格安SIMにはデメリットもあるけど固定費を節約するなら効果は大きい

格安SIMで携帯料金を見直す格安SIM/通信費
格安SIM/通信費

今回の固定費節約のネタは通信料。

このブログを立ち上げた2017年ごろはまだまだ格安SIMの知名度は決して高いものではありませんでしたが、菅政権あたりから徐々に認知度が高まってきた感じです。

格安SIMというのはドコモを筆頭とした3大キャリアの通信網を格安SIM業者が借りて、必要な人に安く電波を貸しだすというものです。

料金が安いというメリットの反面、通信速度が遅いと言ったデメリットがあるのも事実です。

ジロ
ジロ

我が家も2013年春ごろから利用をはじめてますが、この安さには勝てないです。

スポンサーリンク

安さが魅力の格安SIMはデメリットの方が多い

よくSNSでは格安SIMをつかって固定費を削減して、その分投資に回しましょう・・・なんていう人を見かけます。

ただはっきり言ってデメリットも多いです。

格安SIMのデメリット
  • 店舗がないためにトラブルに対応できない
  • 通信速度が遅い
  • 機種などは自前で準備する必要もある
  • 通話料が割高
  • LINEの年齢認証が突破できない・・・などなど

ジロ
ジロ

なので私としては「このデメリットが許せるのなら」ということを前提にしたいです。

格安SIMを使うと安くなる。でもすべての人にはおすすめしない
料金的にはかなり大きなメリットのある格安SIMですが、それがみんなにメリットが大きいかというとそうではありません。

格安SIM業者は基本的に店舗がない

一般的に格安SIMの業者にはコストを抑えるために店舗がありません。

なので万一通信トラブルや機種が壊れた時、プランの変更などに店舗に駆けこんで対応してもらうことができません。

そのなかでも店舗を抱えているのはau系のUQモバイルとソフトバンク系のYモバイル。

格安SIMの中でも料金体系は若干高めかな?とは思いますが、気になればこれらの通信会社を選ぶといいかもしれません。

UQモバイルから3GBが1,480円から使える「くりこしプラン」が登場
UQモバイルから新プラン「くりこしプラン」が登場。3GBが1,480円から使えるプランで、携帯各社の20GBもいらないよという人にはぜひ候補に。

通信速度が遅い

格安SIMの一番の致命的なのは通信速度の遅さ。

外で動画などデータ大きいサイトなどを見ようとすると、画像が途中で止まったり動画が再生できないといったこともあります。

ただ一度動画再生がはじまればストリーミングで先を読み込んでいるので、さほど不満に思うことは少ないかもしれません。

機種は自前で準備する必要があるかもしれない

最近は格安SIMの業者でも端末を販売していますが、私が格安SIMを使い始めた2013年ごろには機種だけは自分で準備するのが多かったです。

最近では中古の端末が販売されているので、そういった端末を準備したほうがより安くスマホを利用できると思います。

でも知識がないと、格安SIMの電波に対応していない端末を買ったりすることもあるので、やはり慣れない人にはお勧めできません。

通話料が割高になるケースが多い

大手キャリアは早くから通話料もかけ放題というプランを導入していましたが、格安SIMでも通話ができるようになったのは私が持ち始めてからしばらくしてから。

当時は30秒20円という料金体系で割高でした。

最近は格安SIMであっても通話し放題といったオプションも出てきていますが、それらを契約するとキャリアと大きく変わらないといったケースもあり、やはり通話料がネックになってる感じはします。

定額料金を払うほどでなければこんなサービスも
格安SIMの通話料金に悩んでいたので楽天でんわを使ってみた
格安SIMの利用者で通話料に悩む人に楽天でんわをおすすめします。通話料が半額になるばかりか、基本料金も掛らないため、使った分の料金支払いで済みます。
スポンサーリンク

デメリットが許容できるなら格安SIMはやっぱり安い

格安SIMのデメリットとしてあげたのはこちら。

格安SIMのデメリット
  • 店舗がないためにトラブルに対応できない
  • 通信速度が遅い
  • 機種などは自前で準備する必要もある
  • 通話料が割高
  • LINEの年齢認証が突破できない・・・などなど

通信速度は確かに遅いですが、LINEやSNSの閲覧といった程度であれば問題ありませんし、なんならテザリングを掛けてブログの更新だってできます。

でも通信速度が気になれば街のWi-Fiを利用するためにこんなアプリをつかってみるのも一つの方法。

格安SIMにもお役立ち。フリーWiFi接続アプリ「Japan connected-free Wi-Fi」
格安SIMにはしたいけど、通信容量とかスピードが心配っていう人は必ずいると思うんですよ。そ~続きを読む~

通話料なんかはLINE通話を使えば無料だし、年齢認証ができなくても相手に知らせる方法が皆無なわけではありません。

LINEのID検索が出来ない格安SIM利用者が友達追加してもらう方法
通信費にあたる携帯料金は圧倒的に安いのですが、ID検索が出来ない格安SIM。今回はID検索でなくても友達追加をしてもらえる方法を書いてみました。友達追加が可能ならLINE通話で通話料も節約できる可能性が高いですね。
ジロ
ジロ

なのでデメリットをデメリットと感じない人もいると思います。

こちらは我が家の通信量をまとめたもの。

UQモバイル1,631円
IIJmio1,576円追加SIM
OCN モバイル ONE1,323円Musicフリー追加
ビッグローブ1,628円エンタメフリー追加
楽天モバイル無料1G未満運用
ジロ
ジロ

これだけの端末が6,000円そこそこで運用できるのは正直大きいです。

スポンサーリンク

格安SIM最大のデメリットは子どもたちの世界にも通用するか?

私としては息子たちがこのまま黙って格安SIMの入った端末を使い続けてくれれば万々歳です。

でも子供たちの世界って、やれiPhoneだ、通信速度が遅いだなんていう会話が出てくると思うんですよね。

その年頃の頃って妙に仲間意識強かったりするし、もしそれが原因でいじめだ仲間外れだという元になるのであればこのまま使い続けるわけにもいかないと思います。

なのでその時はその時に考えるとしても、出来ればこのままおとなしく使い続けてほしいなぁと思ってます。

いずれにしても格安SIMってデメリットもある中で安さという最大のメリットもあるので、それが許容できるのであればきっと家計費の中でも一番効果が大きいといわれる固定費削減に大きく貢献してくれるので、難しいと思わずぜひ挑戦してみてくださいね。

▽携帯料金の見直しをしました

通信費の見直し!格安SIMに音声通話ごと乗り換えたら携帯料金はいくら節約できる?
2年縛りから解放されて家族全員を格安SIMにMNPしました。通話に関する心配も以前より解消され、LINEのID検索できないという弱点も克服しました。もちろん通話料的にも今のところ不安を感じず過ごせてます。

今後使ってみたいMVNO紹介してます

UQモバイルから3GBが1,480円から使える「くりこしプラン」が登場
UQモバイルから新プラン「くりこしプラン」が登場。3GBが1,480円から使えるプランで、携帯各社の20GBもいらないよという人にはぜひ候補に。
ブログ村に参加しています

読者登録していただけると嬉しいです

ジロろぐ - にほんブログ村

ブログランキングに参加しています

PVアクセスランキング にほんブログ村

スポンサーリンク
フォローする

2008年ごろからFXで資産運用を開始、2015年のロスカットを機にして投資手段を見直して端株投資に行きつく。
すでに失敗することのできない年齢であることから、株式やインデックスを使って着実に資産運用を行う。
詳しいプロフィール ≫ こちら

フォローする
スポンサーリンク
ジロろぐ

コメント

タイトルとURLをコピーしました