証券口座以外でiDeCoに加入するならイオン銀行がおすすめ

イオン銀行のiDeCoiDeCo
スポンサーリンク

iDeCoをはじめてみたい、でも証券口座ってなんだかハードルが高いって思われる方っていらっしゃると思います。

そもそも証券口座っていうだけで、投資に対する拒絶反応する人だっているかもしれませんしね。

特にご夫婦だと、ご主人(奥様)がはじめたいと思っても、奥様(ご主人)が投資アレルギーだと、話も進まないでしょう。

なので今回は、証券口座以外でiDeCoがはじめられる金融機関を調べてみたところ、イオン銀行がなかなかおすすめなことが分かりました。

スポンサーリンク

イオン銀行のiDeCo

イオン自体郊外型の大型ショッピングモールですので、車でのアクセスがしやすかったり、買い物のついでに利用している人も多いと思います。

運営管理機関手数料

ネット証券だとこの費用が無料と言うのが一般化されていますが、まだまだ有料の金融機関の方が多いです。

ところがイオン銀行はこの手数料が無料なのです。

また、イオン銀行のiDeCoのホームページ(イオン銀行のiDeCo)を見てみるとお分かりいただけるのですが、直接の運営管理機関はみずほ銀行となっていまして、イオン銀行は受付業務などをおこなっています。

イオン銀行のiDeCoの取り扱い商品

イオン銀行のiDeCoはみずほ銀行が直接の運営管理機関となってる関係で、たわらノーロードシリーズが多いです。

信託報酬の安い商品を簡単にまとめてみました。

ファンド信託報酬
国内国内株式DIAM国内株式インデックスファンド0.1674
国内債券たわらノーロード国内債券0.1512
国内リートたわらノーロード国内リート0.27
海外先進国株式たわらノーロード先進国株式0.216
先進国債券たわらノーロード先進国債券0.1836
リートたわらノーロード先進国リート0.2916
新興国株式DIAM新興国株式インデックスファンド<DC年金>0.5886
新興国債券三菱UJJDC新興国債券インデックスファンド0.5616
バランスたわらノーロードバランス(8資産均等型)0.2376
マイバランス30・50・70~0.2592

運営管理機関がみずほ銀行ということもあって、ネット証券などとは違った「たわらノーロード」シリーズの組み込まれ方です。

※たわらノーロードを運用するアセットマネジメントoneは「みずほFG」と「第一生命HG」が出資して設立されたアジア最大の資産運用会社です。

イオン銀行のiDeCoおすすめのファンド

個人的にはiDeCoに限らず先進国株式は1本持っておきたいと思っていますが、唯一1本だけ選ぶとするとやはりたわらノーロードバランス(8資産均等型)でしょうか。

商品は違いますけど、eMAXISのバランスファンド、8資産均等型もそれなりの成績を残していますし、長期に積み立てるにはよい1本だと思います。

バランスでももっとリスクをとりたいと思えば、マイバランスで株式比率の高い50とか70といったものを選択するのもありかもしれません。

イオン銀行はひふみ年金が扱える数少ない金融機関

2016年に設定されたひふみ年金ですが、イオン銀行は翌年2017年7月3日からひふみ年金の取り扱いを開始しています。

ひふみ年金自体はひふみ投信の販売元でもあるレオスキャピタルワークスも、ひふみ投信、ひふみプラスと全く同じと明言しています。

3つのひふみは、同じマザーファンドを通じて運用を行うため、投資方針や投資銘柄は全く同じです。

引用:レオスキャピタルワークス

▽ひふみ投信についてはこちらも参照してください

積立NISAでも「ひふみプラス」は人気の候補になるの?

ひふみ年金を扱っている他の金融機関

イオン銀行
SBI証券
百五銀行
福岡銀行
北陸銀行住友生命保険相互会社
東海東京証券株式会社
損保ジャパン日本興亜DC証券株式会社
松井証券
マネックス証券

まとめ

数は少ないながらも、ネット証券と違って有人の窓口をもつイオン銀行は、手続きの煩雑さが不評のiDeCoをはじめるにはいいんじゃないかなと思いました。

また取り扱ってる商品自体も、たわらノーロードシリーズがラインナップされてますし、証券口座というものに抵抗がある人にはなかなか良い金融機関ですね。

iDeCOを取り扱うネット証券各社の比較
つみたてNISAと違い、金融機関によって取扱商品の違うiDeCo。ネット証券の取り扱い商品の比較をしてみました。
スポンサーリンク

40代サラリーマン、3人の子持ちです。少ない小遣いの中で端株制度を利用して資産運用してます。
詳しいプロフィールはこちら
お問い合わせ

フォローする
iDeCo
スポンサーリンク
フォローする
Jiroの端株投資奮闘記

コメント

タイトルとURLをコピーしました