1000円カットのこんなところがおすすめ

1000円カットのおすすめと頼み方のコツ 節約

1000円カットのおすすめと頼み方のコツ

サラリーマンの味方、1000円カット。

そのいいところは安いところだけではありません。

1度経験するときっと病みつきになると思いますよ。

 

おすすめしたい人はこんな人たち

髪型に強いこだわりがない人

子育てや仕事が忙しくゆっくり髪を切る時間のない人

どうせ伸びるからと割り切れる人

お金を節約したい人

思いついた時に髪を切りたい人等々

 

スポンサーリンク

1000円カットのメリット

1000円カットのメリット

安いのに時間限定でさらに格安店も

一番のメリットはやはり安いことでしょう。

結婚して間もなくまでは私も美容院に言ってました。

カットだけでも4000円、5000円取られますから、月に1回行こうと思うと結構な負担です。

最近では平日の昼間限定で1000円を切ったお店も目にする機会が増えました。

また、我が家の場合子供が3人いますから、価格差はますます大きくなるのです。

こまめに整髪出来る

中には美容院が高いからと、一度切ったら伸ばしてる人も見受けられます。

1000円なんで、ちょっと気になりだしたなって思うと気軽に整髪出来ますね。

どちらが好印象か想像していただけたら分かるかと思います。

早い

安さゆえに1人のお客に時間を掛けることが難しいのか、とにかく早いです。

座って20分もあればほぼ仕上がってしまいます。

待ち時間がなくカットしてもらう事が可能であれば、サラリーマンが昼休みにカットして職場に戻ることも時間的には可能です。

また私は若いころにヘルニアを患って以来、美容院で長時間座っているのが苦痛だったことから、この短時間でカットが済んでしまうというのは大変魅力でした。

予約がいらない

一般的に美容院なんかだと予約をして行くことが多いと思います。

そうなると予約をする時点で、相手の予約状況に合わせる上で自分の予定が拘束されてしまうんですよね。

その日は天候が悪くて外出したくなくなるかもしれないし、急用が入るかもしれない。

ひょっとして自分にとって、いい急用だったりすると困ってしまいます。

なので予約なしで飛び込みでいけるというのはとてもありがたいです。

1000円カットのデメリット

1000円カットのここがまずい

細かい注文はしずらい

安い代わりに多くを望んではいけない気がして、細かい注文はやはりしずらいです。

髪型に強いこだわりのある人はやめた方がいいかもしれません。

誰に当たるか分からない

大抵何人かが交代で切っていくシステムですけど、誰に当たるかはその時にならないと分かりません。

また、美容師も出入りが激しいのか、前回の美容師がいないという事もあります。

一般的な美容院ですと、大抵決まった美容師に切ってもらうケースが多いので、髪質やクセなどをイチイチ説明する必要があまりないと思います。

最近は1000円カットに行く女性も増えて来た印象ですが、知らない人に髪を触れたくないという人は向かないと思います。

はずれの美容師もいる

安さゆえに、一般的な美容院に比べると数多くのお客を相手にカットをしています。

そう考えると、数をこなしてるので、まあそれなりに仕上げてくれるんです。

でも大変失礼な言い方にはなりますが、中にはそうでもない人もいます。

しかもそういう人に限って、次に行った時もその人に当たったりするから残念です。

髪の毛が落ちる

掃除機で吸ったり、ドライヤーで飛ばしたりと基本的に洗髪はありません。

なので結構髪の毛が落ちます。

時間的には昼休憩にカットしに行くこともできますけど、営業などで訪問先があると現実問題としては難しいかもしれませんね。

 

1000円カットで頼む時のコツ

頼み方のコツ

基本的に細かい注文はしにくいんですけど、やはりそれなりにはカットして欲しいです。

なので、伸ばしたい、短くしたいという最終的な目的を伝えます。

その上でここはこれくらいにしてほしいといった注文をします。

そして最後に魔法の言葉。

おかしくないようにして。

最後はこれに尽きます。

残念な美容師に当たった時

それでも残念な美容師さん、かれこれ2人ほど当たりました。

なので私は前回から場所を変えました。

最近では1000円カットのお店も増えたことから、評判の善し悪しも耳にするようになりました。

どうせ決まった人に切ってもらう訳ではないですから、特にそこに固執する必要はないですね。

1000円カットのおすすめの時間帯

1000円カットのおすすめ

土日祝日などは結構込み合ってます。

時には1時間待ちなんて事も見たことがあります。

平日の日中にいければ空いてていいんですけど、さすがに日中はなかなか難しいですよね。

ですけど、平日の17時過ぎはおすすめです。

これが18時になると仕事帰りのサラリーマンが来るので、できれば17時30分までには入店したいところです。

カットの後は直帰して、そのままお風呂に入ってしまいます。

また季節にもよりますけど、クラブ帰りの学生が来る時間帯は避けるようにしてますね。

まとめ

最近は女性の美容師さんもいて、女性でも利用している人が増えました。

そういううちの妻も1000円カットでカットしてます。

夫としてはたまにはきちんとした美容院で切らしてあげたいという気持ちもありますが、本人は何より早いというのが気にいったようです

1000円カットはとても手軽にいけますし、おすすめです。

給料は現状維持でも小遣いは下がったというお父さんもいらっしゃることでしょう。

DINKSだったりすると美容院のお金というのはさほど気にならないかもしれませんけど、育児世代にはしてみると、掛け算で費用が掛るんで相当負担なんですよね。

ぜひ、一度お試しください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
節約
スポンサーリンク
フォローする
スポンサーリンク
Jiroの端株投資奮闘記

コメント