端株投資のメリットは配当金を再投資して複利運用出来ること

端株投資は配当金を再投資しやすいこと単元未満株
スポンサーリンク

端株投資をはじめて何年たったことでしょう。

ここまで長い道のりでしたが、徐々に単元株化出来てきた銘柄も増えてきました。

どうしても資金が少ないうちというのは投資信託などに頼りがちですけど、インデックス投資などをしていると分配金が出ません。

そういった心理のなか、配当金がもらえる株式投資というものはとても励みになるのです。

それらを含めて端株投資のメリットを書いてみたいと思います。

端株投資のメリットについてはこちらも参照してください

FXに変わる少額投資として端株という方法を選んだわけ

スポンサーリンク

端株(単元未満株)からの配当

端株というものであっても配当が受け取れますし、その額というものは単元株主であっても、端株の株主であっても同じです。

もちろん1株当たりの配当ですから、計算方法は「1株当たりの配当×保有株数」となります。

ですが、銘柄が増えれば思ったよりまとまった額になります。

▽2018年下期の配当はこのようになっています

2018年の下半期の端株の配当金でやりたいことのリストを一つ達成
2018年も間もなく終わろうとしていますが、下半期で入金になった配当金をまとめてみました。~続きを読む~

端株投資最大の魅力は配当で再投資できること

端株投資でも1株当たりの配当は、単元株主と同じ額が貰えるとご説明しましたが、ここに面白いシミュレーションをされた方のツイートをご紹介します。

せっかく興味深いツイートを見つけたので、シミュレーションしてみました。

配当金の再投資シミュレーション

端株投資のツイート主と同じ条件で、100万円を、株価2300円の株式に集中投資したと仮定します。

すると単元株投資だと400株しか買えないのに対し、端株投資ですと434株購入することができます。

100万円の投資資金の残金は下のイラストのようになります。

端株投資は投資資金を無駄にせず投資できる
端株投資のほうが多く株式を保有できる

たった34株と思うかもしれませんけど、すでに34株分配当金が多くもらえることが確定していますね。

さらにJT株を単元株で買おうとすると、23万円以上配当がたまらないと買えなくても、端株投資だったら数株ずつでも保有株数を増やすことができます。

端株投資は配当金がそのまま再投資できる
より多くの配当金を手にし、配当金を効率よく再投資ができる

特別復興税は加味しておりませんが、この時点で捨てに2,000円以上の差が生まれ、配当金だけで11株、当初の投資資金の残り、1,800円を足すと、12株の再投資が可能になります。

この差を繰り返していくと、下のような結果になります。(ともにクリックで開く)

 配当金累計配当再投資株数保有株数
1回目2464024640 400
2回目2464049280  
3回目2464073920  
4回目2464098560  
5回目24640123200  
6回目24640147840  
7回目24640172480100株追加500
8回目30800203280  
9回目30800234080  
10回目30800264880  
11回目30800295680  
12回目30800326480  
13回目30800357280  
14回目30800388080100株追加600
15回目36960425040  
16回目36960462000  
17回目36960498960  
18回目36960535920  
19回目36960572880  
20回目36960609840  
 配当金累計配当再投資株数保有株数
1回目267342673412446
2回目274735420712458
3回目282128241912470
4回目2895211137113483
5回目2975214112313496
6回目3055317167613509
7回目3135420303014523
8回目3221623524614537
9回目3307926832514551
10回目3394130226615566
11回目3486533713115581
12回目3578937292015596
13回目3671340963316612
14回目3769944733217629
15回目3874648607817646
16回目3979352587117663
17回目4084056671118681
18回目4194960866018699
19回目4305865171819718
20回目4422869594619737  

すると10年という単位でも配当は雪だるまのように増えていきますからね。

ドルコストと複利運用は投資の基本

端株配当金の複利運用
複利運用は投資の基本

私は常々投資には「ドルコスト」と「複利運用」を意識するのは大切な事と考えています。

端株の配当から得たお金というのは、所詮大した額にはなりませんが、それをきっちりと再投資することによって、次の時にはより多くの配当を受け取ることも可能であることが、上のシミュレーションよりご理解いただけたと思います。

端株投資をドルコストで買い付けるとコストが高くつきますし、本来ドルコストに向くのは投資信託だと思っています。

でも、毎月1万円買い付けたとしても50円×12カ月で年間600円のコストであれば、1週間コンビニコーヒーを買ったと思えば安いものですね。

端株再投資のデメリットは手数料

さて再投資をしようとした時に意識したいのがそれに伴うコストの問題です。

SBI証券ではNISA口座であっても1万円までは一律50円(税抜き)、それ以降は0.5%(税抜き)の手数料が発生します。

みずほFGの株を安いからと1株、2株買うようではいつまでたっても手数料分すら回収することはできません。

私はせめて半期分の配当で手数料が回収できる程度を目安としています。

▼端株であっても実質無料で取引できる証券口座が出来ました

Tポイントで端株投資もできる証券会社「ネオモバイル証券」
Tポイントを使って株式投資ができるSBIネオモバイル証券が誕生しました。NISA口座は開設できないとのことで、楽天証券でつみたてNISA+株式投資の際に使い勝手の良い口座になるのではないでしょうか。

ネオモバイル証券なら手数料無料で売買

端株での売買はNISA口座を開設していても手数料が掛ります。

ですが2019年4月に立ちあがったSBIネオモバイル証券では、約定代金が月50万までであれば手数料が無料という、端株投資にはおすすめの証券会社が立ちあげられました。

詳しくはこちらの記事でご紹介しています。

Tポイントで端株投資もできる証券会社「ネオモバイル証券」
Tポイントを使って株式投資ができるSBIネオモバイル証券が誕生しました。NISA口座は開設できないとのことで、楽天証券でつみたてNISA+株式投資の際に使い勝手の良い口座になるのではないでしょうか。

Tカードデザイン

まとめ

最初は凄く地道ですけど、日々の節約を意識しながら投資というものに向き合うというのは、将来大きなリターンをもたらしてくれるものです。

ケチと言われるようになっては本末転倒ですけど、倹約投資家にはなりたいですね。

関連配当金の再投資を心掛けることは大事、でも急ぐ必要はない

配当金の再投資を心掛けることは大事、でも急ぐ必要はない
資産形成において必要な再投資。特に株式の場合、配当金というインカムゲインをつかって再投資をすることが可能ですが、そのうえで私が大事にしていることを書いてみました。

関連端株投資の配当金はNISA口座で非課税で受け取ろう

端株投資の配当金はNISA口座を使って非課税で受け取ろう
単元未満株の取引には手数料が掛りますが、それ以上に少額投資にはメリットも大きな投資手法の一つです。

関連おこづかいで投資するには最適な、端株投資に関するおすすめ記事一覧

おこづかいで投資するには最適な、端株投資に関するおすすめ記事一覧
当ブログ内の端株投資に関する記事を集めました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました