端株の配当金を楽天銀行で受け取る場合の注意しておきたいこと

楽天銀行で配当金を受け取る単元未満株
スポンサーリンク

少額投資に端株の取引というのは本当にありがたい制度ですが、その端株投資には今まで0.5%のコストが掛っていたのです。

ところが先日開業したSBIネオモバイル証券では手数料無料で端株投資が行えます。

Tポイントで端株投資もできる証券会社「ネオモバイル証券」
Tポイントを使って株式投資ができるSBIネオモバイル証券が誕生しました。NISA口座は開設できないとのことで、楽天証券でつみたてNISA+株式投資の際に使い勝手の良い口座になるのではないでしょうか。

そして株式投資の醍醐味の一つが配当金です。

FXのスワップと違って、現金で受け取れる配当金というのはとてもありがたい存在なのですが、その配当金を楽天銀行で受け取ってみませんか?

配当金受け取りプログラムを利用すると、端株の僅かな配当金であっても利回りをアップさせることが出来ます。

ただ、これには少々頭の片隅において置かないといけないこともありますので、注意しておきたいこともあわせてまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

楽天銀行の配当金受け取りプログラムで利回りアップ

私の知る限り、15年ほど前のイーバンク時代から続く配当金の受け取りプログラム。

当時はゴールドラッシュといった名目のキャンペーンだったように記憶していますけど、こちらは配当金1件につき10円の現金を、楽天銀行から受け取ることが出来ます。

私も過去に、配当金よりも楽天銀行から入金になった額の方が多かったということを経験したことがあります。

ハッピープログラム

私自身は未経験ではありますが、楽天銀行の配当金受け取りプログラムのページには「ハッピープログラム会員さまなら、会員ステージを上げるチャンス!」と記載されています。≫ 楽天銀行のサイト

確かに配当金が振り込まれるということは入金にカウントされるため、ランクアップに貢献してくれるかもしれません。

端株配当金を楽天銀行で受け取る時に気をつけておきたいこと

「楽天銀行で配当金を受け取るとお得じゃん」ということは何となくお分かり頂けたかと思いますが、これにはいくつか気をつけておいた方がいいことがあります。

端株取引には手数料が掛かる

端株投資には手数料がかかります。

単元未満株制度を使った端株投資ができるネット証券会社の比較
単元未満株制度を使った端株投資の出来るネット証券の手数料と、アプリや注文時間など使い勝手をまとめました。

私が現在まで端株投資で利用してきたのはSBI証券ですが、取引手数料分を楽天銀行からの配当金受け取りプログラムでチャラにしようとした場合には結構な期間が掛ります。

SBIネオモバイル証券では端株取引手数料無料で投資が出来ますので、その点では心配する必要はないのですが、SBI証券もNISA元年となった年には端株取引手数料は無料でした。

ところが似たようなことを考えた人がいたのか、当時はまだ端株優待とかが少なからず残ってた時代だったので利用しようとした人がいたのか、翌年からは現在の様に有料化されました。

可能性はかなり低いとおもいますけど、ネオモバイル証券も将来的に単元未満株については有料化といったこともあるかもしれません。

ジロ
ジロ

まあ、その時には株式を移管してSBI証券に戻るだけですが

SBIネオモバイル証券の一時停止する方法や口座閉鎖の仕方
Tポイントを使って株式投資ができると話題沸騰中のネオモバイル証券ですが、解約や一時停止、保有する銘柄の移管に関する情報を集めました。

配当金受け取りプログラムの廃止

楽天サービスのキャンペーンがいくつも改悪、廃止されているのはご存じの方も多いと思います。

こちらの配当金受け取りプログラムも、将来的には廃止される可能性もあるということは頭の片隅においておいた方がいいと思います。

そもそも取引に付随するポイントだとか、こういったプログラムなどはプラスアルファくらいで利用して、それを目的にしてしまうと廃止された時に投資(?)方針を大きく変更する必要がでるので注意が必要です。

NISAを開設していると非課税で受け取れなくなる

NISAを利用して、非課税で受け取ろうとした場合、株の配当金やETFの分配金はその証券口座で受け取る必要があります。

仮に私の様にSBI証券でNISA口座を開設していて、ネオモバイル証券で買った株の配当金を楽天銀行で受け取ろうとすると、SBI証券の配当金も楽天銀行で受け取るように変更され、NISA口座でのメリットが活かしきれなくなります。

端株投資の配当金はNISA口座を使って非課税で受け取ろう
単元未満株の取引には手数料が掛りますが、それ以上に少額投資にはメリットも大きな投資手法の一つです。

株式関係書類という郵便爆弾

半期に一度、株式関係書類というものが株主へ郵便が届きます。

それは配当の支払い通知とかだったりするわけですけど、中には1ケタ円といった配当のお知らせにも郵便料金を掛けて送ってくれるわけです。

楽天銀行の配当金受け取りプログラムありきで大量に銘柄を買ってしまうと、こういった郵便物の処理といった個人情報の処理が必要になります。

まとめ

端株投資した配当金を楽天銀行で受け取ること自体はとてもお得なのですが、途中で触れましたように制度の改正といったことは常に意識しておく必要があります。

特にNISA口座で配当を受け取っている人は、特定の証券口座だけ楽天銀行で受け取るということが出来ませんので注意してください。

単元未満株主への郵便が原因で会社の業績を悪化させるようなことはさすがにないでしょうけど、コストや紙資源が掛ることでもありますし、株式分割や併合といった会社側の都合により発生した単元未満株の株主以外への郵便は電子化が進むといいなと思います。

▽端株投資に関する情報はこちらにまとめています。ぜひご一読ください。

おこづかいで投資するには最適な、端株投資に関するおすすめ記事一覧
当ブログ内の端株投資に関する記事を集めました。

▽楽天銀行は小銭をつかったつもり貯金もできます。

手数料が高いといわれる楽天銀行、じつはつもり貯金の小銭と相性がいい?
楽天銀行は硬貨のままの小銭も、ゆうちょ銀行を経由することで入金出来ます。もちろんその際の手数料も無料。ネットバンクのくせに手数料が高いと言われる楽天銀行ですが、つもり貯金と相性のいい銀行だったのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました