SBI銀行と楽天証券で積立てていた純金を解除、売却しました

5年ほど前から純金積み立てがしたくて積立てていたのですけど、このたび積立てを解除、売却をしました。

微々たるものですけど、今後このお金を使って楽ラップなどに充ててみようかと考えています。

スポンサーリンク
スポンサードリンク




楽天証券の純金積立

もともと積立てを始めたのは楽天証券の方が先でした。

積立てを始めた頃は株価の回復が見込まれ出したころで、あわよくば金が下がりはじめると感じたことが発端です。

楽天証券で始めた理由は、1000円投信が始まった頃から積立てていた毎月分配の投資信託を持っていたことがきっかけでした。

1000円の積立てではありましたけど、毎月分配で手にするお金が1000円くらいになったことから、このお金は投信に再投資せずに純金積み立てに充てようと考えました。

それと手出しで1000円を準備して、計2000円の積立てを始めました。

下がらない金

そのうちだんだんイライラしてきました。

下がらないんですよ、純金価格が。

株価も上がる、純金も下がらない。

そのうち嫌になって手出しの1000円積立てをやめ、投信からの1000円の積立てに変わりました。

売却した投信

一番分配金で一番ウエイトの高いものはJ-reatでした。

あまりにも好調だったので売ってしまいました。

すると、1カ月の分配金が500円ちょっとになってしまって、毎月1000円の積立額に届かなくなってしまいました。

ところが、楽天証券の純金積立は連続3カ月引き落とし不能にならない限り設定が解除されるないので、そのまま放置して2カ月に1回の積立てをしてました。

まあ、そのうちすべての投信を売却してしまったのですが。

SBI銀行の純金積立Mr.純金積立

純金積立

楽天証券の純金積立の終盤、並行してSBI銀行でも積立てを始めました。

その理由は・・・

スマートプログラムの導入にともなうランクの維持のためです。

「外貨預金の残高+ハイブリッド預金の残高あり+純金積立」の3つでランク3が確保できたのです。

スマートプログラム ランク3

スマートプログラムが導入されたときに一番にこだわりたかったのがランク3でした。

ランク3になると、ATM手数料と他行振り込みが7回無料になるのですけど、ランク2ですとATM手数料が5回、他行振り込みが3回になってしまいます。

それ以前は他行振り込みが5回まで無料だったように記憶してますけど、なんか減るのが嫌だったという理由の気がします。

スマートプログラムが導入されてかなり経ちますけど、ランク2でも十分だったという事に今さら気付きましたので、今回純金積立ともお別れです。

純金積立のデメリット

価格のスプレッド

純金は買付価格と売却価格の差が大きいです。

SBI銀行ですと税込の価格差で85円~86円、楽天証券ですと111円となっています。

私はたまたま時期に恵まれて良いタイミングで売却できたと思いますけど、なかなか大きい価格差がありますね。

純金積立の手数料

SBI銀行のMr.純金積立と楽天証券の純金積立にはもちろん手数料が掛ります。

その額は1000円につき税込25円。(楽天証券では税込2.7%)

たった25円?と思うか、25円も?と思うかは人それぞれでしょうけど、2.5%と考えると決して安くはないですよね。

投資信託の販売手数料2.5%なんて言ったらめっちゃ高く感じますから。

逆に信託報酬のような保有中のコストはないですけど。

純金積立のメリット

毎日積立

純金積立は基本毎日行われます。

毎日行われる純金積立

1000円の積立てであれば営業日で割った金額で自動で積立ててくれます。

さすがに1000円では雀の涙ですけど、ドルコストが効いてるはずです。≫毎日積立という究極のドルコスト均等法は積立NISAでも威力を発揮するのか?

預金とは違った性質のお金

これらのお金は預金とは違った性質をもってます。

それは1000円と言えど一度投資したお金

換金したところで投資に回していたお金なので、遠慮なく投資資金に回せます

まあ、気分の問題ですかね?

金を売却したお金

金融機関 売却額 売却量
SBI銀行 23,887円 4.72357g
楽天証券 51,360円 10.88351g

う~ん、僅かですね。

さて、ここで疑問をもたれたら数字に関してかなり敏感な人です。

両者の金額を売却した量で割ると、SBI銀行が5,057円、楽天証券が4,719円となります。

いくら時間差があったとはいえ、時間差自体1日か2日の事ですから、ここまで変わることはありませんよね。

もともと両者の純金価格の設定には差がありまして、SBI銀行は田中貴金属工業の価格と同じ価格となっています。

安く買って安く売るか、高く買って高く売るかの違いなのでそれ自体は問題ではありませんね。

SBI銀行は純金積立におすすめ

さて楽天証券とSBI銀行の2社を比べた時、手数料や価格のスプレッドでもSBI銀行の方が僅かですが有利だという事が分かりました。

また、上の方でも触れました、スマートプログラムでランクがアップの条件に適合することからも、両社で悩まれた場合にはSBI銀行をおすすめするという事で良いのではないかと思います。

まとめ

今回売却したお金の行き先は冒頭にも触れましたように、楽天証券の楽ラップのような商品を考えています。

ただ、似たような商品も多くあることなので、それにはもう少し慎重に調べていくつもりです。

一度は財布から出ていったお金ですから、よそで働いて帰ってきてくれればいいかと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク




スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする