端株だって株主ですから配当金はもらえるんです

配当金 配当金

配当金

今年の下半期にもらった配当金の集計をしてみました。

いずれこれらの銘柄を買った理由なんかも記事にしてみたいのがあります。

端株配当金集計

銘柄株数配当配当額
みずほFG2003.75750
ソラスト1021210
国際計測器100151500
丸三証券3220640
エックスネット2414336
ジーエスユアサ503150
センチュリー2150251250
KDDI35451575
伊藤忠商事3032960
寺岡製作所1006600
セブン銀行504.75237
マネックスG1003.7370
ライトオン100101000
ペガサスミシン2011220
ジーフット2010200
CIJ5013650
アサヒHD3030900
JXTG1009900
朝日ネット1009900

全部で12,848円の配当収入となりました。

春は8,221円だったので、順調に伸びてます。

またCIJは優待目当てで買ったんだったんですけど、手放しました。≫優待目的で単元株化を目指し端株で購入していた銘柄ですが、配当を最後に売却しました

今後の目標

端株のKDDIを単元株化

国内では数少ない連続増配株の一つ、KDDIの単元株化を目指したいと思います。

先日楽天が、第4の携帯会社に・・・というニュースが発端となってKDDIだけでなくドコモも株価が下がりました。

どうせ楽天が携帯事業に参入しても料金体系は今の横一線で足並みをそろえるでしょうし通信事業者として期待はしていません。

楽天自体は毎月の料金が入ってくるのもおいしいでしょうし、楽天カードで支払いさせれば取り扱いの額も増えますから色々メリットはありそうですよね。

肝心のKDDIの方はそのおかげもありまして、現時点で株価は3000円を割り込んで買い増したい水準まで下がってくれてるんですけど、今年のNISA分はすべて使い果たしてしまったので、次回の下落を待ちます。

単元未満株(端株)で集めたKDDIを単元株化、一方で反省点も

端株保有中のセンチュリー21

端株保有中のセンチュリー21

不動産のフランチャイズを展開している会社です。

フランチャイズに加盟しているお店で発生した賃貸・売買の売り上げに対し、すべてにロイヤリティが掛かるシステムです。

もっともフランチャイズってどこもそんなものでしょうけど、センチュリー自体はふところ痛める事はないと思いますね。

ただこの経済状況の中、不動産も活況でしょうからもう少し取引がおさまると株価も下がるかな?と予想してますので、買い増しはしていきたいですけど、慎重に判断したいと思います。

単元株保有のマネックスGの売却

逆にマネックスGはいい加減手放したいです。

購入した時の思いと今の思いが乖離しすぎてる気がするので、長く保有という意思がなくなった銘柄です。

特に会社がどうのというわけではありません。

※追記

買値プラスアルファで売却したのですが、仮想通貨取引のコインチェック買収から、株価が跳ねました。

せっかく保有していた銘柄を安値で売却したことは残念ですが、損したわけでもなく、保有中は配当もいただいたわけですから、悔やんでも仕方ないですね。

証券口座の統一化

SBI証券だったり松井証券だったり、某証券会社だったりしてますので、せめて松井証券の口座は閉じてSBI証券に絞りたいです。

もっとも松井証券の口座を開設したのは10万円以下の取引に関して手数料無料という料金体制だったため、ETFにある「上場インデックスファンド日経225ミニ(1578)」を買おうと思っていたんです。

ところがSBI証券の料金見直しによってその存在意義も薄れてしまいましたし、ETFよりも投資信託のほうに興味が沸いたという事情もあります。

矛盾するようですが、私にとってはSBI証券より使いにくいけど、愛用している会社です。

かといって手数料を払ってまで移管させるというのもバカバカしいし。

投資信託の積立というドルコストを用いた万人向けの投資方法

使いにくいと評判のSBI証券を使い続ける5つの理由

まとめ

またNISA枠が復活した来年以降このお金を使って端株を買い増します。

自分の小遣いだけではさすがに限界ありますし、少しずつ配当金の力を借りて加速させていければいいなと思いますね。≫ 端株投資のメリットは配当金を再投資して複利運用出来ること

 

 

▽使いにくくてもネット証券No1です

使いにくいと評判のSBI証券を使い続ける5つの理由
SBI証券を使いにくいと感じる人は結構いらっしゃるみたいで、自分だけが使いにくいと感じてたのかとおもったので一安心しました。 そんなSBI証券を私が使い続ける理由を上げてみたいと思います。 住信SBIネット銀行との連携が良い...

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
配当金
スポンサーリンク
フォローする
スポンサーリンク
Jiroの端株投資奮闘記

コメント