使い勝手は抜群!住信SBI銀行は新社会人の給料受け取りにもおすすめ

住信SBIネット銀行のスマート認証 お金にまつわる話

最近ではネット環境があるのが普通になり、多くの人がインターネットを通してスマホやPCでなんらかのサービスを利用しています。

私のネットバンク歴はイーバンクに始まり、新生銀行、ソニー銀行と使ってきて、SBI銀行が一番長いです。

楽天銀行も使ってますけど、手数料が高かったりしますしイマイチ使いこなしてないですけど、もっぱら小銭貯金のため、ゆうちょと連動させて使ってます。≫手数料が高いといわれる楽天銀行、じつはつもり貯金と相性がいい?

いずれにしても金融関係はなりすましや乗っ取り、不正アクセスなどの心配もありますけど、その中でもSBI銀行は利便性もセキュリティも安心して利用しています。

 

住信SBIネット銀行のメリット

ネットバンクのいいところは全国どこでも同じように利用できることです。

地方銀行なんかですと、出張や単身赴任など県をまたぐと利便性が落ちることも、ネット銀行でしたら全国一様に割安な手数料で利用することが出来ます。

コンビニATM手数料無料

社会人になるとなかなか銀行の窓口に並ぶことって時間的に難しいこともあります。

そんなとき便利なのがコンビニATMです。

もちろんすでにコンビニATMを利用されてる方って多いと思いますけど、案外バカにならないのが手数料ですよね。

住信SBIネット銀行ですとランクによって手数料が無料化されます。

0金利の今、手数料としてお金がとられるほど痛いものはありません。

振込手数料無料

入出金はコンビニや他行のATMでも出来ますが、振り込みが出来る場所というものはどうしても限られてしまいます。

そんな時に助かるのがネットでの振り込み。

以前は月に5件の振り込み手数料が無料だったのですが、現在はランクによって無料回数が限定されています。

同行あては回数無制限で手数料無料

住信SBIネット銀行同士の振込手数料は回数に関係なく振り込みが可能です。

私は家族間や友人へもこちらのサービスを利用して振り込みを行うことがあります。

自動入金サービス

他行にある自分の銀行口座から、毎月定額を自分の口座へ入金することが出来ます。

例えば住宅ローンやマイカーローンなど、金利優遇のために給料を他行で受け取らなければならないケースもあると思います。

そんな時にも設定さえしておけば、毎月自動でSBI銀行に入金されます。

住信SBIネット銀行の定額自動入金サービスが思った以上に便利

セキュリティは「スマート認証」で安心取引

どうしても気になるのはセキュリティーの問題です。

セキュリティ面では「スマート認証」というスマホアプリがありまして、こちらでログイン許可をしないとPCでもスマホでもログインできない仕組みです。

住信SBIネット銀行のスマート認証

また、こちらもあらかじめ登録された端末からでないと操作することは出来ず、他人が勝手にログイン許可をして不正取引ということはちょっと考えにくいです。

また振り込みを行った場合、振り込みが正しく操作されたものがどうかがスマート認証に通知され、こちらを許可することで振り込みが行われます。

ですが、過信は禁物です。

安易なパスワード設定などずさんな管理はしないようにしましょう。

増え続けるパスワードを簡単に管理するアプリKeePass

外貨預金の手数料が格安

今は興味がなくても、将来ひょっとしら外貨預金に挑戦される方がいらっしゃるかもしれません。

住信SBIネット銀行の外貨預金の為替手数料は米ドルですと4銭(積み立て時は2銭)となってまして、ネット銀行、ネット証券を比べても最安レベルです。

SBI銀行の外貨為替手数料が引き下げになろうとも当面は日々の積立で継続する方針

≫ SBI銀行の外貨積立ては外貨預金の為替手数料が高いなんてもう言わせない

また、後述しますけど、外貨預金をしておくとランクアップの条件に含まれます。

SBI証券との連携が抜群

資産運用というものに興味がある人にはぜひセットでおすすめしたい証券口座です。

私は外貨を銀行のほうで積み立てし、SBI証券に外貨を移して米国ETFを購入しています。

そのほか、資金の移動なども手数料無料でリアルタイムでできますから便利なことこの上ないです。

使いにくいと評判のSBI証券を使い続ける5つの理由

思えばこれが私が投資を始めるきっかけになりました。

≫ 投資を始めた時の体験談を書いてみる

口コミ・評判

仮想通貨やFXのリアルタイム入金なんかにも使えますからね。

正月なんかでも関係なく、手数料無料で使えるんが当たり前という認識になってます。

 

住信SBIネット銀行のランク条件

ランクに関する情報は上記でも触れましたけど、SBI銀行を利用するにあたって、ランクを意識するのはとても肝心です。

ランクによって優遇される

SBI銀行スマートプログラム

引用:SBI銀行スマートプログラムーランク

ただ口座を開設しただけですと、ATMの無料利用回数は2回しかありませんし、他行振り込みも1回しか無料になりません。※一定期間はランク2となります

入金に関して無料なのはこの日本では利用者の当然の権利のように感じますけど、楽天銀行なんかですと高い手数料を取られるのです。≫手数料が高いといわれる楽天銀行、じつはつもり貯金と相性がいい?

話はそれましたが、SBI銀行を利用するなら、最低ランク2は維持したいところです。

ランク2の条件

月末残高30万以上

正直私は学生時代に作ったローンの支払いが苦しくて、月末残高を30万以上にできたのは就職して5年目くらいでした。

なので、30万以上銀行に預けておける方はこれだけでランク2の条件クリアです。

ロボアドバイザーの月末残高10万以上、月末残高1000円以上

投資に抵抗のない方は、ロボアドバイザーを10万円以上にして、残高を1000円にしておけばランク2達成です。

ただ、今後の相場の変動によってこれらは確定されませんので、ランク2のためだけにというのはおすすめできないかなと思います。

条件2つクリア、月末残高1000円以上

  • 1. 外貨預金(普通・定期)の月末残高あり
  • 2. 仕組預金の月末残高あり
  • 3. SBIハイブリッド預金の月末残高あり
  • 4. 純金積立の月末時点でご契約あり
  • 5. 給与、賞与または年金の月内ご入金あり
  • 6. 目的ローンまたは不動産担保ローンの月末残高あり
  • 7. カードローンの月末残高あり(50万円以上2つにカウント)
  • 8. BIG・toto購入または公営競技ご入金の月内合計が2万円以上
  • 9. Visaデビットカードの月末時点の確定金額が合計1万円以上(3万円以上2つにカウント)
  • 10.クレジットカード「ミライノ カード(一般カード)」の当月確定(翌月引落)金額が合計1万円以上(5万円以上2つにカウント)

引用元:SBI銀行スマートプログラム-ランク判定

黄色のアンダーラインは比較的クリアしやすい条件かなと思います。

外貨預金に関してはあくまで残高ということですので、私は一番安いランドを1通貨保有することでランク対象とさせてます。

それとハイブリッド預金(SBI証券の口座が必要)ですね。

新社会人となると給与振り込みをこちらの口座に指定することで条件クリアです。

上記の条件を3つクリアするともう1ランクあがるので、それ目的で純金積立をしてたことがあります。≫ SBI銀行と楽天証券の純金積立をやめて、すべて売却しました

月末残高1000円以上、30歳未満

新社会人になったけど、給与振り込みも、外貨預金なんかもしたくない、とにかく便利に使いたいネット銀行をお探しの方にはこの条件もあります。

月末残高を1000円以上にしておけば、30歳未満ならランク2を維持できます。

ミライノカード

クレジットカードはどこがお得?とか考えだすとキリがないのですが、SBI銀行の使い勝手に満足していただいて、さらにランクを上げていこうとしたときに助かるのがミライノカードです。

こちらのカードを保有し、支払い口座をSBI銀行に指定すると+1ランクアップが狙えます。

ただ初年度の年会費は無料ですが、2年目以降は900円費用が掛かります。

年間10万円以上利用することで年会費は無料化されますので、キャリアの携帯を利用されてる方は支払いこのカードにしておけばいいですね。≫格安SIM5年目。もうキャリアのスマホには戻れない

まとめ

最初にネット銀行を使いだしたのは15年ほど前、楽天銀行(旧イーバンク)でした。

夜中でも手数料無料で入出金でき、自宅で振り込みができるのがとても気に入って現在ほとんどの手続きはSBI銀行を利用しています。

一度こういう環境に慣れてしまうともう戻れません。

 

コメント