つみたてNISAではどの投資信託を選ぶ?おすすめはこの2種類

これを選べば大丈夫。つみたてNISAの投資信託積立NISA
スポンサーリンク

つみたてNISAを始めた、始めたい、でも何を選んでいいのかわからないという人も多いと思います。

なぜなら現在つみたてNISAの商品として金融庁に届けられているのが、インデックス、アクティブ、ETFを含めて163本もあるのです。

似たような商品名も大変多いですし、初心者の方には混乱を招くのは必至です。

そこで「つみたてNISAは何を選ぶ?」というテーマで、おすすめを2種類3本までに絞ってみたいと思います。

スポンサーリンク

つみたてNISAで選べる投資信託は主に2種類

つみたてNISAには多くの投資信託がラインナップされているのは先に既述した通りですが、実がジャンルとしてはさほど多いわけでなく、まずは大別して3種類しかありません。

1番の大枠として囲っているインデックスタイプのものと、アクティブファンドと呼ばれる商品、さらに東証に上場されているETFの3種類があります。

下の図をご覧ください。

つみたてNISAで選べる投資信託
つみたてNISA選べる投資信託

アクティブファンドにはテレビで紹介されて一気に人気の投資信託となったひふみ投信(ひふみプラス)も入っています。

ただ、一般的に言われるつみたてNISAの商品というと一番大枠として囲っているインデックスタイプのものを指します。

インデックスも大別して2種類

インデックスタイプの商品も大きく分けて2種類、株式に区分されるものと、様々な指数を組み込んだバランス型に大別されます。

その中でも株式に関しては、日本国内であったり海外(先進国、新興国)と別れるので非常に多いように錯覚してしまいます。

つみたてNISAのインデックスタイプにはさらに2種類
インデックスタイプには株式とバランスファンドがある

これらの知識を踏まえた上で、改めておすすめの商品を2種類まで絞りたいと思います。

つみたてNISAにおすすめの商品はこの2種類

先進国株式ファンド

私がおすすめするのはこちらの商品。

  • <購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド
  • eMAXIS Slim 先進国株式インデックス

ニッセイの度重なるコストダウンのおかげで、現在の信託報酬は0.1%を切りました。

はっきり言ってどちらでも問題ないですが、個人的にはニッセイ推しです。

ジロ
ジロ

ニッセイさんは常に私たち投資家のことを考えて、コストダウンに努めてくれています。

株式インデックスを選んだ理由

株式インデックスはリターンの期待値も大きくなりますが、リスクも大きくなります。

リーマンショックのような経済危機が世界を包んだ時には、大きく資産を棄損する可能性もあります。

ただ私があの時を乗り越えて思うのは、ああいう時だからこそ積み立てをしておくと大きなリターンを得られるというのは体感したからです。

こちらの記事「バランスファンドは本当におすすめ?eMAXIS先進国株式と8資産均等型を比較してみた」は、バランスファンドと先進国株式を比較した記事ですが、リターンとしては先進国株式のほうが大きなリターンを得ることができました。

バランスファンドは本当におすすめ?eMAXIS先進国株式と8資産均等型を比較してみた
バランスファンドと先進国株式ファンドの過去6年のデータを使って、毎日積立てたという条件のもと、どの程度リターンに影響が出るのか比較してみました。面白い結果になったと思います。

先進国株式を選んだ理由

一時期BRICsだVISTAだと、中国、ロシアをはじめとする新興国に人気が集まったことがありました。

確かに北京オリンピックの前後は新興国が世界経済を引っ張った印象もありましたけど、結局安定して株価を成長させたのはアメリカをはじめとする先進国でした。

つみたてNISAのように20年というスパンで運用する金融商品を選ぶときに、わざわざ新興国株式を選ぶ必要というものはありません。

あえて新興国を含めるのであれば、野村つみたて外国株投信やeMAXIS Slim全世界をおすすめします。

米国株式を外した理由

楽天全米株式インデックスファンドをはじめとして、株価絶好調の米国株式はあえて外しました。

その理由にはニッセイ外国株投信に含まれる米国株の割合は6割を超えているのです。

世界経済の発展にアメリカの株式というものは欠かせない存在ではありますが、あえて選ぶのであれば全米株式に全振りする必要はないと考えるからです。

8資産バランスファンド

バランスファンドからはこちらのファンド。

  • eMAXIS Slimバランス(8資産均等)

こちらのファンドは、国内の株式と債券、海外(先進国・新興国)の株式と債券、日本と先進国のリートに投資できるものです。

eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)の資産イメージの図
eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)の資産構成イメージ

債券が組み込まれているので、株式オンリーよりは値幅のリスクは小さめになります。

バランスファンドのメリット

基本的に私は株式メインとして積み立てを行っていますが、つみたてNISAで初めて投資をはじめるという人には、株式や債券、リートまでこれ1本で投資ができるバランスファンドは外せないかなと思います。

また、 私達の掛けた年金はGPIFと呼ばれる年金積立金管理運用独立法人と呼ばれる組織によって運用されますが、このGPIFもやはり株式や債券を組み合わせて運用しているのです。

関連GPIFのポートフォリオを積立NISAのバランスファンドからおすすめを選んでみる

こちらの記事では、GPIFのポートフォリオに酷似しそうな商品を選んでいます。

GPIFのポートフォリオを真似してつみたてNISAの中からバランスファンドを選んでみる
分散投資を考えた時にどんなポートフォリオがよいのか考えた時、大きなお金を運用しているモデルとなる年金積立金管理運用独立法人(GPIF)のポートフォリオを参考にバランスファンドを選んでみました。

eMAXIS Slimはネット証券の専売商品

以前からeMAXISシリーズはありましたが、Slimシリーズはさらに信託報酬を抑えた、ネット証券専売の商品としてラインナップされています。

商品さえ決まっているのであれば、あえて対面の証券会社にせずとも、ネット証券で積み立てるというのはどうでしょうか。

特に 楽天証券 の場合には、楽天スーパーポイントを使って投資信託を積み立てることができます。

楽天カードで電気代や携帯料金を支払い、貯まったポイントで投資をするというサイクルを作ってしまえば、手出しのお金を抑えつつ投資をすることが可能です。

ポイント投資最強の味方

まとめ

すべて含めれば160本以上の投資信託がラインナップされているつみたてNISAの中で、自分に合った投資信託を見つけることができれば一番いいのですが、やはりラインナップされている商品の数は多すぎると感じます。

金融庁の2000万円問題以降、せっかく自分でも資産運用をしてみようと思ってつみたてNISAに挑戦しようと思ったのに、「あまりにも多すぎてよくわからないからヤッパリやめる」となっては大変もったいないです。

この2本がすべてではないかもしれませんが、間違いのないものを選んだつもりです。

インターネットの普及で多くの情報を手に入れられるようになった反面、玉石混淆ぎょくせきこんこうであることも多いです。

資産運用というものは一朝一夕で終わるものではありませんが、まずは無理のない額での投資で一歩踏み出していただければいいかなと思います。

 

▽少額投資っていくらからできると思いますか?少額投資を始めること自体が、大きなメリットをあなたにもたらしてくれます。ぜひこちらの記事を参照してください。

少額投資っていくらから?得られるリターンは?
投資を少額で始めても、あまり意味がないのではないかとも思われますが、まずは始めてみることで「普段のお金に対する意識」や「投資の経験値」という金銭でははかれないリターンを得ることが出来ます。

▽少額投資って無駄だって言う人たちもいますけど、そんな人たちもちょっとずつ資産を増やしていった訳です。少額投資が悪いわけではありません。自信をもって投資家といいましょう。

100円のつみたて投資や端株投資みたいな少額投資って無駄なの?
少額投資は無駄とか無意味といった意見もあるようですが、投資を始めた時というのは少額投資こそおすすめです。その理由は自分の投資スタイルが確立されていないから。ぜひこちらの記事で、少額投資の意味というものを見直してほしいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました