少ない資金で株式投資できる単元未満株(端株)とは?

端株と単元株の違い単元未満株
スポンサーリンク

株式投資をしてみたいけどしない人の多くの理由の一つが、「資金がない」ということではないでしょうか?

私自身も兄や姉からFXじゃなくて株式投資を勧められた時、同じことを言って返しました。

ところが単元未満株(端株)という制度を使えば、投資を始めてみたいという初心者のひとや、FXから転向してみたいけど資金効率が・・・といった方たちにも取り組んでもらえるのではないか?と思います。

スポンサーリンク

単元未満株(端株)とは?

日本の株式は100株を一単元として売買されますが、端株とはその単元に満たない株式のことなので、正式には単元未満株というほうが正しいのかもしれません。

ジロ
ジロ

まあ、私は語呂がいいので端株と呼んでますけど。

単元未満株とは?

また単元未満株というと何か不信なもののように感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、そもそも単元未満株というのは株式併合、分割といった場合にも発生しうるもので、決しておかしなものではありません。

単元未満株が発生する理由
スポンサーリンク

単元未満株(端株)で配当や株主優待はもらえる?

配当

投資をしたことがない人でも、「配当」とか「配当金」といったワードをご存じの方が多いと思います。

単元未満株の株主であっても、配当金は単元株主と同じ配当がもらえます。

端株の配当金のイメージ

つまり投資した金額に対して同じ割合で配当を受け取ることができます。

株主優待

配当金については一人の株主として株式数に応じてもらえるのですが、株主優待に関してはもらえない企業が圧倒的に多いです。

私が株式投資に興味を持った一つの理由として端株優待というものがありました。

単元未満株の株主であってもほかの株主と同様に優待が受け取れた時代というのはあったようですが、単元株主からの反発もあり、現在はごく限られた企業だけになっています。

スポンサーリンク

単元未満株(端株)を使った投資法

単元未満株を使った投資法として、私は端株投資と勝手に読んでいますが、それ以前から「ミニ株」と呼ばれるものや「るいとう」と呼ばれるものがありました。

ミニ株は10株単位での取引でしたし、るいとうは毎月1万円からの買付だったりして、とても少額投資には向かないと思いました。

その点SBI証券の単元未満株(S株)であれば1株単位から買えて、自分の資金にも合致すると考えました。

単元未満株投資をおすすめしたい人

単元未満株をおすすめしたい人はこんな人です。

  • お小遣制のサラリーマン投資家さん
  • デモ口座ではどうもピンと来ない人
  • 資産を複数の株式に振り分けたい人
  • 積み立て感覚でいずれは株主優待を手にしたい人
  • FXのスワップではなく、現金収入となる配当金が欲しい人

私もFXをしていたからわかるんですけど、多くのFX業者でスワップは決済した時に初めて反映されるので、インカムゲインとしては使えないんですよね。

その点配当金は現金で入金されるのでおすすめです。

また投資できる金額が限られた人の場合、特定の銘柄に偏りがちになりますが、この方法なら複数の銘柄に振り分けることが可能です。

スポンサーリンク

SBI証券での端株の取り扱い

取引ルール

証券取引所では100株1単元としてしか取り扱いがありません。

それならどうやって1株単位で買うのか?というのは気になる所ですが、SBI証券のQ&Aにこんなことが書いてあります。

お客さまからいただいた注文に対しては、当社が取引の相手方(自己)となるか、もしくは、他社証券会社へ取次ぐ(委託)ことで、売買を成立いたします。

引用:単元未満株(S株)取引ルール(SBI証券)

ネオモバイル証券には記載を見つけることができませんでしたが、SMBC日興証券のミニ株のシステム同様であることを考えると、同じようなシステムだろうと思います。

ミニ株取引は、取扱証券会社を相手として売買が行われ、約定価格は注文受付最終時間の翌取引日(取扱証券会社が定める金融商品取引所において売買立会が行われる日)の始値になります。指値注文はできません。

引用:ミニ株取引ルール(日興証券)

そのため、取引時間などにはそれぞれ制約があります。

関連取引時間に関する記事

関連端株取引のできるネット証券

名義人

SBI証券やネオモバイル証券で購入した単元未満株(S株)については、証券保管振替機構の名義となりますが、ミニ株なんかだと、取り扱い証券会社のミニ株投資の名義になったりします。

ジロ
ジロ

私はSBI証券以外で端株を保有したことがありませんので、何とも言えないのですが、端株優待がある会社の場合、名義が自己名義になっていないと貰えないといった情報もありました。

NISA口座でも保有できるけど手数料は掛かる

私もNISA口座で多くの単元未満株を保有していますので、配当金には課税されていません。

またNISA口座で株式の売買を行った場合には手数料が無料化されている口座が多いですが、単元未満株の取り引きの場合には所定の手数料が掛かりますので注意が必要です。

端株投資に関する当サイトのおすすめ記事

端株投資に関する方針と出口戦略について
端株を使った投資歴も長くなってきましたけど、改めて今後の端株投資の方針と、考え方についてまとめました。
おこづかいで投資するには最適な、端株投資に関するおすすめ記事一覧
当ブログ内の端株投資に関する記事を集めました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました