積立投資と一括投資、聞かれたらどっちを進めるのが正解なのか

投資
投資
スポンサーリンク

先日ツイッターでもこの件はツイートしましたけど、実はその前日にリアル相談を受けたのです。

その相談相手と言うのは息子。

今度二十歳の誕生日を迎えるにあたって、義母から5万円のお祝いをもらったとか。

さらに先日マイナンバーに健康保険証とか銀行口座を紐つけたことによる1万5千円があるため、4万5千円ほどを貯金、もしくは運用に回したいとのこと。

最終的には4万5千円すべてを運用にまわしてみたいと言うことだったのですが、そのとき出たのがこの話。

全部しよっかな、とりあえず3分の1だけにしよっかな・・・

ジロ
ジロ

とりあえず証券口座にさえ入ってしまえば、あとはどういう買い方でもできるぞ

スポンサーリンク

一括投資が有利だとしても、悩んでいる相手に対しては積立投資を勧めたい

私がこの一括投資vs積立投資を初めて目にしてから5年。

たぶん長期的なスパンを考えて、結論からすると一括投資が有利というシミュレーション。

ただ投資というのはお金の増減だけ以上に左右するのが、

  • 投資の経験値
  • 収入と投資に回せる資金の割合
  • リスク資産と非リスク資産の割合

ではないかと思ってます。

市場の平均を目指すインデックス投資なら、ドルコスト平均法で積み立てればいいのでは?
一括投資とドルコスト平均法による議論は多いようですが、急激な下げ相場にはやはりドルコスト平均法のメリットは大きな武器になりますし、「退場をせずに続けられる」そんな投資方法を続けておいてもいいのではないでしょうか。

自ら一括投資を選べるものとは経験値が違う

投資というのはお金が増えることもあれば減ることもあるものです。

自分自身も最初のうちは「何もしてないのにお金が減る」というのは耐え難いものだったように思います。

それが徐々に増えたり減ったり、減ったり増えたりを繰り返しながら、そう言った増減に慣れたという感覚を持ってます。

そもそも「一括投資がよい」と自ら結論付けられる人と、「一括投資と積立投資のどちらがよいか」と悩む人では、決定的に投資経験の差が大きい場合が多いです。

なので一括投資のほうがリターンが高く可能性が高いからという理由ならば、それはあまりにも相手のことを思いやれない無責任な結論付けかなと。

定期的な収入より明らかに大きすぎる額の一括投資

息子の場合にはたかだか4万円から5万円という額ではありますが、彼に定期的な収入はありません。

そのため一度に投資をしてしまうと、今後お金が必要になる場面があってもそのお金を頼ることができませんし、投資したお金を現金化したところで元本を割っている可能性というのはあります。

そういったことを考えると、定期的な収入より明らかに大きなお金というのは一括投資というのは迷うところではないかと思います。

定期的な収入より大きな額の損失を抱えるというのは、精神的な負担が大きいものです。

悩んでいる人に結果論ありきで一括投資を勧めたくない

もし自分が聞かれたら、基本的には積立投資を推します。

相談者のリスク資産に対する変動の耐性とか投資に対する時間軸の考え方なんかわからないから。

でも一括投資にするメリットもしっかり教えてあげたい。

その上で本人が一括投資を選べばそれはそれ、積立投資を選べばそれはそれ。

投資ってはじめてみたもののどうしても損益が出るのがイヤっていう人もいると思うので、そういう人には辞めるという選択肢も残せるしね。

自分が一括投資派だから一括投資を勧めるっていうことはしたくないかな。

100円のつみたて投資や端株投資みたいな少額投資って無駄なの?
少額投資は無駄とか無意味といった意見もあるようですが、投資を始めた時というのは少額投資こそおすすめです。その理由は自分の投資スタイルが確立されていないから。ぜひこちらの記事で、少額投資の意味というものを見直してほしいです。
スポンサーリンク
ブログ村に参加しています

読者登録していただけると嬉しいです

ジロろぐ - にほんブログ村

ブログランキングに参加しています

PVアクセスランキング にほんブログ村

フォローする

2008年ごろからFXで資産運用を開始、2015年のロスカットを機にして投資手段を見直して端株投資に行きつく。
すでに失敗することのできない年齢であることから、株式やインデックスを使って着実に資産運用を行う。
詳しいプロフィール ≫ こちら

フォローする
スポンサーリンク
ジロろぐ

コメント

タイトルとURLをコピーしました