端株取引に対応したSBI証券のスマホアプリを使ってみた

SBIってアプリっていっぱいあって若干毛嫌いしてたJIROです。

最近ふと目にした情報をきっかけにダウンロードしてみました。

SBI関連のアプリ

SBIって証券・銀行・FXなどあってタダでさえアプリが増えがちなのに、それぞれ取扱商品ごとにアプリを作ってるのでめちゃあります。

銀行だけでも通常取引する銀行、スマート認証、外貨預金なんぞありますし、FXでも証券会社のFXにSBIFXトレードのFXもあるし、先物だ、CFDだと様々です。

それぞれ特化出来るというメリットもあるんでしょうけどメンドイです。せめて銀行アプリとスマート認証は兼ねてほしいです。

株アプリ

今までハイパー株というアプリを使ってました。というより入れてましたっていうだけかな?

普通に株取引するには問題ないんですけど、単元未満株には対応してないんですよ。もちろん単元未満株の取引自体が一般的な取引じゃないんでしょうから、アプリでまで対応させる必要もなかったのかもしれませんけど。

ちなみにこちらのアプリは2017年10月末をもってサービス終了予定となっています。

で、こちらが新しくなった株アプリ。

一見取り立てて変わった風にも思いませんけど・・・(変わってるけど)中身は結構大きく変わってます。

アプリの口コミ・評判

スマホにアプリをインストールする際に、多くの人はレビューなんかを一応気にされると思うのですけど、正直なところあまり評判は良くありません。

主に起動が遅いという不満が多いようですが、中には入金も出来ない(入金操作は出来るみたいです)といった不満も。

ただ、アプリですから、起動の不満は分かるけど、もっと補助的な役割と割り切る必要があるんじゃないの?って気がします。

私が使っているのが格安SIMだからかもしれませんが、確かに時間が掛かるかもしれません。≫格安SIM5年目。もうキャリアのスマホには戻れない

でも使ってみて「起動が特に遅い」とは言われるまで気にならないレベルだと思いました。

出来ること

色々チャートが見やすくなったりと改善はされてるみたいですけど、私の場合チャートを見て売買することはなくはないので、特に比べて記事に出来るほどの経験がないので割愛します。

株主優待検索

他には株主優待の検索が出来るようになりました。

需要があっての供給なのでしょうから、何とも言えませんけど、個人的にはワザワザ外出先で金融アプリにIDとパスワードを入力し、ログインまでして探さなくても、ネット上でいくらでも何月銘柄とか出てるんで、普通にウェブ検索でもまかなえるような気がします。

ただ、PCを持たずスマホやタブレットでトレードをしてる人がいるのかも知れません。

端株取引

あとは単元未満株(端株)の取引が出来るようになりました。

私には大きく影響することですけど、先ほどの優待の話と一緒で、アプリでまで端株取引させる必要あるの?と感じる人もいることでしょうね。ただ、私のスタイルは端株でナンピンを前提にしていますので、大変重宝しそうです。

これまではPCからしか注文出来ませんでしたから、注文を出し忘れて外出した時とか残念な思いをしたことは何度かあります。

早速試しに注文してみました。

▽単元株取引  ▽単元未満株取引

銘柄の取引画面から右上のS株(SBI証券では単元未満株をS株と表現してます)をタップすると右側のように青く切り替わります。

すると、画面じゃ見にくいかもしれませんけど、真ん中あたりの株数が100株単位から1株単位に変更になってます。

ここで好きな株数に変更して注文発注。

すると後場の始り値で無事成行約定してました。

まとめ

週末、土日に掛けて何か発生した場合朝の動きを確認して注文出来るので、何かと忙しい月曜日の朝、スマホから注文出来るのはなかなか嬉しいなと思いました。


▽端株投資で時間の分散をしています

端株投資はナンピンを前提にしています
たいそうな事ではありませんが、特にネタもないので私の端株投資について触れてみたいと思います。 そもそも端株とは単元未満株のことでして、...
スポンサーリンク
スポンサードリンク




スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク