毎日積立てたという条件のもと、どの程度リターンに影響が出るのか比較してみました。面白い結果になったと思います。
ブログ村に参加しています

読者登録していただけると嬉しいです

ジロろぐ - にほんブログ村

ブログランキングに参加しています


PVアクセスランキング にほんブログ村

スポンサーリンク
つみたてNISA
スポンサーリンク
フォローする

40代サラリーマン、3人の父親。
オンラインゲームに課金していたお金を、2008年ごろからFXに使い始めたことをきっかけに資産運用に目覚めたが、2015年にロスカットして投資手段を再度見直し。
すでに失敗することのできない年齢であることから、将来じぶん年金になりうる資産を築くために、株式やインデックス投資に転向。
投資資金は小遣いの中からなので端株制度を利用して資産運用してます。
詳しいプロフィール ≫ こちら

フォローする
ジロろぐ

コメント

タイトルとURLをコピーしました