バランスファンドは本当におすすめ?eMAXIS先進国株式と8資産均等型を比較してみた

バランスファンドは本当におすすめできるのか?

卵は一つのカゴに盛るなという有名な格言。

実際にある程度の分散は必要だとは思います。

だけど先日もeMAXISのバランスファンドの比較をした時にも書いてたんですけど、バランスファンドって債券比率も多くてイマイチな気がしてました。

私がバランスファンドに乗り気ではない理由の一つとして、株と債券は逆の相関にあるといわれますけど、リーマンショックの時には全部下がったんですよね。

それどころか、ギリシャショックをはじめとしてpiigsの問題も浮き彫りになりました。

なので改めて先進国株式のファンドと比較してみましたが、面白い結果になったと思います。

スポンサーリンク
スポンサードリンク




先進国株式ファンドとバランスファンドとの比較方法

  1. eMAXISのHPから設定来のCSVデータをダウンロード
  2. 今回の比較対象は8資産均等型と先進国株式インデックスとする
  3. 8資産均等型の方が設定が遅いので、スタートを2011年10月31日に合わせる
  4. 毎日1000円の買付を行ったとして、どちらが大きな資産になったかを比較

※8資産均等型は2011年10月に、先進国株式は2009年10月に設定されているようです。

比較シミュレーション

スタート時

eMAXIS

先進国株式インデックス

eMAXIS

バランス(8資産均等型)

基準日 基準価額 積立口数 基準価額 積立口数
2011/10/31 9,696 1,031 10,100 990
2011/11/1 9,478 1,055 10,058 994
2011/11/2 9,148 1,093 9,882 1012
2011/11/4 9,432 1,060 9,988 1001
2011/11/7 9,386 1,065 9,979 1002
2011/11/8 9,393 1,065 9,944 1006
2011/11/9 9,463 1,057 9,973 1003
2011/11/10 9,143 1,094 9,773 1023

※以下略

まだ、グラフ作るの慣れてないので、分かり辛くて申し訳ないのですが、見方としては、2011年10月31日時点で1000円で積立てられるのは先進国株式の方が1031口、バランスの方が990口とご理解ください。

エクセルは簡単なもので、最初の計算だけ入力すれば後は簡単ですが、あまりにも長くなるのでブログ上では省略します。

直近のデータ

※ここまで途中省略しています

eMAXIS 先進国株式インデックス eMAXIS バランス(8資産均等型)
基準日 基準価額 積立口数 基準価額 積立口数
2017/10/4 25,272 396 19,297 518
2017/10/5 25,309 395 19,339 517
2017/10/6 25,406 394 19,334 517
2017/10/10 25,347 395 19,298 518
2017/10/11 25,333 395 19,310 518
総積立口数 894,610 総積立口数 985,998

ちなみに、2011年10月31日~2017年10月11日までの期間の積立て回数は1460回という結果になりました。

結果

先進国株式の結果としては89.461万口の積み立てに対し、2017年10月11日の1万口当たりの基準価額が25,333円ですから、

89.461(口)×25,333(円/口)=2,266,315円

バランスの結果としては98.5998万口の積み立てに対し、同日の1万口当たりの基準価額が19,310円ですから、

98.5998(口)×19,310(円/口)=1,903,962円

その差が約36万円。ちょっと驚きです。

あ・・・ついでに計算しますけど、銀行口座に預けた場合1460回1000円を積立ててますから合計は1,460,000円なんですけど、多分この6年で積立てということも考えてもせいぜい500円くらい?でしょうか?

バランスファンドに対する評価

8資産均等型バランスファンド

eMAXISのバランスファンド、特にネット証券専売のeMAXIS Slimは信託報酬も安く、成績もよいことから非常に評判が良いです。

もちろん、一つのファンドですべてに投資できるお手軽さも含め、分散投資がこれ1本で出来てしまうという面では素晴らしいです。

ですがシミュレーションの結果を見る限り、リスクを抑えた半面リターンも抑えられているという印象は強いです。

私としては積極的にリターンを取りに行くために、リスクの大きい株式ファンド1本でいきたいと思います。

バランスファンドに関する当ブログ記事

eMAXISバランスの8資産均等型と波乗り型の比較もしていますのであわせてご覧ください。

eMAXISバランスの8資産均等型と波乗り型を比較

バランスファンドの一つとして年金積立金管理運用独立法人のGPIFのポートフォリオを元につみたてNISAからファンドを選んでみましたのであわせてご覧ください。

GPIFのポートフォリオをつみたてNISAのバランスファンドから選んでみる

株式比率の高いバランスファンドを探してみました。

たわらノーロードバランス(積極型)はリスクを取りたい人にはおすすめのバランスファンド

まとめ

時期が良かったから・・・と言い出すと何事も始まらないんですけど、積立てのドルコスト均等法を考えた時には、下がるときにはしっかり下がった方が買付単価も下がりやすいですから、良い結果を導きやすいと思うんですね。

また、新興国の株式に将来的なポテンシャルを秘めてるとしても、新興国の株式が回復する時には先進国の株式も回復してると思うんで、そういった意味でも先進国株式は一本持っておくといいんじゃないか?と考えてます。

※このデータは将来の予測をしたものではなく、個人の趣味・興味の元行ったシミュレーションです。投資は個人の判断において行ってください。

▽今回のデータを使って究極のドルコストになるか検証してます

毎日積立という究極のドルコスト均等法は積立NISAでも威力を発揮するのか?
ドルコスト均等法の恩恵を最大限受けようとした時、果たしてどこまで威力を発揮するのかシミュレーションしてみました。

▽他の投資信託の記事を集めています

少額投資にはおすすめの投資信託
投資信託は少額投資には非常に相性の良い金融商品です。 その一方投資信託自体は非常に多く、ネット証券の最大手SBI証券では250...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク




スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする