端株投資の配当金はNISA口座を使って非課税で受け取ろう

単元未満株
スポンサーリンク

2014年から始ったNISA口座、利用してますか?

NISA口座自体がなんとなく見切り発車した感じでスタートしたのですが、当時はいろんなブログで不平不満が出ていました。

万全のものは出来ないとはいえ、それでも国が非課税で投資してもいいよといったNISA制度を打ち出したことには凄く意義があったように思います。

私も特に何に投資をするということもなく、「やってみよう」ぐらいの勢いで開設して、現在ではNISAを活用しています。

そして端株投資をするに際し、NISA口座というもののありがたみはとてもよくわかるようになりましたので、紹介してみたいと思います。

スポンサーリンク

NISA(少額投資非課税制度)とは?

一般的に購入した株式や投資信託が値上がりして売却した場合、20%(ここでは復興特別税0.315%は省いています)の税金が課されます。

それがNISAでは年間120万円(2015年までは100万円)までの投資額については、5年間について非課税となり、その期間内に売却した場合の利益は非課税となります。

パーセントで言うと「たったそれだけ?」となるのですけど、結構これがあなどれないんです。

NISAは配当金も非課税で受け取れる

NISAは株を売買した利益についても非課税ですが、株式の配当金や投資信託の分配金にいたっても非課税となります。

要するに「投資したものからの利益は総取りしていいよ」という制度です。

スポンサーリンク

配当金を非課税で受け取るメリット

配当金を非課税で受け取るメリットは大きいのですが、ロールオーバーが出来なくなった2019年以降、こちらを参照してください。

2019年からのNISA口座で株式の配当金を受け取るには銘柄選びも慎重に
2019年以降配当金が非課税になる目的でNISA口座で株を買うには、利回りとNISAの残年数を掛けたものが、株価の下落率を上回る必要があります。

端株手数料がまかなえる

SBI証券での端株の取引には0.5%(最低50円)の手数料が掛ります。

1万円未満の投資になると手数料が割高になるため、端株投資の金額は1回1万円以上の投資をおすすめします。

1万円の株式から期待できる配当利回りにもよりますが、年間3%、つまり300円の配当を受け取ったと仮定すると、本来課税されるのは60円となり、課税されたはずのお金で端株投資手数料がまかなえるのです。

端株では配当金を再投資して複利運用

受け取った配当を使って、ランチに行くもよし、家族を連れて遊びに行くもいいです。

ただ、出来ればせっかく受け取った非課税で受け取った配当金は再投資して、翌年以降より多くの配当金を受け取ることに充てた方が良くないですか?

私も端株投資をはじめてから知ったのですけど、株って凄いたくさんの銘柄がありますので、分散投資をしながら投資額を増やすことができますよ。≫ 端株だって株主ですから配当金はもらえるんです

スポンサーリンク

まとめ

端株投資というのは想像以上に少額から行えるものです。

にもかかわらず、配当金に課税されるのって地味にパフォーマンスを下げるんですよね。

端株投資には非課税制度のNISA口座をおすすめします。

NISAはどっちを選ぶ?私がつみたてNISAを使わない理由
現行NISAとつみたてNISA。メリット、デメリットを自分のスタイルに当てはめて悩んだ末に私が選んだのは現行NISAです。その理由を書いています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました