SBI証券とネオモバイル証券の端株注文時間の違いによる約定のタイミング

端株の注文と約定のタイミング 単元未満株

ネオモバイル証券で取引を始められた方が徐々に増えてきたように感じます。

さて、ネオモバイル証券で端株の注文入れたけど、いつ約定するの?といった疑問を持ったことはないでしょうか。

私も、端株取引を始めた頃は、あれ?今注文入れたらいつ?と結構悩んだものです。

そこで、SBI証券とネオモバイル証券に端株注文を入れた時間帯の違いによる、約定のタイミングをまとめてみました。

スポンサーリンク

SBI証券とネオモバイル証券の端株の注文時間による約定のタイミング

ネオモバイル証券とSBI証券の端株の注文と約定のタイミング
SBI証券とネオモバイル証券は1日2回約定する

両社による約定時間の違いは大きく分けて2つです。

朝10時半までなら当日後場

夜21時半から、朝10時半までなら、その日の後場の始値によって約定されます。

青枠で囲った部分についてはこの後説明します。

夜21時半までなら翌日前場

朝10時半を越えて、21時半までに注文をすると、翌日の前場になります。

この時間帯に関してはあまりおすすめしません。

SBI証券とネオモバイル証券の端株取引ルールは同じ

この件について、SBI証券とネオモバイル証券の端株の取引ルールというのは同じです。

将来的にNISA口座に変えて、端株の配当金を非課税で受け取りたいと思った時には、ルールが同じなので、すぐになじめると思います。

NISA口座で端株投資をするならSBI証券をおすすめします

女性起用バナー

スポンサーリンク

端株注文をするのにおすすめの時間帯

端株の取引は指値が出来ず、前場や後場の始値で成行約定されます。

なので端株を短期で売買して利益を上げるということより、基本的には配当目的だったり、中期的に持って売却益を上げると言ったスタンスになろうかと思います。

そこで端株注文におすすめの時間帯をご紹介します。

9時から10時半のタイミングを狙う

端株の注文と約定のタイミングの違い
9時から10時半までのタイミングがおすすめ

上の図で、9時から10時半までを青枠と斜線で記したところがありますが、その時間帯が私の中で最もおすすめです。

日本の株式市場は、前日夜のアメリカ株式市場の流れを受けるケースが多いです。

必ずしもそういった法則はないものの、アメリカの株式市場が上がれば、日本の株式市場も上がる可能性が高いと思われます。

そのため「朝9時に始った株式市場の流れを確認してから、10時半までに注文を入れて、そのまま当日約定させる」という方法が一番自分の中で納得できます。

日銀砲が邪魔

後場を狙ったこの取引方法なのですが、一つだけやっかいな存在があります。

それが日銀砲。

大きく下落した時に、当日後場を狙って注文を入れた時に限って、日銀がETFを買い、株価が上げられたことが何度かあります。

最近はあまり聞きませんから、さほど意識しなくてもいいとは思いますけど、こういったデメリットもあります。

それ以外にも後場から突然流れが変わるということもありますし、いずれにしても値幅に余裕をもって取引をしたいところです。

スポンサーリンク

まとめ

端株取引というものはリターンも小さいですけど、小さなリスクで慣れていくことができます。

また、単元株の株主同様、1株当たりの配当金は同額受け取ることができますので、配当金を目的に投資を続けてみてはいかがでしょうか。

おこづかいで投資するには最適な、端株投資に関するおすすめ記事一覧
当ブログ内の端株投資に関する記事を集めました。
つみたてNISAと端株投資ならネオモバイル証券がおすすめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました