UQモバイルの格安SIMならではの隠れたプランを検討中

格安SIM/通信費

auの2年縛りの解約月に入ってます。

この解約月にてまずは自分の分を脱キャリアし、IIJmioに通話ごとMNPしました。≫auをMNPで脱出して、端株投資中のKDDI株の単元株化を目指す

もともとガラケー自体必要ないくらい通話としては利用してない携帯でしたし、2台が1台になったこともあり快適です。

IIJmioを選んだ理由はすでに利用中であったこと、Zenfone4カスタマイズモデルを購入できること、月のデータ通信料が少ない私にはIIJmioのエコプランが最適であると感じたからです。

スポンサーリンク

UQモバイルはキャリア系のMVNO

UQモバイルやY!モバイルはMVNOとは言いながら、IIJmioなどの非キャリア系の業者とは別で、auやソフトバンクの恩恵を受けていると言われています。

実際に総務省の検討会でも他のMVNOからの不満が出ているようですね。

通信速度

じゃあ、実際どれくらい早いのでしょうか。

ほぼ同時刻、同じ場所で速度測定をしてみました。

2018年2月6日 12時02分

IIJmioUQモバイル
下り4.21Mb29.97Mb
上り4.78Mb10.56Mb

正直段違いの速度です。

他社から不満が出るのも分かる気がしますが、機種の性能の影響など諸条件により速度は異なります。

料金プラン

恐らく多くの方がご存じのプランはこちら。

UQモバイルのおしゃべりプランとぴったりプラン

某3姉妹としてやってるあれです。

こちらのプランは2年縛り&自動更新になるやつです。

 

ただ、私が考えてるのはこのプラン。

UQモバイルの隠れた格安プラン

こちらはデータプランでしたら違約金はなし。

音声通話プランでも1年経てば違約金は発生しないプランで、純粋なMVNOと同じようなプランです。

IIJmioやmineoに比べると80円高いです。

データ無制限プラン

UQ mobile データ無制限プランですと送受信の最大が制限されます。

LINEやメール、ネットの検索程度だと使えると思いますけど、さすがに動画とかになると辛いと思います。

UQモバイルのデメリット

本来UQモバイルの売りたいプランではないんだと思うんですけど、このプランを選ぶとデメリットも生じます。

データ容量の上限が3Gまでしかない

私たち親が使うのであれば今までの実績から考えても十分な通信量です。

ただ、子供が今春高校生となってスマホを外に持って歩くようになった時に、この通信量では少し不安があるかなというのが今の悩みです。

まあWi-Fiスポットを上手に使ってもらうしかないかもしれませんけど。≫格安SIMにもお役立ち。フリーWiFi接続アプリ「Japan connected-free Wi-Fi」

追加容量を購入しようとすると500Mで500円と割高

3Gプランしかないのに、データ容量を使い切って追加しようとすると500Mで500円と、どう考えても割高な事です。

他社だと来月から6Gというプランの変更も出来ますけど、UQモバイルのこのプランの場合、データ通信量を追加するしかないんですね。

もっとも使い過ぎた分は自分の小遣いで買えというスタンスでも問題ないかもしれませんが。

通話料が高い

これはUQモバイルに関わらず、他社のMVNOでも同じ30秒20円です。

ただ、他社ですとかけ放題のオプションが付けられるんですが、UQモバイルにはそういったオプションはありません。

あくまで通話も必要な人は2年縛りの自動更新というプランに加入してくださいというスタンスです。

プラン変更

思ったより通話が必要となった時にはプランの変更が出来ます。

下図の1番のように、おしゃべりプランとぴったりプランでは相互でプランの変更が出来ますし、2番のようにデータ通信量の違いによっても変更は可能です。

ただ、3番。

UQモバイルのプラン変更の注意点

私が入ろうとしているデータ通信に音声通話がついたプランですと、一度おしゃべりプランなどに変更したら逆には戻れないんです。

つまりこの時点で2年縛りの自動更新という緊縛プレイの完成です。

意外と対応機種が少ない

au回線のせいか、UQモバイルで動作確認がどれた端末が少ないです。

RAMが4Gという事にこだわって端末を探そうとすると、もちろん予算ありきですけどファーウェイのnova2くらいしか選べないのです。

UQモバイルでも使用可能!DSDS対応SIMフリー機Zenfone4SeliePro到着

UQモバイルのメリット

速度

冒頭でも触れましたけど、UQモバイルのメリットは何と言っても速度です。

他社からも不満が出てるように、同じMVNOとしてはUQモバイル、ワイモバイルは別格扱いです。

例えば子供が同級生と外で動画を見るといったことをした時に、お前の遅いなぁなんて言われてもかわいそうかなぁと。

ただ、現状私の使ってるIIJmioで動画が見られない訳でもありませんし不満があるわけでもありません。

ただ、比べたら速度の違いってあると思うんですよね。

つながりやすさ

MVNOの不満の中に多いのはつながりやすさ。

車の移動が主で休憩中にスマホを利用する私たち親と違って、学校帰りなど集中する時間帯だとつながりやすさに定評のあるUQモバイルやワイモバイルのメリットは大きいと思います。

まとめ

私にとってMVNOのいいところは2年縛りなどの契約による拘束が発生しないことです。

端末代金が割高になりがちというデメリットはありますけど、最近はZenfoneやファーウェイの端末の信頼度も上がってきましたから、無理に高い国産の端末にこだわらなくてもいいなぁって思ってます。≫Zenfone3と比較したけどZenfone4カスタマイズモデルをIIJmioで買いました

スポンサーリンク
スポンサーリンク
格安SIM/通信費節約
スポンサーリンク
フォローする
スポンサーリンク
Jiroの端株投資奮闘記

コメント