iDeCoに興味のある若者はぜひ前向きに検討して欲しいと思う

このブログにたどり着いた方は何かしら投資に興味があったり、老後に関して不安を感じてる人でしょう。

実際、年金の制度自体がすでにおかしくなってますから、公的な年金だけに頼るのではなく、自分で年金を作る「じぶん年金」が必要な時代になってます。

じぶん年金を作る一つの手段がiDeCo

いずれiDeCoについてまとめてみたいと思ってますが、iDeCoのメリット、デメリットについて触れてみたいと思います

iDeCO最大のメリット

iDeCoは掛け金が全額控除になるため、住民税や所得税を減らすという事が可能です。

どれくらい減税になるかというと、住民税だけで月5,000円で年60,000円の掛け金でその1/10に当たる6,000円が減額されます。

月に換算するとたったの500円ですが、ひと月分の掛け金以上の減税効果というものは大きいと思います。

iDeCo最大のデメリット

これは60歳まで資金が拘束される事でしょう。

結婚や住宅購入といった費用が必要になる際も、掛けたお金が出せないというのはデメリットとしか言いようがありません。

ただ、この制度自体がじぶん年金という趣旨のもである事から仕方がない面もあります。

なぜ若者にすすめたいのか

私が就職して間もない20代だった頃、一人暮らしだったこともあったし、資格の学校へ行ってたこともあって月々の生活はギリギリでした。

何か病気でもすればすぐに赤字になるような生活してましたので、自分自身が投資というものに気付いてアクションを取り出したときにはかなりの時間を消費してしまっていたのです。

なので時間という武器を有効に使って、20代で投資をしている人、してきた人って凄いと思うし羨ましいと思うんですよ。≫つみたてNISAとiDeCoの運用商品の比較

若いうちに先取り貯金の習慣をつける

よくお金を貯めるには「収入から貯蓄を引いた中で生活しなさい」という先取り貯蓄を勧められると思います。

iDeCoは貯蓄じゃないんで必要な時に現金化できないということはあるんですけど、強制的に引かれてしまうという事は逆に言えばメリットだと思うんです。

生活費の中で生活する方法を身につける

次に、先取りされたから生活ができない・・・という事では先々が困るんです。

結婚して共働きの時は良くても、出産の時期は一時的に1馬力となるわけですから、必然的にお金のやりくりが困難になります。

子育て時期に入ると学校だ、進学だとお金が掛かるようになると生活費の中から新たに投資資金を捻出するのは困難です。

「先取り投資した中でさらに生活をやりくりする」という事を身につけ習慣つけるには先々の事を考えても若いうちのほうがいいです。

配偶者が必ずしも投資に理解があるとは限らない

多分今iDeCoに興味があってはじめるような人は、こういう配偶者は選ばないんじゃないかとも思いますが、そうはいかないのが人の縁というヤツでして、結婚してから配偶者の理解を得て新たに投資を始めるというのはなかなか難しい問題です。≫我が家の夫婦間のお金の価値観の違いは結構深刻

その点始めてさえおけば、額を減らしてでも継続への理解は得られやすいと思いますよ。

収入-貯蓄=生活費はもう古い

冒頭に触れましたじぶん年金というシステム。

とてもじゃないですけど、今のすずめの涙のような金利で老後の資金を作るなんて事は無理です。

貯蓄はもとより、投資という手段を使って老後資金を調達するという手段が必要な時代になってます。

ですから、今後は

収入-貯蓄-投資=生活費

という計算式を成り立たせた人が豊かな老後を過ごす秘訣となります。

また投資資金自体は格安SIMの利用なんかを利用する事で、簡単に捻出する事は可能だと思いますよ≫格安SIM5年目。もうキャリアのスマホには戻れない

まとめ

若い人には時間という最大の武器があります。

iDeCoがいいか、NISAがいいかという比較の話はまた別問題としても、投資には時間が不可欠です。

40代になって子供の進学などを控えた自分の家族環境から、資金を捻出してiDeCoということはメリットよりデメリットの方が大きい気がします。

最初は分からない事だらけで面倒なものですけど、ぜひ制度を利用してじぶん年金というものを作って欲しいと思います。

つみたてNISAとiDeCoの運用商品の比較
iDeCoの開設に関しては資料は取り寄せた私。 久しぶりに資料を引っ張り出して眺めてたんだけど、ちょっとばかりびっくり。 つ...
スポンサーリンク
スポンサードリンク




スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク