iDeCOを取り扱うネット証券各社の比較

ネット証券のiDeCoを比較 iDeCo

ネット証券のiDeCoの比較

iDeCoを始めようとした時に、手続きなどを簡単にはじめようと思った時にはやっぱりネット証券という選択肢は外せない気がしますよね

それでも、つみたてNISAと違いiDeCoの場合は金融機関によって取扱商品が変わってきますので、じゃあどこがいいの?となるわけです。

という事で、iDeCoを始めようと思う人向けに少しでも参考になればと整理してみたいと思います。

こちらの記事ではネット証券ではないiDeCo取扱のあるイオン銀行です。

証券口座以外でiDeCoに加入するならイオン銀行がおすすめ

スポンサーリンク

iDeCo手数料の比較

なにはともあれ、一番比較しやすいのはやはり手数料といった数字ではないでしょうか。

iDeCoには掛金を拠出する時には3種類、しない時には2種類の手数料が発生します。

掛金を拠出というと凄くわかりにくいので、用語アレルギーのある人なんかは拒絶反応を起こしそうですけど、要は投資を行った月という意味でとらえてもらって良いです。

国民年金基金連合会103円
信託銀行64円
運営管理会社0円

この手数料の中に、運営管理会社、すなわち金融機関の手数料というものが発生するのですが、これは各社とも手数料無料となっています。

また、掛金を拠出しない時には国民年金基金連合会への103円は不要です。

ネット証券のiDeCo取扱商品

iDeCoの取扱商品の比較

さて、取扱商品の比較です。

以前から「60歳まで資金が拘束されるiDeCoだけに、信託報酬の安さというのは最重視したい」と主張していますので、各ジャンルごとに各社の最安値のファンドを比較してみたいと思います。

国内株式

名称信託報酬
SBI証券三井住友DCつみたてNISA日本株インデックスファンド0.1728%
楽天証券三井住友DCつみたてNISA日本株インデックスファンド0.1728%
マネックス証券DIAMDC国内株式インデックスファンド0.1674%
松井証券DIAMDC国内株式インデックスファンド0.1674%

このほか、SBI証券、マネックス証券、松井証券ではひふみ年金≫ ひふみ年金(レオスキャピタルワークス公式)を取り扱っていますし、マネックス証券ではSBI中小型割安成長株ファンド・ジェイリバイブの取り扱いがあります。

国内債券

名称信託報酬
SBI証券三菱UFJ国内債券インデックスファンド0.1296%
楽天証券たわらノーロード国内債券0.1512%
マネックス証券三菱UFJ国内債券インデックスファンド0.1296%
松井証券三菱UFJ国内債券インデックスファンド0.1296%

国内債券に関してはリスクが小さい半面、リターンも小さいので、とにかく信託報酬の安いものを選択したいものです。

▽興味深い値動きをしてます

≫ ターゲットイヤーファンドに学ぶ国内債券の重要性

国内リート

名称信託報酬
SBI証券DCニッセイJ-REITインデックスファンドA0.27%
楽天証券三井住友DC日本リートインデックスファンド0.2808%
マネックス証券DCニッセイJ-REITインデックスファンドA0.27%
松井証券たわらノーロード国内リート0.27%

海外株式

名称信託報酬
SBI証券DCニッセイ外国株式インデックス0.20412%
楽天証券楽天全米株式インデックスファンド0.1696%
マネックス証券eMAXIS Slim 先進国株式インデックス0.11826%
松井証券eMAXIS Slim 先進国株式インデックス0.11826%

楽天証券の特筆するのは、バンガードVTiに直接投資を行う楽天全米株式インデックスファンドです。

ただ、こちらはファンドの名称そのままに、アメリカ株式が対象ですから、もっと広く投資をと思うと「たわらノーロード先進国株式」0.216%となります。

残りの3社は共に、MSCIコクサイインデックスをベンチマークとする先進国株式への投資となります。

MSCIのベンチマークについてはこちらでも紹介しています。

野村つみたて外国株投信と楽天・全世界インデックス・ファンドを比較してみた
投資信託の積立候補に「野村つみたて外国株投信」と「楽天・全世界インデックス・ファンド」について調べてみました。

SBI証券で選択できる、DCニッセイ外国株式インデックスの信託報酬が高いとも思いませんけど、一覧にして表にしてしまうとeMAXIS Slimが安さが凄いですね。

このほか楽天証券では、「楽天全世界株式インデックスファンド」0.2396%が選択できます。

楽天証券の2本は、ファンド オブ ザ イヤー2017で、トップ3のうち1位と3位を受賞した商品です。

≫ 楽天・全世界株式インデックス ・ファンドと全米株式インデックス ・ファンドの混同に注意!

≫ つみたてNISAの参考に投信ブロガーが選ぶFund of the year 2017結果発表

国際債券

名称信託報酬
SBI証券三井住友DC外国債券インデックスファンド0.2268%
楽天証券たわらノーロード先進国債券0.1836%
マネックス証券eMAXIS Slim 先進国債券インデックス0.1836%
松井証券eMAXIS Slim 先進国債券インデックス0.1836%

海外リート

名称信託報酬
SBI証券三井住友DC外国リートインデックス0.3024%
楽天証券三井住友DC外国リートインデックス0.3024%
マネックス証券三井住友DC外国リートインデックス0.3024%
松井証券たわらノーロード先進国リート0.2916%

コモディティ

名称信託報酬
SBI証券三菱UFJーファインゴールド0.972%
楽天証券ステートストリートゴールドファンド0.8860%
マネックス証券ゴールドファンド(為替ヘッジあり)0.3996%
松井証券ゴールドファンド(為替ヘッジなし)0.3996%

マネックス証券と松井証券で取り扱うファンドはともに日興アセットマネジメントによるファンドですが、為替ヘッジのありなしによる違いがあります。

私自身はコモディティからは撤退したため、コモディティというものに関心が持てないです。

≫ SBI銀行と楽天証券の純金積立をやめて、すべて売却しました

≫ 原油ETFでもう懲りた。コモディティ投資には手を出さない

バランスファンド

名称信託報酬
SBI証券日興DCインデックスバランス(株20)0.1826%
楽天証券楽天インデックスバランス0.2078%
マネックス証券eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)0.1728%
松井証券eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)0.1728%

SBI証券のバランスファンドはターゲットイヤー型のバランスファンドがラインナップされていて、信託報酬最安値となるこちらの商品は国内国外の株式に20%債券に80%といった割合で投資を行います。

楽天証券の楽天インデックスバランスも株式15%、債券85%となっており、比較的リスクの少ない商品となりそうですね。

ここでもeMAXIS Slimの信託報酬の安さが際立ちます。

≫ eMAXISバランスの8資産均等型と波乗り型を比較

≫ バランスファンドは本当におすすめ?eMAXIS先進国株式と8資産均等型を比較してみた

カブドットコム証券はiDeCoに参入するのか?

ここまでご覧いただいたら、「あれ?カブドットコム証券は?」と思われるかもしれませんが、カブドットコム証券は現在参入していません。

また、参入する時が来た時にはのぞいてみたいと思いますが、カブドットコム証券自体MUFG(三菱UFJフィナンシャルグループ)ですから、取扱商品のラインナップがeMAXIS Slimとかで固めてくるかもですね。

まとめ

こうしてみると各社とも抑えるところは抑えた商品を取り扱ってはいることが分かりますね。

iDeCoの金融機関の変更に手数料が掛ったり、手続きの期間が必要になったりします。

ただ逆にいえば、時間とお金を掛ければ金融機関自体は変更できるわけですし、あれこれ悩んで時間ばかりが過ぎるぐらいなら、今一番良いと思える金融機関を選んでまずは始めてほしいと思います。

SBI証券のiDeCoではおすすめのひふみ年金が利用できる

楽天証券でiDeCoを始めるならおすすめの商品はこれ

マネックス証券のiDeCoは商品のラインナップが素晴らしい

松井証券のiDeCoは取扱商品のラインナップが厳選され過ぎて凄い

≫ 証券口座以外でiDeCoに加入するならイオン銀行がおすすめ

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
iDeCo
スポンサーリンク
フォローする
スポンサーリンク
Jiroの端株投資奮闘記

コメント

  1. […] ≫ iDeCOを取り扱うネット証券各社の比較 […]