格安SIM5年目。もうキャリアのスマホには戻れない

格安SIMのメリット 格安SIM/通信費

最近、トラブルを含め格安SIM絡みのニュースが多いです。

たまに気にして最近のMVNO業者さんのHPとか見るんですけど、すでに業者が乱立しててわけわかんないですね。

この中から選べと言われてもそりゃ無理だ。

なので、格安SIMには「興味があるけど、どうもね~」という人のために、5年分の経験談と、これからの私が選ぶかもしれない格安SIMの選択肢をいくつか上げてみたいと思いますが、まずは私体験談から。

スポンサーリンク

格安SIMの体験談

使用中のIIJmio

大抵携帯をキャリアで機種変更をしたときには「この先の2年間割引きしますよ」っていうサービスがあったりして、意外と高くない、むしろコスパを考えるとその方が安いというケースもありますけど、そうなると2年後には通信料が跳ね上がり・・・気付けばキャリアから離れられないというサイクルが出来あがってしまいます。

もっと悪どいのが、プランの契約更新の時期と、携帯の分割支払い満了時期のずれだったかで、結局違約金を払わなければキャリアの縛りから逃げられなかったのです。

以前からそれがどうしても嫌で、ある時こういうものの存在を知り今に至ります。

 

当時は妻が反対・・・というか賛成ではなかったのですけど、携帯料金がこれだけ下がってるので、今では廻りのママ友なんかにも言ってるみたいですね。

 

さて、前フリが長くなりましたが、うちはIIJmio(みおふぉん)で900円のミニマムスタートプランを利用しています。

1カ月3GBで残った通信料は翌月持ち越しが出来ますので、最大通信量としては理論上6Gということになります。

スマホとは違うのですが、ガラケーでauのプランSSシンプルという900円ぐらいの携帯を持ってますので、併せて1人月1900円ぐらいをこの4~5年支払ってる感じですかね。

目標は1人携帯料金2000円以下です。

2台持ってる理由を後述のデメリットで書きたいと思います。

どう選ぶ格安SIM

格安SIMの選び方

 

格安SIMはどれだけ安い?

安い安いとは聞くものの、どれだけ安い?というのが一番聞きたい本音のとこでしょう。

最安値は0円です。

0円?って思った人が一人でもいたら嬉しいです。

タダです。

nuroモバイルが出してる0sim(ゼロシム)っていうシムなんですけど、その代わり500MBまでしか使えません。

な~んだ、そんなんじゃ何もできないじゃん?って思うでしょ?

意外とそうでもないんです。

もちろん自宅にWiFi環境があるのが条件ですけど、外出先でのメールチェックやLINE、ウェブを使った調べ物ぐらいだったら全然問題ないです。

実は我が家には2台0simを入れた端末があります。

自宅で運用してるタブレットと息子のスマホ。

基本的には自宅でしか使いませんが、たまに外に持ち出してナビにしたりと活躍してます。

ちょっと興味を持っていただけたでしょうか?

そもそもMVNOって?格安SIMって?

格安SIMの疑問

MVNOっていうのはMobile Virtual Network Operatoの略で仮想移動体通信事業者と呼ばれます。簡単に言うとドコモやau、最近ではソフトバンクから電波を借りてサービスを提供してる会社です。

たとえが正しいかどうか分かりませんけど、最近の電力自由化みたいなイメージでいいんじゃないかと思ってます。実際には各電力会社の電線を使って電力を小売りしている訳ですから。

他にも第二電電(現:KDDI)とか言って電話番号の前に0088とか0033つけたら市外通話が安くなるみたいなサービスを覚えてる人は多いことでしょう。

で、その業者が提供しているのが格安SIMと呼ばれているだけ。実際のSIMにはdocomoとか書いてあったりしますけどね。

格安SIMで誰でも安くなるの?

