住信SBI銀行の年利6%の仕組み預金「コイントス」が償還されました

先月預け入れした、年利6%の仕組み預金「コイントス」が無事償還されました。≫年利では何と6%!! SBI銀行の仕組み預金「コイントス」に挑戦してみました

コイントスとは

SBI銀行で取り扱ってる仕組み預金で、特定日における為替レートが特定レート以上であれば円貨で、特定レートを割り込んでいれば外貨で償還されるというものです。

画像引用先:住信SBI銀行

下の図によりますと、満期日の数日前になる判定日(赤線)に特定レート(水色)を割り込んでいると、その後の為替の動きに関係なく特約レートで外貨にて償還されます。

画像引用先:住信SBI銀行

ですから、判定日にレートを割り込み、満期日に円安(上図では灰色)になっていれば年利6%の利息に加え為替差益も得られる可能性があります。

逆に元本割れをおこすケースとしましては、判定日にレートを割り込み、さらに満期日までに円高(上図では緑色)となっていた場合には満期日より高いレートでの償還となることから、為替差損が生じます。

預金保険制度適用の有無

仕組み預金って怪しげな響きなんですけど、預金保険制度の適応があります。

ただし、外貨で償還された時点で制度の適応はなくなりますので、一応気には留めておいた方がが良いかもしれません。

コイントスに向く人向かない人

コイントスに向く人は、当たり前ですけど償還時外貨になっても問題ない人です。

外貨預金をはじめ、外貨MMFや外国株など、外貨で運用してる人は外貨で償還されても問題ないでしょうから、どちらかでいうと向くとは思いますが、適切かどうかは別問題ですし悩むところです。

向かない人はその逆でして、円貨でお金を必要とする人です。

金利につられてコイントスへ預け入れしたのはいいけど外貨で償還された。大抵そういうケースでは満期日で差損を生じてる可能性が高いものです。(上図で緑のケース)

Jiroのケース

私の場合は、外貨で償還されれば米国ETFを買うつもりでしたし、円で償還されればそれはそれで良しという思いでしたので物は試しにやってみました。

ただ、どちらかというと円貨償還を望んでいましたけど。

円貨で望んでいた理由は、既に毎日米ドルを積み立てている事でして、ドルコスト均等法で買い付けできるこの方法を気に入ったからです。≫SBI銀行での外貨の買い付けを多段式に積立注文を入れてみた

以前も書いてますけど、ドルコスト均等法と複利は投資には必須だと思います。

まとめ

事の発端は「面白そう」という事が一つと、たまたま特約レートが決まる直前で円高に触れていたことで、「このレートで外貨交換できればいいか」といういくつかの条件が重なったのでやってみました。

ただ年利6%で1ヶ月という事は、10万円当たり500円程度の利息でしかありませんし、そこから税金も引かれるわけですから、次にまたするか?という質問には今の段階では「No」ですね。

資金難の私にはドルコストでチマチマやってたほうが性分に合いそうです。

年利では何と6%!! SBI銀行の仕組み預金「コイントス」に挑戦してみました
住信SBI銀行の仕組み預金、「コイントス」に預け入れをしてみました。 仕組預金へのイメージ 実は、以前から高利を謳い文句に検索な...
SBI銀行での外貨の買い付けを多段式に積立注文を入れてみた
SBIの外貨積立を複数設定して、高めの時には少ない金額で、高めの時には多めの金額でという自分自身の設定を作ることが出来ます。簡単かつ手軽に設定できる積立なので重宝してます。
スポンサーリンク
スポンサードリンク




スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク