「ジロの端株投資奮闘記」は「ジロろぐ」にタイトル変更しました

単元未満株制度を使った端株投資ができるネット証券会社の比較

単元未満株制度を使った端株投資におすすめの証券口座端株投資とは

私自身、投資に関して相談できる、盛り上がれる相手というのはなかなかいませんけど、一般的に「投資=株」というイメージをお持ちの方は多いように感じます。

そして同時に「株=多くのお金が必要」というイメージをお持ちのことから、「投資=多くのお金が必要」と思われてる人もいらっしゃるかと思います。

そういうイメージが先行すると「投資には興味がない」「そんなお金がない」となるのも分かるのですが、私がメインで行っている端株投資ですと、銘柄の良い悪いは別として、手数料込みで100円もあればそこそこ買えてしまうというメリットがあります。

そんな単元未満株制度を使った端株投資の出来る証券会社を比べてみました。

スポンサーリンク

単元未満株で端株投資が出来る証券会社

単元未満株制度を使った端株投資におすすめの証券口座

まずは数字で見て分かりやすい手数料を含めて端株投資が出来る証券会社を調べてみました。

端株投資ができるネット証券の料金比較

証券会社単元未満株の商品名手数料
SBI証券S株0.5%(最低50円)
マネックス証券
ワン株0.5%(最低50円)
カブドットコム証券プチ株0.5%(最低48円)
野村証券ネット&コールまめ株1%(最低500円)
岡三オンライン証券 1%~0.6%(最低200円)
フロッギー 100万円まで無料
LINE証券 0.05%~

こうして手数料を見比べると、ネット専業の証券会社の手数料の安さは魅力的ですね。

端株投資の決定版
端株投資ならネオモバイル証券

ネオモバイル証券の特徴

◎株を1株単位で購入できる
◎少額で分散投資が可能
◎実質月20円で50万円まで取引可能
△入金の手間が煩わしい
△銘柄が決まってないと情報量が少ない

少額投資の武器になるので検討の価値はあります。

楽天証券、松井証券の単元未満株の扱いは?

楽天証券や松井証券でも単元未満株の売却(厳密に言うと買取請求)することはできますが、買付をすることはできません。

両社の場合は基本的に株式併合や分割が行われた時に発生する単元未満株を取り扱うのみとなっています。

スポンサーリンク

単元未満株で端株投資の出来るネット証券の比較

手数料の面から考えて、SBI証券、マネックス証券、カブドットコム証券に絞ってみます。

SBI証券・ネオモバイル証券の端株(S株)の取り扱い

午前10時30分までの注文だと当日後場の始値で成行注文となります。

午後9時30分までに注文を入れると翌営業日の前場始値での成行注文となります。

名証、福証、札証上場銘柄は売却だけとなります。

スマホアプリ「SBI証券株」にてS株の発注が可能です。

単元未満株(端株)取引できるスマホアプリ「SBI証券 株」を使い方
SBI証券の株アプリなら端株の買い方も簡単。さらにバージョンアップされてスクリーニング機能も搭載され、使い勝手が向上しました。

ネオモバイル証券には現在アプリがありませんが、2019年9月中には新しくアプリが開発される予定です。

マネックス証券のワン株の取り扱い

午前11時30分までの注文で、後場の始値で成り行き注文となりますので、指値注文はできません。

福証、札証上場銘柄は売却だけとなります。

またスマホアプリ「マネックストレーダー株式」で単元未満株、ワン株の注文はできません

カブドットコム証券のプチ株の取り扱い

午前10時までの注文だと当日後場の始値で成行注文となります。

午後11時までに注文を入れると翌営業日の前場始値での成行注文となります。

福証、札証上場銘柄は売却だけとなります。

スマホアプリ「kabu.com」にてプチ株の取引が可能です。

SMBC日興証券のフロッギー

このフロッギーは1株単位よりもっと小さい、小数点株を取り扱うことが出います。

手数料も無料なので株式をドルコスト平均法を使って積み立てることができます。

100円から株式投資ができるフロッギー、願うのは国内初のDRIP制度
SMBC日興証券が提供しているフロッギー。500円で1株未満から株式が買え、NISAも使え、買付手数料も無料となるとDRIPが使えるようになると面白い証券口座になると思います。