そうですね、基本的には多くのケースで安くなるとは思いますが、一度ご自分の通信料をチェックしてみてください。

アンドロイドは「設定>データ使用」でご自分の使用量が見られるはずです。

iPhoneは同じく「設定>モバイルデータ通信」という手順で見られるそうです。

で、それを見てもらって一般的に一つの目安になるのが3GBです。

これを下回っているとデータ通信専用なら基本料900円、通話SIMとすると1600円ぐらいから運用することが出来ます。

基本的には安くなることは間違いないと思いますけど、一度ご自分がどれくらいの通信料を使っているのか、それに対して格安SIMだといくらでサービスを受けられるのかという比較はしてみてもいいと思います。

ちなみに私は7月434MB、6月646MB、5月659MBでした。私は車通勤ですので、移動中携帯を触ることはないですし、自宅にはWiFiがありますからあまり使ってないのが現状ですね。

これが電車通勤とかで動画を見たりゲームをしたりということがあるとさすがにこういう訳にはいかないかもしれませんね。

あと、まだ月間のデータ通信量が1GBだったころは、職場のノートパソコンからUSBで自分用にWiFi飛ばしてました。

今後使ってみたいMVNO業者

MVNO業者さんはもの凄く増えましたけど、その中でもいいなぁと思うのが

  • BICSIM
  • LINEモバイル
  • mineo

ですかね。

BICSIM

まずBICSIMですけど、BICでピンと来た人もいるかもしれませんけど、ビックカメラが提供してるSIMです。

基本IIJmioのシムなんですけど、「wi2 300」っていうWiFiスポットの一部が無料で利用できます。

公衆無線LAN Wi2 300、Wi-Fiソリューションを提供 株式会社ワイヤ・アンド・ワイヤレス
Wi-Fiサービス Wi2 300は日本全国の公衆無線LANエリア(スターバックス、マクドナルド、空港、バス等)でご利用可能。ノートPC、iPhone、Android 等のスマートフォン、iPad などのタブレットで気軽に300Mbpsの高速ネット接続が可能!

上記のURLからエリア検索が出来ます。

データ専用シムで3Gまでのプランで900円、SMS付で+140円掛ります。

料金的には一緒でWiFiスポットが無料で使えるので、IIJmioよりはこちらの方が個人的にはおススメじゃないかと思ってます。

LINEモバイル

ご存じLINEのSIM。

格安SIMの欠点がLINEの年齢認証が突破できないところです。

厳密にはfacebookのアカウントとかでクリアできるという話ですけど、このLINEモバイルであれば年齢認証が必要ありません。

ここの最大のメリットは、LINEでの通話とかビデオ通話なんかしても通信量をカウントされないところです。

以前はあまり評判も良くなかったようですが、最近では多くの人が家族用にLINE通話を利用しているようですね。

あとプランによってはツイッターやfacebook、インスタなんかもカウントされないプランがあります。

データ通信で1G 500円からと安いのですけど、実際1Gはちょっと少ないかなぁ・・・

3GBですとSMS付で1110円~になります。

mineo

こちらのmineoはTVCMとかも「今までの常識、これからの常識」ってやってますから、ご存じの方も多いかと思いますけど、auSIMを使った一番最初の業者だったと思います。

auだとdocomoの白ロム端末より安いというメリットがあったのですが、最近の動向を見てないので変わらないくらいになったかもしれませんね。

auSIMを使った業者は最近増えましたから当初言われてた通信速度の面のメリットは薄れたかも知れませんね。(すぐ下のデメリットの回線速度のところで後述します)

格安SIMのデメリット

格安SIMのデメリット

回線速度

いくらdocomoやauの回線を借りていると言っても、まったく同じだとdocomoやauのユーザーが怒ってしまいますよね。

俗に言われているのが、回線の通信集中が起きる時間帯には回線速度が遅くなるというデメリットです。

サイトの読み込みに時間が掛ったり、多分動画だとテキメン遅れたりするかもしれません。

auのシムだとdocomo系の利用者数に比べて利用者が少ないので、通信速度への影響が少ないと言われてました。(真偽不明)

私の場合そもそも初めてスマホを持ったのが格安SIMだったので、正直あまり分からないというのが本音ですけど、確かに街中へいくと郊外に比べるとその影響はあるような気がしました。

通話料

2台持ってる理由です。

格安SIMには家族間通話が高いというデメリットがあります。うちはauのガラケー3台ですが、家族間の通話は無料です。

妻が義父母(妻の両親)に電話する時には家族間通話が無料の方がありがたいのです。

最近は5分間通話料無料とか出てきてますけど、そういうオプション付けちゃうと2000円超えちゃうんで・・・

ここがクリアできたら1つにします。

今のままでも一つに出来る気になってる端末がありますがまたの機会に。

auの通話SIM対応のDSDS機「g07++」登場で脱2台持ち

通信量の壁

通信容量を追加購入は出来ますけど、無料WiFiをうまく使うのは決して悪いことじゃないと思いますね。

格安SIMにもお役立ち。フリーWiFi接続アプリ「Japan connected-free Wi-Fi」

私の中でいちばん代表的なのはセブンイレブンで無料で提供されているセブンスポットです。

BICSIMの項目でも書いた「wi2 300」とかはWiFiスポットは多いんですけど、基本有料なので、それだけにBICSIMは900円でありながら一部のスポットが無料で使えるのはありがたいです。

ただ通信量を消費しないだけで、速度的なものはあまり期待し過ぎない方がいいです。

以前、北海道へツーリングに行った時は、スマホもまだ3Gのスマホだったので、スマホで撮った写真をセブンスポットのWiFi使ってドロップボックスへアップロードして他の人に共有掛けてました。

iPhone

格安SIMではiPhoneの入手が難しい

iPhoneやiPadなんかも最近の物ではシムロックが解除出来るみたいですけど、少し前のはロックが解除出来なかったので、白ロムで格安SIMを使うことは出来なかったみたいですね。もちろんSIMフリーiPhoneは別です。

どうしてもiPhoneにこだわるのでしたら、今のキャリアのままMVNO業者に持ち出すとしても、将来的には高い端末を買うことになるかもですね。

端末のトラブル

今ニュースなんかで取り上げられるトラブルで一番多いですよね。

端末が壊れた時の代替機とかの相談。

最近は端末を扱って保険を付けることも可能ですけど、MVNOの業者って回線の使用料を売ってるだけです。

端末が壊れた時には自分で新しい端末を買うとか、修理に出すなどの手段が必要になりますし、代替機というサービスは今のところ聞いたことがないです。

逆にそのためにここまでうちは2台持ちにしてたのですが。最悪通話できるし。

まとめ

いかがでしょうか?

別にMVNO業者の回し者ではありませんが、正直私は過去に長距離電話の使い過ぎ(Q2じゃないよ)で電話代が凄いことになって生活が苦しくなったことがあるので、通信料にお金を払うのは嫌いです。

そんなお金があったらそれこそ投資資金の足しにしたいくらいです。

夫婦で一人7,000円として14,000円。MVNOで一人2,000円だったら月4,000円で1万円浮いちゃうんですから。


▽これだけ安くなれば満足じゃないでしょうか

家計の固定費を節約するなら格安SIMで通信費を大幅にカット
MVNO業者が非常に増えました。格安SIMは安いばかりでなくデメリットもありますので、上手にバランスとって利用したいものです。格安SIMを使うとガラケー、タブレット含めて端末8台でも料金はここまで節約に

▽自分にあった端末を選んで安く済ませましょう

格安SIM歴5年目の私がスマホの端末に支払った値段
当時格安SIMを利用するには自分で端末を準備する必要がありました。今では多くのMVNOで端末の取り扱いが増えましたし、Zenfoneやファーウェイといった中国系端末の信頼度も高くなってきました。ここでは私が今まで手に入れてきた経緯や手に入れるために費やした費用について紹介します。

▽UQモバイルにも安いプランはあります

UQモバイルで格安SIMならではの契約の縛りがないプランを検討
契約期間の縛りのない格安SIMを選ぶなら、UQモバイルは外せません。ただし、プランの変更が出来ないケースもありますのでその点は慎重に行って欲しいと思います。通信速度や評判をまとめてます。

コメント