100円のつみたて投資や端株投資みたいな少額投資って無駄なの?

少額投資は無駄ではない投資に対するスタンス

昨年(2019年)の6月、金融庁から驚くべき報告書が提出されました。

それは老後豊かな生活を維持するためには2000万円足りないという、俗にいう2000万円問題。

検索すると多く引っ掛かるほど、話題となりました。

その影響で、証券口座やNISA口座の開設が増えたというニュースもありました。

割と現実を突きつけられたことでアクションを起こした人が多かったのがとても印象的でした。

ジロ
ジロ

でも、投資の商品って色々ありますよね。

なので、いきなり多額の資金を突っ込んで行う投資はおすすめしません。

せっかくネット証券では少額投資の条件が整っているのですから、そちらから徐々に投資に親しんでいけばいいと思うです。

でもそうなると、「100円投資なんかしてどうなるの?」「少額投資なんか無駄」といった意見ががあるのも事実です。

はっきり言いましょう。

ジロ
ジロ

少額投資のままでは、2000万という数字に届くことはまずないでしょう。

それでも、少額投資を始めた方がいいという理由を書いてみます。

少額投資がやるだけ無駄なら、やっぱり辞めようか、節約で何とかしのごうかと思っている人に読んでいただきたいです。

スポンサーリンク

少額投資をおすすめする理由

投資の方針が変更できる

特に投資を始めた時というのは、自分にとってどんな投資が合うのかといったことが分からないと思います。

私自身も、外債や投資信託、FXや純金積立を経由して、現在の端株投資というスタイルに落ち着きつつあります。

端株投資に関する方針と出口戦略について
端株を使った投資歴も長くなってきましたけど、改めて今後の端株投資の方針と、考え方についてまとめました。

正直めちゃめちゃ遠回りしたと思いますけど、あの当時に今のスタイルに落ち着けるだけの情報に出会わなかったことや、自分でやってみないと分からなかったのも事実だとおもいます。

そういった個人のリスクのとらえ方が分からにうちに、やれ一括投資だ、やれ集中投資だと言ったことはすすめ方そのものが間違ってます。

お金や節約に関する意識が変わる

私がおすすめする最も大きな理由はこれです。

間違いなくお金に関する意識が変わります。

お金を増やすことは非常に時間がかかる半面、使ってしまう時にはあっという間になくなってしまうことを体感しますし、株式などから配当金が入った時には、自分が働いて稼いだお金以外に収入があるということが、どれだけありがたいのか?という事を痛感します。

こういうことを通して、節約やつもり貯金といったお金への関心というものが変わっていきます。

投資の経験値がたまる

少額でも投資を続けていることによって、多かれ少なかれ金融に関する情報に触れることができますし、経験が蓄積されます。

「老後に退職金を持って資産運用にいったら、とんでもない商品を買ってしまった」という話を見聞きします。

こういう人って、説明されたことを分かった気になって買ってしまうケースが多いんじゃないかと推測します。

特に今年はコロナショックと呼ばれるような大暴落がありました。

あの時に投資から挫折した人もいたかもしれませんけど、今この株価回復を見てなにか確信を持つ人もいたかもしれません。

こういった経験を少額のうちに経験できるというのは、将来に渡って大きな経験になると思うのです。

コロナショックもリーマンショックの時の経験を活かしていきたい
コロナウィルスの影響で、既に経済に大打撃を与えていますが、リーマンショックの時の経験を活かしてこの騒動も乗り越えていきたいと思います。
スポンサーリンク

投資がすべてではないことも知っておきたい

少額投資のうちなら「辞める」選択肢も残る

少額投資のメリットは、投資を辞めるという選択肢も残されることです。

そもそも投資には損失を抱える可能性があります。

慣れるまでは、投資したお金がマイナス評価されるのは大変苦痛なものですし、額によっては眠れない、自暴自棄になるといった人もいるかもしれません。

お金の評価が少なく評価されるというものを耐えられない人もいるのも事実です。

そうした時に少額投資なら、その時点で辞めるという選択肢も残されます。

少なくともお金に関して興味が持てたことだけでも、とても有利な事です。

節約の方が性に合う人もいる

以前節約は足し算、投資は掛け算といった記事を書いたことがあります。

関連運用利率の掛け算より、先に節約の足し算を意識する

ですが、節約ということは、元本を減らすことなく増やす手段の一つでもあります。

元本を減らす可能性のある投資を選択するより、常にプラス方向の節約の方が性に合う人がいるのも事実の様です。

関連資産運用より先に節約を考えることの方が重要なわけ

スポンサーリンク

少額投資におすすめの証券口座

私の行っている投資は、SBI証券で投資信託を毎日積立てているのと、不定期に株式を単元未満株(端株)で購入しています。

投資信託

SBI証券や楽天証券では、毎日積立100円からの積立投資が可能です。

毎日100円ってバカらしいように思えますけど、実は継続できる額ですし、節約も意識できるリアルな額だなぁと思ってます。

私はSBI証券推し(使いにくいと評判のSBI証券を愛用する私がおすすめする5つのポイント)ですが、楽天市場をはじめとして、楽天のサービスを使う機会が多い人には、楽天証券をおすすめします。

楽天証券

端株投資

以前はネオモバイル証券をおすすめしていましたが、その後SMBC日興証券のフロッギー(キンカブ)というサービスを知り、現在はこちらの方がおすすめです。

金額買付できるので、株を100円から積み立てていくことができます。

1株未満の端株投資ができるフロッギーのメリットデメリット
フロッギーは金額指定で株が購入できるため、ドルコスト平均法を利用して積み立てる事ができます。気になる1株未満の配当についても証券会社から按分されるとのことで、ますます使い勝手は良くなるはずです。

また昨今の米株人気で、最初からアメリカの個別株を考えている方はワンタップバイという、こちらは1000円から投資ができるスマホ専用の証券会社もありますので参考にしてみてください。

米国株へ定額で端株投資ができるワンタップバイがPayPay証券に
米株に「1000円から」「定額で」投資ができるPayPay証券(旧ワンタップバイ)。ちょっと割高の手数料にはなるものの、デメリットというほどのコストでもないのでおすすめ。
スポンサーリンク

少額投資が無駄とか無意味というのは間違い

少額投資というものが無駄だとか無意味といった意見がネット上にあるのは間違いありませんが、だからと言って少額投資が「あなたにとって無駄であるとか無意味というのは間違い」です。

ただし一つだけアドバイスをするならば、少額投資を行う場合損益を金額で見ることはおすすめしません。

そう言った時には損益の率を見てみてほしいです。

きっと満足いくリターンのときも、そうでない時もあると思います。

ジロ
ジロ

少額投資が無駄かどうかは未来の自分が決めればいいです。

私の意見としては、少額投資は決して無駄にはなりません。

もしも少額投資の先行きに悩まれている方は、ぜひこのまま進めてもらいたいと思います。

投資を始めるのに少ない資金を悩んでも仕方がない
投資を始めるにあたって少ない資金というのは一つの悩みかと思います。でも、今は100円からでも投資をはじめられる環境が整っていますから、運用利回りという掛け算を使い、諦めることなく自分の将来を切り開いてみたいです。
少額投資っていくらから?得られるリターンは?
投資を少額で始めても、あまり意味がないのではないかとも思われますが、まずは始めてみることで「普段のお金に対する意識」や「投資の経験値」という金銭でははかれないリターンを得ることが出来ます。
ブログ村に参加しています

読者登録していただけると嬉しいです

ジロろぐ - にほんブログ村

ブログランキングに参加しています


PVアクセスランキング にほんブログ村

スポンサーリンク
投資に対するスタンス
スポンサーリンク
フォローする

40代サラリーマン、3人の父親。
オンラインゲームに課金していたお金を、2008年ごろからFXに使い始めたことをきっかけに資産運用に目覚めたが、2015年にロスカットして投資手段を再度見直し。
すでに失敗することのできない年齢であることから、将来じぶん年金になりうる資産を築くために、株式やインデックス投資に転向。
投資資金は小遣いの中からなので端株制度を利用して資産運用してます。
詳しいプロフィール ≫ こちら

フォローする
ジロろぐ

コメント

タイトルとURLをコピーしました