私も毎日投信積立の検討者として色々ファンドの検討をしてみようかと

2017年10月、SBI証券にて投資信託の毎日積立がはじまりました。すでにいろんなサイトでも紹介されていますね。

私は投資信託はほとんど解約してしまって、今残ってるのは一部だけなんですけど、投資信託には他にないメリットがあると最近気付きまして、毎日積立投信というものに凄く興味を持ってます。

投資信託はドルコストが最大限使えて少額投資に有効な手段

投資にはいろんな手段がありまして、投資信託や株式、ETFや海外株。方法と手段は様々です。その中でも投資信託というのは少額投資に非常な有効な手段だと思ってます。

それは1口あたりの単価の安さ。

私が行ってる端株投資は別として、株式ですとやはり万単位のお金は必要ですし、ETFですと、一時期私も配当で買ってた「上場インデックスファンド日経225(ミニ)」(1578)でも1500円から1600円という単位が必要になります。

私の配当で買えるくらいで設定されてるこのETFはちょっと嬉しかったんですけど、これでも複数口買おうと思うとそれなりの額になります。

投資信託ですと、1口あたりの単価は基準価額÷1万口となりますから、1口当たりの単価は凄く安いんですね。

ドルコスト均等法を生かすには単価の安さは絶対

ドルコスト均等法は地味すぎて凄さがわからないんですけど、それを生かすのに1口当たりの単価の安さが必要になるんです。多分ドルコストという言葉を聞いたことある人はどういう意味かご存知の方でしょうから、私が下手くそな説明をする必要はないかと思います。

リーマンショック以降の不況時にドルコストで積み立てた投資信託が、アベノミクスでみるみる回復していった時に初めて実感しました。

私なりの言葉で表現するなら、

「高いときには少ししか買えない、安いときにはたくさん買える」

という一言に尽きるでしょうか?

このたくさん買えるときに1口当たりの単価の安さが必要なのです。

こじつけちゃうと、1ケース40本入り200円のシャーペンの芯。

ETFだと300円では1ケースしか買えないけども、投資信託だと300円で60本分買えるというイメージでしょうか。

毎月分配投信とインデックス投信

私も毎月分配の投資信託を結構買ってたんですけど、アベノミクス以降の回復時にインデックスタイプの投資信託より回復が遅かった事から、毎月分配が資産形成にメリットが少ないといわれる理由を実感した次第です。

よく考えてみれば、長期で利回りを3%くらいと考えた時に、年に半分近く手数料で持っていかれる投資信託で投資家の方が儲かる訳ないですよね。毎月分配=悪とまではいいませんけど、承知はして買うべきです。

ちなみにドルコストで積み立てた投資信託が値が上がって儲かるというよりは、ドルコストで積み立てたおかげで儲かるというイメージだったですね。

毎日投信のメリット

以前、私が積み立てていた時には、積立の時期に限って株価が回復してて、毎月高値つかみをしていたという経験から、毎日積み立てるメリットとして、日々の出来事に追従できるという事です。

例えば某国がミサイルを打って株価が下がれば積立によってその出来事による値動きを享受できます。それは有利な場合だけでなく、不利な場合にしても同じですが。≫毎日積立という究極のドルコスト均等法は積立NISAでも威力を発揮するのか?

資金の出所

毎日の積立となると、たった100円といえど月にすると2000円以上のお金になります。問題はそのお金をどこから捻出するか?という事なんですけど・・・

私には毎日のつもり貯金があります。(≫つもり貯金)

今までつもり貯金を継続するにはちょっとしたモチベーションの維持が必要だったのですけど、これで維持する理由が出来ました。

まとめ

以前、他の人のブログで、100円投信を積立しようかと記事にしたところ、心無いコメントが返ってきたと嘆いてるブロガーさんがいらっしゃいました。

私もそのブロガーさん同様、たった100円であっても投資という方向へベクトルが向けている事が大事なんであって、資金の量による長さの長短は余り問題ではないと思うのですけど。

ドルコスト均等法と複利の力を投資の世界に持ち込んだ人は偉いと以前も書いたことありますが、これらの力を借りて実践してみたいと思います。


▽記事中紹介した関連記事です

投資用資金捻出のため、先月からつもり貯金を再開しました
なるべく無駄な出費を抑えて投資用に資金が捻出できるようにしたいと思います。ですが、そればかりが先行しすぎて、「あいつはケチだ」といわれないよう心がけていきたいと思います。

▽投資信託はこの流れで

つもり貯金で積み立てる毎日投信の設定は定番の方向で
投資信託の毎日積立を始めるに当たって投資信託を絞ってみました。いろんな選択肢がある中、やっぱり安心感のある物を選びたいと思います。
毎日積立という究極のドルコスト均等法は積立NISAでも威力を発揮するのか?
ドルコスト均等法の恩恵を最大限受けようとした時、果たしてどこまで威力を発揮するのかシミュレーションしてみました。
スポンサーリンク
スポンサードリンク




スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク




コメント

  1. のんびり屋 より:

    心無いコメントが返ってきたと嘆いてるブロガーで~す(^ ^)

    初コメントです。

    少額投資って本当に見えない力がありますよね。

    塵も積もれば山となるとはまさにこのことかと。

    少額もいずれは大きな利益になりますね。

    積立投資を始めたらあとはもう決めた自分を信じるだけです。

    • Jiro より:

      のんびり屋さん、こんにちは
      少額投資は地道すぎますけど、まずは一歩進まないと何も始まらないので私もがんばります。