こちらの記事ではフロッギーとネオモバイルのメリットデメリットを比較しています。端株投資に興味を持った方はぜひご参照ください。

「ネオモバイルとフロッギー」端株投資にはどっちがおすすめか?
1株から買えるネオモバイルと定額積立の出来るフロッギー、端株投資におすすめなのはどちらでしょうか。これらの長所と短所を比較してみました。

LINE証券

LINE証券では取引手数料としては無料、ただし価格のスプレッドとして0.05%のコストが発生します。

特徴としては、数量が限定とはいえ最大7%割引というタイムセールが行われていることでしょうか。

特別なアプリなどを入れなくても利用できるのは、さすがLINEのサービスというところでしょうか。

スポンサーリンク

単元未満株で端株投資を行うのにおすすめのネット証券

スマホアプリで注文できるネット証券はおすすめ

3社の手数料などを見比べても、特に突出した証券会社はありません。

しかしながら私の経験上、アプリで単元未満株を取引できるのは想像するよりはるかに有利です。

ジロ
ジロ

NISA口座を開設している証券会社をおすすめ

端株投資はNISA口座がおすすめ

配当が非課税になるというNISA口座を開設している人は多いと思いますが、せっかく開設しているのであれば、NISA口座をお持ちの方で取引することをおすすめします。

それは端株であっても配当を受け取ることが出来るからです。

端株投資の配当金はNISA口座を使って非課税で受け取ろう
単元未満株の取引には手数料が掛りますが、それ以上に少額投資にはメリットも大きな投資手法の一つです。
NISAはどっちを選ぶ?私がつみたてNISAを使わない理由
現行NISAとつみたてNISA。メリット、デメリットを自分のスタイルに当てはめて悩んだ末に私が選んだのは現行NISAです。その理由を書いています。

銀行との連携も考えるとSBI証券がおすすめ

このなかで、証券口座への入金手間というのがないのが、唯一SBI証券なのです。

SBI証券のハイブリッド預金口座に入れておけば、あとは自動で引き落としてくれます。

ネット証券を選ぶ時のポイントは?
ネット証券を選ぶ時には、直感的に使いやすいと思えるサイトを持つ会社や、ご自分の投資スタイルを考えて選ぶことも重要です。この記事では銀行との連携の取りやすいネット証券をおすすめしてます。

上の記事でも書いていますが、ネット証券は銀行との連携を考えることも非常に有利になります。

住信SBIネット銀行は非常に使い勝手も良くお勧めのネット銀行ですので、ぜひ証券会社とともに銀行も検討してみてください。

また、どうしても他社で取引したいと言うのであれば、入金の自動化手続きをしておくと、いざというときに資金移動の手間がない、買いすぎないといったメリットもありますので、一応参考にしてみてください。

ネット証券への入金を自動化する方法
妻が投資を始めるのに1つ目のハードルは入金。なるべく自動化させて投資というものを習慣つけてもらいたいと思います。
スポンサーリンク

まとめ

いずれのネット証券であっても最低手数料の関係で、約1万円以下であると手数料が割高になりますが、1単元10万円の銘柄を端株で買い集めたとしても0.5%の手数料はわずか500円程度です。

銀行との連携、NISA口座で配当を非課税で受け取ろうとした場合にはSBI証券を、すでにつみたてNISAを始めていて、株の配当金には課税されるっていう人にはネオモバイル証券をおすすめします。

各NISAはもちろん端株投資もできるSBI証券
女性起用バナー

ネット証券でも断トツの口座数を持つSBI証券。
各NISA口座の開設や、端株投資も可能。住信SBIネット銀行で安いコストで調達した外貨を移動し、米株が買えるのもおすすめ。

端株投資ならネオモバイル証券

ネオモバイル証券の特徴

◎株を1株単位で購入できる
◎少額で分散投資が可能
◎実質月20円で50万円まで取引可能
△入金の手間が煩わしい
△銘柄が決まってないと情報量が少ない

少額投資の武器になるので検討の価値はあります。

おこづかいで投資するには最適な、端株投資に関するおすすめ記事一覧
当ブログ内の端株投資に関する記事を集めました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました