手数料が高いといわれる楽天銀行、じつはつもり貯金の小銭と相性がいい?

お金にまつわる話

楽天銀行お使いの方の悩みというときっと手数料。

私は銀行への預け入れという行為は「銀行へのほぼ無償の融資だ」と思ってますので、3万円以下の入金ですら手数料を取られるのは甚だ遺憾です。

「大体銀行にほぼ無償で融資してるのに、何で融資してる側が金利を払って融資を受けないといけないのか?」と言って住宅ローンの金利交渉したときの事は以前記事にした話ですが、よく考えるとめちゃくちゃな言いがかりだったかもしれませんね。

私も一度は解約した楽天銀行なのですが、今はまた違った形で愛用しています。

スポンサーリンク

キャッシュカードなしでも手数料無料で入出金する方法

実は、私は楽天銀行のキャッシュカードを持っていません。

持ってないというか、銀行口座を開設した時にキャッシュカードすら発行してないのです。

キャッシュカードを発行しなかった理由は「カード類が増えすぎてウザイ」の一言に尽きますが、ネットバンクだと窓口がないからどうするの?という疑問があると思います。

そんな私の入出金方法です。

楽天銀行への入金

通常キャッシュカードでATMから入金というのが一般的など思うんですけど、楽天銀行はゆうちょ銀行からも入金が出来るんで、ゆうちょ銀行で入金して楽天銀行へ資金移動をしています。

1円からでも手数料無料で移動できますが、リアルタイムでの反映が出来ない事、事前のゆうちょ口座の届出に1週間くらい時間がかかります。

手続きの仕方はもう少し下のほうで書いています

楽天銀行からの出金

楽天銀行からの出金は・・・しません。

というより、キャッシュカードそのものを作ってないので基本的に出金は出来ないんですね。

ただ、「なんやそれ」という人のために一応書いておきます。

  • 楽天銀行からSBI証券かリアルタイム出金に対応したFX口座へ入金
  • さらにハイブリッド口座経由、リアルタイム出金でSBI銀行へ
  • コンビニATMで出金

という手段ですかね。

基本的に私が楽天銀行を開設したのは、つもり貯金を有効に投資資金へ反映させるためですから出金は想定していないのが現状ですが、上記のように手続きしてやれば楽天銀行のキャッシュカードがなくても出金は可能です。

スポンサーリンク

楽天銀行へつもり貯金の小銭を入金する方法

イーバンク時代から現楽天銀行はゆうちょ銀行から入出金が出来ました。

そして、ゆうちょ銀行のATMはほぼすべてのATMが硬化入金に対応しており、小銭であっても入金することが出来るのです。

ゆうちょ銀行のATMは硬貨入金に対応している

なぜゆうちょ銀行のATMだけ硬貨入金に対応しているのかわかりませんけど、ほぼすべてのATMが硬貨入金に対応しています。

入金の手続きしていると、画面の左側に「硬貨」というボタンが出ますので、押してやると左の写真のように投入口が開きます。

一枚ずつ入れるのは少し面倒ですけど慣れます。それに子供の貯金箱の小銭を入金しに連れてきたりも出来ますから、間接的にお金を預けるという行為を学ばせる事もできます。

これを楽天銀行へ入金するわけです。

この小銭が貯金できる、このことからも子どもの口座にゆうちょ銀行がおすすめしている理由の一つです。

ゆうちょ銀行から楽天銀行へ入金する手続き

楽天銀行へ利用するゆうちょ銀行を登録する手続きが最初に必要になります。

手続きの仕方は

  1. 楽天銀行へログインして、ゆうちょ口座を指定する。
  2. 送られた用紙に捺印して送り返す
  3. 手続き終了後利用開始

という手順で、時間もそれなりに掛かった覚えがあります。

この手続きが済めば、楽天銀行へログインして入金手続きを行うだけですが、実際に楽天銀行へ入金が反映されるのもリアルタイムでは行われませんのでのんびり待ってください。

こちらから参照してください≫ゆうちょ口座からの入金の仕方

スポンサーリンク

楽天銀行では株式配当金受取プログラムを利用するつもりだった

楽天銀行を利用されてる人はご存知だと思うんですけど、配当金を楽天銀行で受取ると1件につき10円貰えるんです。

1件という事は端株で持ってても1件というカウントなので、端株1円の配当であっても10円貰えるということになり、100銘柄持っていれば1000円という計算になるのですが断念したのはこの2点。

配当受け取りプログラムを断念した理由
  1. 最低でも50円の端株手数料
  2. NISA口座を利用しても株式比例配分方式で受取らないと課税される

最低でも50円の端株手数料

最初の手数料の点は、たぶんNISAがはじまった年くらいにSBI証券がNISA口座だと単元未満株(端株)手数料も無料ってやってたのでクリアできると思ったんです。

でもその翌年にはやはり端株取引が有料化されてしまい、手数料分のもとを取ろうとすると2年半も掛ってしまう事です。

ところが、2019年4月に開業したSBIネオモバイル証券では手数料無料で取引できるようになりました。

つもり投資に最適!ネオモバイル証券の口座開設の手順
お小遣いをいつまでもつもり貯金していても資産運用にはなりません。ぜひ1株から買えるネオモバイル証券でお小遣いを使った投資を始めてみませんか。

株式比例配分方式で受取らないと課税される

問題は次。株式比例配分方式を選んでしまうとすべての証券口座で適応になってしまって楽天銀行では受取れないという問題。

10円のために課税されたんじゃ意味ないので、端株配当を楽天銀行で受取る事は断念しました。

端株の配当金を楽天銀行で受け取る場合の注意しておきたいこと
端株の配当金も楽天銀行で受け取ると利回りアップ。ただ制度の改悪も片隅には置いておきたいですし、NISA口座を利用している場合には注意も必要です。
スポンサーリンク

ポイントサイトとの相性はやっぱりいい

イーバンクの名残でしょうね。ポイントサイトなんかだと、リアルタイム換金とかに対応してるのがSBI銀行より多いです。

最近では大分ポイントサイト自体も断捨離したので、あまりメリットはなくなったかもしれません。

スポンサーリンク

まとめ

楽天銀行で給与振込みを受取る人とかだとメリットも享受できるかもしれませんけど、私の環境ですとどうしてもメリットが小さい銀行です。

ただ、つもり貯金で貯まった小銭が投資資金に反映できるという点で愛用してる銀行です。

でも、ゆうちょ銀行から直にSBI証券への入金も出来ることから、ポイントサイトからの換金のメリットがなくなった今、少しゆうちょ銀行からの入金について少し調べてみる必要が出てきてるのかもしれませんね。


▽冒頭紹介した記事です

▽つもり貯金を再開した話

▽一般使いにはSBI銀行のほうが使い勝手はよいと思います

コメント

タイトルとURLをコピーしました