株価下落時には端株投資で計画的にナンピンを

単元未満株
スポンサーリンク

下がったら買い下がるというナンピンは時に「下手のナンピンスカンピン」と言って、逆に損失を増やすというデメリットもあります。

でも、私はこれまで端株投資においてはナンピンこそがメリットと思って、今まで続けてきました。

そこでナンピンをする際の事と、端株投資に合う銘柄というのを少し考えてみたいと思います。

ネオモバイル証券が開業し、これから端株投資をしていこうと思われる方には一緒に考えて見てほしいと思います。

スポンサーリンク

まずは自分の資産とリスク資産のバランスを見直しておこう

まずはご自分の生活資金となる無リスク資産がどれくらい必要なのか、資産運用に充てられるリスク資産がどの程度あるのかのバランスを把握する必要があります。

まずは何があっても生活が確保できるお金というものは一番大事です。

生活防衛費の入った器を大きくしよう
生活する上で月の収入に対して日々の支出ということは意識されていると思います。計算しやすく、~続きを読む~

そうでないと経済ショックが起きた時に、せっかく手にしたリスク資産を手放すことになりかねませんからね。

その上でリスク資産に充てられる銘柄を選定していきます。

端株投資に向く銘柄

成長が期待できる銘柄と配当目的の銘柄

端株投資に向く銘柄は、一つには成長が期待できる銘柄です。

今で言うとAI関連とかロボット、自動運転といったジャンルは期待できるんじゃないかと思います。

これは売却によるキャピタルゲインを目的とします。

それともう一つが配当目的の銘柄。

優待はないけど高配当で業績も安定的といった銘柄が一番の理想でしょうけど、そんな銘柄があったら教えてほしいです。

配当は単元株であっても、端株であっても配当単価は同じです。

100株30万円の銘柄の株主でも、10株3万円の端株の株主でも同額もらえます。

つまり投資額に対する配当利回りは変わらないのです。

私の保有する銘柄ですと、ERIホールディングスアサヒホールディングスなんかは端株のまま配当だけ受け取ってます。

株主優待銘柄はおすすめしない

端株の株主であっても、保有株数が株主優待に該当する株数に届けば株主優待を受け取ることが出来ます。

私の保有する銘柄ですとヤマダ電機KDDIJTなどが該当します。

なぜおすすめしないか?というと、優待に必要な株数に達しないと優待がもらえませんので、計画的なナンピンが出来ないからです。

ジロ
ジロ

どうしても優待を受け取りには基準日までに単元株化しておく必要がありますからね。
つい欲張っちゃいました^^;(テヘペロ)

ナンピンするタイミングと注意すること

KDDIの株を単元化した時に感じた反省点を踏まえて、現在は色々試案をしているところです

端株でKDDIを単元株化、一方でナンピンの買い付けの方法に反省点も
携帯電話の脱キャリアを果たした時に宣言していたKDDI株の単元株化。ナンピン前提ではあったものの、その買付単価を見ていると反省点も見えてきました。

銘柄ごとに許容リスク資産内でナンピンすること

投資の方法として端株という手段を使う人にとってみると、1銘柄につぎ込める額というのはさほどないのではないかと思います。

なので、無理にナンピンしていくと、せっかく下がった他の銘柄が買えないという事態にもなります。

またナンピン前提で銘柄を買う場合には、株価下落を見越して保有数を少なめに調整しておく必要があります。

▽個別株ではなく、こういった高配当銘柄のETFを買い集めるのもよいかもしれません。

個別銘柄の株式投資が怖いという人におすすめの日本の高配当ETF
どんな高配当株の個別銘柄でも、企業の業績によって株価下落の影響を受けます。その反面高配当ETFだとある程度限定的な下落で済む場合があります。ただしデメリットもありますのでよくご検討のうえPFに組み入れてみてはどうでしょうか。

平均単価を下げるようなナンピン

下落する株価を思わず買うとますます下がるから、落ちるナイフを掴むなとよく言われますが、つい掴みに行きたくなる気持ちは分かります。

ナンピンのいいところは平均単価を下げられるところにもありますしね。

こちらは一つの例です。

株価下落時に、同じように25株ずつ買っていくと、平均の取得株価は850円となります。

ところが下落するごとに10株ずつ増やしていく右のパターンだと平均取得株価は800円まで下げることが出来ます。

仮に800円を拾って上昇に転じても、優待銘柄でない場合には60株分の配当を受けることが出来ます。

まとめ

端株投資のメリットは、時間や銘柄を分散できることにあります。

もちろん、資金が豊富で単元株で買える人には何のメリットもないかもしれませんが、資金量の少ないつもり貯金やお小遣い投資をしているサラリーマンにはとってもおすすめです。

せっかくのサービスなのでうまく利用して資産運用をしてみませんか。

おこづかいで投資するには最適な、端株投資に関するおすすめ記事一覧
当ブログ内の端株投資に関する記事を集めました。

▽受け取った配当は再投資をして、さらに配当を増やしましょう

端株投資のメリットは配当金を再投資して複利運用出来ること
端株投資というのは手数料こそ掛りますが、配当だけでも株を購入することが出来、再投資しやすいというメリットもあります。再投資して複利運用というのは意識しておきたいところです。

▽端株投資には実質無料で行えるネオモバイル証券をおすすめします

Tポイントで端株投資もできる証券会社「ネオモバイル証券」
Tポイントを使って株式投資ができるSBIネオモバイル証券が誕生しました。NISA口座は開設できないとのことで、楽天証券でつみたてNISA+株式投資の際に使い勝手の良い口座になるのではないでしょうか。

▽株価下落の時は怖くなるものですけど、きっとこの記事にはヒントがあるはずです。

どうすればいい?株価が暴落した時に投資に対するメンタルを維持する方法
投資を行う上で心配なのが株価をはじめ相場の急変です。特に株価が連日暴落するととても気が気ではありませんが、ぜひそこは乗り越えていきたいと思います。リーマンショックを経験して感じたことを書いています。
投資に関するおすすめのまとめサイト

投資やお金に関する情報に限定されたブログ記事が集まっています。多くの有名ブロガーも掲載されており必見です。

スポンサーリンク

40代サラリーマン、3人の子持ちです。少ない小遣いの中で端株制度を利用して資産運用してます。
詳しいプロフィールはこちら
お問い合わせ

フォローする
単元未満株
スポンサーリンク
フォローする
Jiroの端株投資奮闘記

コメント

タイトルとURLをコピーしました