手数料が高いといわれる楽天銀行、じつはつもり貯金の小銭と相性がいい?

お金にまつわる話
スポンサーリンク

楽天銀行お使いの方の悩みというときっと手数料。

私は銀行への預け入れという行為は「銀行へのほぼ無償の融資だ」と思ってますので、3万円以下の入金ですら手数料を取られるのは甚だ遺憾です。

もちろん、プログラムをうまく使えば最大7回まで無料でコンビニATMが使えることも知っていますけど、現在はまた違った形で愛用しています。

スポンサーリンク

キャッシュカードなしでも手数料無料で入出金する方法

実は、私は楽天銀行のキャッシュカードを持っていません。

持ってないというか、銀行口座を開設した時にキャッシュカードすら発行してないのです。

キャッシュカードを発行しなかった理由は「カード類が増えすぎてウザイ」の一言に尽きますが、ネットバンクだと窓口がないからどうするの?という疑問があると思います。

そんな私の入出金方法です。

楽天銀行への入金

通常キャッシュカードでATMから入金というのが一般的など思うんですけど、楽天銀行はゆうちょ銀行からも入金が出来るんで、ゆうちょ銀行で入金して楽天銀行へ資金移動をしています。

1円からでも手数料無料で移動できますが、リアルタイムでの反映が出来ない事、事前のゆうちょ口座の届出に時間が必要です。

手続きの仕方はもう少し下のほうで書いています

楽天銀行からの出金

基本的に私が楽天銀行を開設したのは、つもり貯金を有効に投資資金へ反映させるためですから出金は想定していないのが現状ですが、次のように手続きしてやれば楽天銀行のキャッシュカードがなくても出金は可能です。

  1. 楽天銀行からSBI証券かリアルタイム出金に対応したFX口座へ入金
  2. さらにハイブリッド口座経由、リアルタイム出金でSBI銀行へ
  3. コンビニATMで出金

手間は掛りますので、楽天銀行をメインのネットバンクにしようと思う方には向きませんけど、あくまで小銭を硬貨のまま入金しようと思うだけなら十分だと思います。

楽天銀行へゆうちょ銀行から小銭を硬貨のまま入金する方法

イーバンク時代から現楽天銀行はゆうちょ銀行から入出金が出来ました。

そして、ゆうちょ銀行のATMはほぼすべてのATMが硬化入金に対応しており、小銭であっても入金することが出来るのです。

楽天銀行へ小銭を硬貨のまま入金する方法としては、下記の手順で行います。

  1. ゆうちょ銀行のATMで硬貨を入金(通帳での入金推奨)
  2. 楽天銀行で入金手続きをする
  3. 入金を確認する

ゆうちょ銀行のATMで硬貨を入金

なぜゆうちょ銀行のATMだけ硬貨入金に対応しているのかわかりませんけど、ほぼすべてのATMが硬貨入金に対応しています。

入金の手続きしていると、画面の左側に「硬貨」というボタンが出ますので、押してやると左の写真のように投入口が開きます。

これを楽天銀行へ入金するわけです。

子供の貯金箱の小銭を入金しに連れてきたりも出来ますから、間接的にお金を預けるという行為を学ばせる事もできます。

この小銭が貯金できる、このことからも子どもの口座にゆうちょ銀行がおすすめしている理由の一つです。

子供の銀行口座を作るのに悩んだ時にゆうちょ銀行がおすすめの5つの理由
お年玉やお祝いで頂いたお金の管理するのに、子供名義の口座を作りたいと思ったとき、ゆうちょ銀行がおすすめの5つの理由。お金の教育もここから始まっていきます。

楽天銀行から入金手続きをする

まず、楽天銀行へログインします。

MyAccount内にある入金方法を選択します。

そのなかにある「ゆうちょ銀行から入金する」という緑のボタンを選択。

既に登録された口座から、入金額を入力します。

このためにゆうちょ銀行に入金する際には通帳での入金、記帳をおすすめします。

入金手続きの確認をします。

入金を確認する

その後、入金を確認します。

ゆうちょ銀行から楽天銀行への入金を確認する
手続きした996円が入金になった

ゆうちょ銀行から楽天銀行への入金のタイミング

ゆうちょ銀行から楽天銀行への入金のタイミングはこちらが目安になります。

時刻は目安で、きっかりその時刻に入金されるものではない、少々ルーズなものになってます。

受付時間入金時刻目安
0時から6時59分当日17時30分以降
7時から13時59分当日22時以降
14時から23時59分翌営業日の17時30分以降
土日祝日翌営業日の17時30分以降

最初は楽天銀行にゆうちょ銀行登録の手続きが必要

楽天銀行へ利用するゆうちょ銀行を登録する手続きが最初に必要になります。

手続きの仕方は

  1. 楽天銀行へログインして、ゆうちょ口座を指定する。
  2. 送られた用紙に捺印して送り返す
  3. 手続き終了後利用開始

という手順で、時間もそれなりに掛かった覚えがあります。

ゆうちょ銀行から楽天銀行へ手数料無料で入金するための事前手続き
楽天銀行へはゆうちょ銀行を経由することで手数料無料で入金できます。ですが、そのためには事前に申し込みをしておく必要があります。

この手続きが済めば、楽天銀行へログインして入金手続きを行うだけですが、実際に楽天銀行へ入金が反映されるのもリアルタイムでは行われませんのでのんびり待ってください。

こちらから参照してください

参考ゆうちょ銀行から楽天銀行へ手数料無料で入金するための事前手続き

楽天銀行公式ゆうちょ口座からの入金の仕方

まとめ

楽天銀行で給与振込みを受取る人とかだとメリットも享受できるかもしれませんけど、私の環境ですとどうしてもメリットが小さい銀行です。

ただ、つもり貯金で貯まった小銭が投資資金に反映できるという点で愛用してる銀行です。

でも、ゆうちょ銀行から直にSBI証券への入金も出来ることから、ポイントサイトからの換金のメリットがなくなった今、少しゆうちょ銀行からの入金について少し調べてみる必要が出てきてるのかもしれませんね。


▽冒頭紹介した記事です

▽つもり貯金を再開した話

▽一般使いにはSBI銀行のほうが使い勝手はよいと思います

投資に関するおすすめのまとめサイト

投資やお金に関する情報に限定されたブログ記事が集まっています。多くの有名ブロガーも掲載されており必見です。

スポンサーリンク

40代サラリーマン、3人の子持ちです。少ない小遣いの中で端株制度を利用して資産運用してます。
詳しいプロフィールはこちら
お問い合わせ

フォローする
お金にまつわる話
スポンサーリンク
フォローする
Jiroの端株投資奮闘記

コメント

タイトルとURLをコピーしました