クレジットカードのポイントをTポイントに変えて一部日用品をまかなってます

家族カード無料など、私的には数々の特典もあるJCBのEITカード(エイトカード)を愛用してるJiroです。(≫EITカード5つのメリット

仕組みが複雑な為先日は触れてなかったんですけど、JCBのポイントでありますokidokiポイントをTポイントに変えて、日用品をまかなってますので少しだけ紹介します。

okidokiポイント

オキドキポイントと呼ばれるJCB独自のポイントで、このポイントを他社ポイントに交換して1%還元を目指していきます。交換レートは交換先によってまちまちです。

クレジットカードは100円で1ポイントという付与が多いような気がするのですが、JCBでは1000円で1ポイントが付与されます←ここが欠点です

JCBカードで目指すのは、1ポイント5円(0.5%)相当のポイントへの交換を目指します。

Tポイント

Tポイントといえば、青地に黄色のTのマークのあのマークを思い出せる人は多いと思います。国内でもかなりのお店で使える事で有名ですけど、ファミマがTポイントから撤退の意向を示したなど、その影響力に若干の不安が出てきました。

1ポイントが1円相当で利用できます。

ポイントの交換

JCBのポイントは先ほども紹介した通り、カタログ商品に交換するほかに、商品券に変えたり、いろんな提携先のポイントに交換する事ができます。

実は、okidokiポイントは1ポイント相当が、提携先に応じて換算レートが非常に不安定で詳細を書いてしまうと非常に難解になってしまいますので、もしもいいなと思ってJCBカードを検討される際は、ご自分のライフスタイルにあった交換先があることを確認していただきたいと思います。(≫JCBポイント便利に使う【公式HP】

Tポイントのほかに、nanacoや楽天スーパーポイント、waonなどを筆頭に、dポイントやauウォレットなどに交換する事ができます。

中でもnanaco、waonへの交換レート1ポイント5円相当と一番良いのですが、今回はTポイントへの交換を紹介します。

Tポイントへの交換

実はTポイントへの交換はokidokiポイント1ポイントに対して、Tポイント4ポイントの交換となり、0.4%の還元となるわけです。

しかし、私がこのカードを持ち出した頃から、YahooがTポイントを採用しだしてまして、YahooのTポイントへの交換ですとさらにお得になるんです。

それが「JCB×Yahoo!JAPANポイントクラブ」というものです。

ポイントの移行には2種類ありまして、任意のタイミングで交換する好きなときコース。そして私がおすすめするらくらく自動移行コースです。

こちらのらくらく自動移行コースのポイント交換は非常に便利でして、1ポイントから自動的にTポイントに交換する事ができます。

逆を言えば、Tポイント以外の商品には交換できないということにはなりますが、こちらを選択すると1ポイントがTポイント5ポイントに交換できますから、0.5%の還元になるんですね。

しかも100ポイント単位という制限もなく、1ポイント単位ですから無駄なくポイント交換できます。

ポイント付与のイメージ

月の利用額(ここでは12,300円と仮定します)が決定するとポイントの判定が行われます。

1000円未満が切り捨てですから、ポイントは12ポイントとなります。

本来ですと、最低交換単位というものがありますから、このポイントはokidokiポイントのままというわけなんですけど、自動移行コースの場合は1ポイントから移行してもらえるので、このままTポイントに移行されます。

移行の際には交換レートが1ポイントでTポイント5ポイントとなりますから、12×5で60ポイントというわけなんですね。

EITカードは1%

12,300円で60ポイント(60円相当)ですと、0.5%の還元率になるのですけど、EITカードはokidokiポイントが倍付けされるしくみがあります。

上記の例で言うと、12ポイント(通常ポイント)+12ポイント(ボーナスポイント)で24ポイントの付与という事になり、さらにTポイントには24×5で120ポイントのTポイントとなりますから、ほぼ1%の還元となりますね。

スターα、スターβ

JCBカードは前年度の利用額に応じて、αが20%、ベータが10%分のボーナスポイントが付与されます。

前年度が50万以上ですと10%、100万以上ですと20%となります。

またしても上記の例で説明しますと、

通常ポイント12ポイントですと、10%分の1ポイントが上乗せされる格好です。

ですから、Tポイントまでの移行ですと、

12ポイント(通常ポイント)+1ポイント+12ポイントとなり、全部で25ポイント。

Tポイントに移行すると25×4で125ポイントになり、このケースでは1%以上の還元率ということになります。

Tポイントでお買い物

Tポイントに変換できましたら、後はお買い物。

もっぱらLOHACOで日常よく使う、消耗品なんかを購入しています。

結論

長々と自分で書いてて、全然分かんないですので最後に結論を・・・
EITカード使って「JCB×Yahoo!JAPANポイントクラブ」の自動移行コースを選べば自動で1%Tポイント還元になってウマー
前年利用実績100万以上で還元率1.1%になってウマー

これの2個だけでいいです。


▽この投稿の関連記事

リボ払い専用のJCBEITカードを愛用している5つの理由
リボ払いは使い方を間違うと大変な事になりますが、反面ポイントバックが大きいのがメリットです。うまく使いこなしましょう。
スポンサーリンク
スポンサードリンク




スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク