増え続けるパスワードを簡単に管理するアプリKeePass

増え続けるパスワードにkeepass

ネットサービスを利用すると増え続けるIDとパスワード。

お困りではないですか?

サイトが聞いてくるのも、IDとして聞いてみたり、メールアドレスと聞くものだったりしますし、パスワードも何文字以上、何文字以内、大文字含め、数字を入れて・・・などサイトによってまちまちです。

そんなIDとパスワードを一括の管理してくれるこのアプリ。

使い始めて数年経ちますけど、今では必須のアプリとなりましたのでご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサードリンク




増えるネットサービスとパスワード

IDやパスワードを必要とするネットサービス、どんなものを利用されていますか?

例えばネットバンキングやネット証券、SNSなど様々です。

いろんなサービスにIDやパスワードを必要とします。

大変なのが、建前上はパスワードの使い回しが出来ない事です。

多くの人がある程度使い回しはされていると思いますけど、それでも冒頭に触れましたような大文字を含めなさいとか、数字を入れなさいとか文字数の制約があるので困るのです。

IDとパスワードの管理方法

さて、そんなネットサービスを利用する際、どんな形でID何かを管理されてますか?

人によっては紙に書いて手帳に挟むとか、テキストやエクセルファイルでドロップボックスのようなクラウドに入れるという人もいると思います。

もちろんID管理のソフトやアプリを利用されている方もいらっしゃると思います。

どれが正解で使いやすいという訳でもないかと思いますけど、とりあえず私の愛用しているこちらのアプリを紹介したいと思います。

もちろん先日購入したZenfone4カスタマイズにもインストールしています。

Zenfone3と比較したけどZenfone4カスタマイズモデルをIIJmioで買いました

パスワードを一括管理してくれるアプリ「KeePass」

KeePassは、安全な方法であなたのパスワードを管理するのに役立つ無料のオープンソースのパスワードマネージャです。 1つのマスターキーまたはキーファイルでロックされている1つのデータベースにすべてのパスワードを入れることができます。 したがって、データベース全体のロックを解除するには、単一のマスターパスワードを覚えておくか、キーファイルを選択するだけです。 データベースは、現在知られている最も安全で最も安全な暗号化アルゴリズム(AESおよびTwofish)を使用して暗号化されています。

引用:KeePass 翻訳ページ

要するにパスワード一つですべてのパスワードを管理してしまおうというサービスです。

最近は何でもアプリという表現してしまいますけど、パソコン版からもスマホ版からも無料で利用できるサービスです。

しつこいようですが、一つのパスワードですべてのID、パスワードを管理できます。

KeePassの仕組み

KeePassを使うと、「.kdbx」という拡張子を持つパスワードのデータベースが作成されます。

それを開く時に必要になるマスターキー、唯一これだけ覚えておけば、あとはこのサービスで様々なサイトのIDとパスワードが管理できます。

さらにそのデータベースをクラウド(私はドロップボックスを使用しています)上に保存することで、スマホからでもパソコンからでも同じファイルを共有することが出来ます。

このクラウド上に保存するメリットとしては、パソコンとスマホどちらからパスワードを追加しても、同期を掛けて常に最新のデータを利用できることです。

keepassのデータベースをクラウドに保存するメリット

画面(PC)

マスターキーを使ってソフトを立ち上げるとこのような画面が出てきます。

keepass使い方の画面

左にはグループと呼ばれるフォルダ、右にはその中に含まれるパスワード類が入っています。

そのうちの一つを開くとこういった画面が出てきましてIDとパスワードが確認できます。

keepassのパスワード確認の仕方

実際にはパスワードは・・・で伏せられていますが、パスワードの右側にある・・・ボタンを押すことで文字列を表示できます。

パスワードの作成

新しいサービスを利用しようとした時に「会員登録のためパスワードを考えるのが億劫で、サービスの利用をやめた」という経験のある方は少なからずいらっしゃるのではないかと思いますが、このサービスを利用するとその心配がなくなります。

上の「もう一度」いう欄の右側に、鍵が光ったようなアイコンがあるのが見えると思います。

そちらをクリックするとパスワードの作成が出来ます。

こちらがその画面です。

作成するパスワードの文字数や大文字小文字の有無、数字や記号など設定すること出来ます。

keepassでパスワードを作成する

上の条件で作られたパスワード例がこちら。

keepassで自動作成されたパスワード

「設定」と「プレビュー」の間にある高度というタブでは、Iとl(Lの小文字)と1、0とoといった似た文字を排除するような設定だったりできいます。

KeePassを使い方

keepassの用語

keepaaを使うにあたって用語を2つほど理解しておくととっつきやすいと思います。

keepassの使い方と用語

パスワードのファイルとなる「エントリー」、そしてそれをグループ分けする一般的にフォルダという概念の「グループ」という用語です。

なので、私の場合「ブログ」というグループの中にはwordpressだったり、サーバーやドメインといったサービスのエントリーを入れていますし、クラウドというグループの中にはドロップボックスやグーグルドライブといったエントリーを入れています。

keepassのインストールと日本語化

2018年3月の時点で最新バージョンは2018年1月9日にリリースされた2.38です。

下記のリンクからダウンロードしてインストールを行います。

本体

さほど難しい操作が必要なソフトではないので、なんとなく英語の雰囲気で分かると思いますが、日本語化するソフトも日本人の方が作ってくれていますので、こちらのサイトから日本語化するファイルをダウンロードしてkeepassのフォルダに入れます。

日本語化ソフト

すでに私は言語を変換してますが、表示(英語ではView)からChangeLanguageを選び、言語ファイルを選択したら日本語表記になります。

Keepassの日本語化

忘れたら大変!マスターキーの救済措置はない

ただ一つだけ注意して欲しいのは、このソフト自体を立ち上げる際マスターキーが一つ必要になるのですが、このマスターキーが分からなくなった時の救済措置はありません

私も以前、どうしても開かなくなったことがあり、結局一回消えてしまいました。

他のウェブサービスはメールアドレスで再設定とか出来ますけど、良くも悪くも本気で救済措置がないのでこれだけは注意です。

消して以降、再設定したのが2013年ですから、それ以降は無事に利用してるみたいですね。

まとめ

エントリーにログインページを入力することで自動ログインなんかも出来るのですが、以前別のソフトで逆に手間だった経験から、私はそこまでは利用していません。

大体普段利用しているところは覚えているので特に必要とはしていませんが、使用頻度が少ないサイトなどや、一定期間でパスワードの変更を求めてくるサイトもありますから、やはりこのkeepassを重宝しています。

▽こちらも重宝しているサービスの一つです

お薬手帳にプリント整理、今さらだけどEVERNOTEの使い勝手が便利すぎる

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク




スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする