積立NISAでも「ひふみプラス」は人気の候補になるの?

最近投資信託ネタが続いてます。(関連記事:≫野村つみたて外国株投信楽天・全世界株式インデックス ・ファンドと全米株式インデックス ・ファンド)

今月から積立投信を設定するにあたり、「ひふみプラス」が気になったのでせっかくなので調べてみました。

ひふみプラス

元々はレオスキャピタルワークスの「ひふみ投信」という商品で、なんか良さそうな商品だという噂は聞いてました。ただ当時は直販型の投信だったため、レオスキャピタルに口座を開設してまでと思ってたころへ、各証券会社にも販売できるように設定された投資信託だったと思います。

つみたてNISAにも正式認定

マザーファンドになる「ひふみ投信」は早々と対象商品として認定されてましたけど、こちらの商品もつみててNISAの対象商品としても正式に認定されましたね。

人気の秘密

投資先

基本的に「ひふみ投信」に投資を行う「ひふみプラス」ですから、「ひふみ投信」ががマザーファンド、「ひふみプラス」がベビーファンドという関係になります。

で、そのマザーファンドにあたる「ひふみ投信」がほぼ日本株に投資を行ってるファンドですから、「ひふみプラス」自体もほぼ日本株式に投資をしているという事になります。

コスト

購入手数料・・・上限3.24%として各販売証券会社に任されてますけど、SBI証券では無料ですね。

信託報酬・・・500億まで0.98%、1000億まで0.88%、1000億を超える0.78%

解約・・・解約に関する費用は設定されてなさそうですね。

インデックスファンドに比べると高めの信託報酬が設定されてます。

信託報酬

こういう複雑な記述の投資信託って結構あるんですけど、右の図のような多段式になってる

と考えていいかと思います。

現在3000億を越えたぐらいですから、

500億までの0.98%=4.9億
1000億までの0.88%=4.4億
1000億を越え3000億までの0.78%=15.6億

の信託報酬が掛ってると判断できます。

全体では約25億の信託報酬が掛ってる事になりますから、

25億÷3000億×100=0.83%

という信託報酬の割合としてはこういう数字になるかと思いますね。(ちょっと自信ないですけど)うーんそれにしても25億って凄い額だ・・・

その他の費用

そして見落とせないのがその他の費用。

アクティブ投信という宿命か、売買委託手数料というものが発生していて、第5期の運用報告書をみると0.3%ほど計上されています。

ベビーファンドにも関わらず委託売買手数料が計上されてるのがなんか合点がいきませんが、運用報告にもマザーファンドが支払った手数料のうち、当ファンドが対応するものを含むと記載があることから、マザーファンドの支払った手数料はこちらでも負担しているという感じでしょうか。

参考までに国内株式インデックスを代表して「ニッセイ日経225インデックス」を例に挙げると、13期の運用報告でこの費用は0.003%となってますから、ちょっと高いですよね。(ちなみに信託報酬は0.27%)

信託報酬ばかり気にしがちなんですけど、どの目論見書見てもこの費用に関しては計上されてる事って多分ないと思います。実績ででもいいから前年度の数値を入れてくれるといいんですけど、なんかこの辺裏がありそうですよね。

運用成績

目論見書見てて思わず吹き出したんですけど、ここ5年の成績です。

どのインデックスよりも優れた数字ですね。

確かにここ5年って日本の株価は堅調だったから当たり前といえば当たり前かもしれませんけど、「ひふみプラス」のとなりのグラフが日本株のインデックスですから、かなり優秀ですよね。

こちらは基準価額の推移になります。

TOPIXと比較してもかなり堅調ですね。

気になるのは、グラフ下のピンクの山がマザーファンドである「ひふみ投信」の現金の比率になるんですけど、これを見ると昨年より現金の比率を上げている事が分かります。ということはリスクオフという判断をしてたんですね。

組み入れ銘柄

「ひふみプラス」の目論見書にある組み入れ比率を見てみますが、大変興味深いです。

一般的に考えると、上位にはNTTとかトヨタ自動車、三菱UFJFGとか来そうなもんですけど、一つも入ってませんね。

というのもマザーファンドにあたる「ひふみ投信」自体が、「どのような投資環境でも独自要因で成長を遂げる企業を発掘する」というスタンスですから、このような結果になるんでしょうね。

※画像は交付目論見書(PDF),レオスキャピタルワークスより引用させていただきました。

個人の投資の判断にもなる?

個人投資家が多くの銘柄から成長株を見つけるのは大変至難の業ですが、これだけの実績と評判の「ひふみ投信」を信用して、組み入れ銘柄の株を参考に買ってみるというのも面白いかもしれませんね。

まとめ

リーマンショックの起きた翌月にあたる2008年10月に運用販売が開始された「ひふみ投信」。

他のインデックス投信と比べると割高な信託報酬を設定されてる商品ですが、これまでの運用成績を見る限りではそれに見合った以上の成績を出してる気がします。ただ、この先日銀のETFの買い入れを縮小とかっていう話になった時、今までみたいに順調に推移するか?というとちょっと疑問もあります。

これはこれで面白い投資商品とは思いますけど、今回の私が選ぼうとしている趣旨のものとはちょっとずれてるかな?と思ってます。

※投資の最終判断は自己責任にてお願いします。


積立NISAやiDeCoをはじめ、積立投資をするのに必要な環境
来年始まる積立NISAをはじめとして、積立投資に対しての制度がいろいろ出てきています。 私は投資を始めたはじめの頃こそ投資信託を積み立...

▽投資信託の関連記事です

GPIFのポートフォリオをつみたてNISAのバランスファンドから選んでみる
年金積立金管理運用独立法人(GPIF)のポートフォリオに近いバランスファンドを選んでみました。
野村つみたて外国株投信と楽天・全世界インデックス・ファンドを調べてみました
設定間もない「野村つみたて外国株投信」について情報を頂きましたので素人なりに調べてみました。併せて気になってた「楽天・全世界インデックス・ファンド」についても調べてみました。
楽天・全世界株式インデックス ・ファンドと全米株式インデックス ・ファンドの混同に注意!
両ファンドの違いを調べてみました。野村つみたて外国株投信と比べてもますます魅力的な商品と感じ始めてます。もっとも混同してたのは自分が勝手に思い込んでただけなんですけどね。
バランスファンドは本当にいいの?eMAXIS先進国株式と8資産均等型を比較してみた
バランスファンドって債券比率も多くて気乗りがしないので、改めて先進国株式のファンドと比較してみました。面白い結果になったと思います。

▽独断と偏見で選んでみました

積立NISAの対象商品の中からおすすめ商品を独断と偏見で選んでみる
最近、投資信託のネタが続いたこともあり、個人的にも興味がでてきたのでつみたてNISAでおすすめ出来そうな商品を勝手に選んでみました。

スポンサーリンク
スポンサードリンク




スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク




コメント

  1. koma22 より:

    こんにちは。ひふみ投信はここまでは抜群の成績を残してますね。ここまでは。
    問題はここからですよねー。

    大賞を受賞したり、TVでとりあげられたりで注目度が一気にアップ、大量の新規資金が流れ込み、資金規模が急拡大。
    今までと同じような運用は相当難しくなる可能性が高い・・・ってのが気になります。

    特にひふみのような中小型株メインの投信だと。

    私は正直、今わざわざひふみを買おうとは思わないです。

    • Jiro より:

      koma22さんこんにちは
      2本目、3本目がひふみプラスという選択はありかもですけど、これ一本というのもちょっと心配な気がしますね。