投資を始めるのに資金が少ないのは気にする必要はない

日本に産まれて普通に義務教育を卒業してたら、よほど専門的な環境で勉強してないと、投資という事を教わることはまずない日本です。

スポンサーリンク
スポンサードリンク




貯蓄が美徳?

こんなことを言われたのははるか昔の話です。

バブル期には財テクという言葉も生まれて、当時子供たちに人気だったテレビゲーム、ファミコンでも株取引ができた時代がありました。

おそらく「ファミコントレード」という言葉に覚えがある世代もいらっしゃると思います。

靴磨きの話ではありませんが、やはり異常な時代だったと思いますね。

そしてバブル崩壊

株や不動産に手を出していた人は軒並み大損をしたはずです。

保険業界ですら当時の利率のいい保険が今でも逆ザヤと言われるくらいですから、よほどのものです。

なので世間では「自分だけ儲けようとするからだ」と、陰口を言った人、言われた人もいたはずです。

バブル期を経験していない私たち世代、さらにはバブルを経験した事のない世代ですら、その話を間接的に知っていて、「投資なんてするもんじゃない」、「投資はギャンブルだ」と思っている若者は少なくないです。

お金を運用する時代

確かに「投資はギャンブル」と認識をしている人は多いです。≫投資ってギャンブルでしょ?といわれた話

でも国がNISAやiDeCoといった税制優遇をしてまで国民に投資を促している今、自分の年金は自分で作ってね、資産は自分で築いてねと言っていると私は感じています。

お金を稼ぐ手段が労働だけでは、所詮限界があるんです。

昔は定期昇給や終身雇用などといった都市伝説がありましたから、確かにお金の運用というもの自体は必要なかったかもしれません。

でもバブル崩壊とともにそれらの都市伝説も崩壊してしまったのです。

運用の手段

じゃあお金を運用しようとしたとき、どんな手段があるの?という話になっていくわけです。

もちろん貯蓄も一つでしょうけど、日本の金利ではとても運用とは言えません。

お金を手に入れるにはお金持ちを習うしかありません。

あなたの想像するお金持ちは誰ですか?

きっと会社の経営者とか投資家、スポーツ選手や芸能人といった人達が浮かんだんじゃないでしょうか?

投資と起業

私の考えるお金持ちは、上にも挙げた起業家、投資家というものでした。

もちろん、イチロー選手も一瞬頭をよぎりましたけど、多分イチローにはなれないし、嵐みたいなアイドルになんてなれないんですよ。

じゃあ、現実的に可能性のありそうなのとなると、投資だったり起業だったんです。

起業というのは「天の時、地の利、人の和」というものが必要だと思ってまして、誰しも明日から「俺が社長だ」なんて出来るものではありません。

きっと長い間虎視眈々と人の和を築きながら、商売する場所やタイミングを図ってきてるはずです。

なので可能性はありながらも、誰でもというものではないと思うんですね。

誰にでも出来る可能性のあるものというのはやはり投資ということになると考えます。≫サラリーマンこそ投資をはじめる事をおすすめする

投資資金の大小を嘆いても仕方がない

格差社会という言葉ができたくらい、現代社会では富裕層とそうでない層の差が大きくなりました。

そんな簡単に投資と言っても「いや、お金がないから」、「時間がないから」いろんな理由はあるかと思いますけど、ネット証券を使えば今は100円から投資の出来る時代です。≫使いにくいと評判のSBI証券を使い続ける5つの理由

どんなに大きなお金を運用している人だって、元々はゼロからスタートをしたはずです。

起業した人の中には借金までしてマイナスから始めた人だっているはずです。

それを思えば投資はゼロからスタートできるんで、こんなにいい事はないんですよ。

損するのは嫌

よく聞くんですけど、私も嫌です。

でも、消費税が3%から5%、そして8%、10%と上がろうとしている中、銀行に預けてそれだけ増えました?って聞くと、絶対に増えてないんですよね。

他にも値段は変わらないけど、内容量が少なくなった食品だってあります。

それって相対的に考えたら損してませんかね?

物価と税率は違うでしょというご指摘もあるかもですけど、やっぱり同じ金額で物が買えなくなった以上はやっぱり貯蓄額が目減りしたと考えていいと思うんです。

まとめ

所得も思うように上がらず、社会保障費の負担が増えてる今の世の中じゃ、サラリーマンが投資に回すお金がないのはみんな一緒なんです。

でも少しずつ地道ですけど積立投資を始めて、それが正しいと確信に変わったとき、徐々に大きなお金に変えていけばいいと思うです。≫投資は急がず、損しても痛くない少額の資金ではじめればいい

みんな最初は小さなお金から始めてるんだから・・・と、自分に言い聞かせてみた。

※投資が最善策とは限りませんので、ご自身の判断と環境に応じて行ってください。

▽ネット証券ではトップクラスのSBI証券です

使いにくいと評判のSBI証券を使い続ける5つの理由
SBI証券を使いにくいと感じる人は結構いらっしゃるみたいで、自分だけが使いにくいと感じてたのかとおもったので一安心しました。そんなS...

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク




スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする