投資を始める前に、節約してお金が貯まる流れを作ろう

投資の前にまずは節約節約
スポンサーリンク

私も40代半ばになり、周りでも自分の将来のために投資を始めてじぶん年金を作りたいと感じている人は徐々に増えてきているように感じます。

あと20年もすれば現役世代を引退というものが目の前に迫っているでしょうし、そのころには順調にいくならば子供たちも結婚、孫がいるかもしれません。

でも、それ以前には目の前に迫った子供たちの進学に関わる費用を乗り越えていくのが先決です。

はっきり言って今の私たち、教育費がマックスに掛っていく世代が、ゼロから投資を始めるには、出費が厳しい世代であるのも確かです。

そんなミドル40世代が投資を始めるにあたってまず行っていただきたいのは、節約をしてお金が貯まる流れを作るということです。

スポンサーリンク

固定費を大きく削る見直しを行う

毎月爪に火を灯して行う節約は辛いですし、人間ケチになってしまいます。

それよりかは1度の見直しで継続的に出費を削ることが出来る固定費を見直した方がはるかに大きな費用を削ることが出来ます。

住宅ローンの借り換えや金利交渉

持ち家派の人ですでに住宅ローンの返済中の人でしたら、住宅ローンの借り換えや、金利の交渉といった方法が使えます。

残高によっては一度に繰り上げ返済をして、住宅ローンから解放されるというのも一つの手段かもしれません。

住宅ローンを繰り上げ返済した効果を資産運用シミュレーションと比較
住宅ローンの繰り上げ返済による効果を、同額を資産運用した場合のシミュレーションと比較してみました。

繰り上げ返済で圧縮できる利息はとても大きいので、出費に備えて負債を減らしておくというのは有効に作用してくれるはずです。

ただ、万一の際の生活防衛費など、不測の事態への備えは必要です。

生活防衛費の入った器を大きくしよう
生活する上で月の収入に対して日々の支出ということは意識されていると思います。計算しやすく、~続きを読む~

リボ払いなどの高利での借金をやめる

家なんてものは現金一括で購入する人のほうが少ないわけですが、カード、しかもリボ払いというものについてはもっと慎重に利用するべきです。

クレジットカードのリボ払いはうまく使うなら得だけど、そうでなければヤバい
リボ払いは支払いが一定というメリットの裏に、とてつもないからくりが潜んでいます。リボ払いはクレジットカード会社より優位に立ってうまく利用したいものです。

借金が減るどころか、増える可能性しかありませんので、残高によっては然るべきところから借り入れをしても返済しておくべきです。

たばこをやめる

私も元は喫煙者でしたが、禁煙して早15年が来ようとしています。

改めて浮いたたばこ代を計算すると、1日1箱、平均1箱400円で換算すると220万にもなります。

220万というと大学入学に掛かる費用、さらには1年間の授業料を賄えてしまえかもしれないぐらいの額に匹敵します。

元喫煙者がタバコを辞めてよかった7つメリットと実践した禁煙法
今後も喫煙者を取り巻く環境は決して改善することはありません。元喫煙者だった私が当時を振り返り、喫煙することのデメリットや禁煙したことによるメリット、その他辞めた方法を書いています。ぜひこの機会に挑戦してみてください。

基本的にたばこがこの先値下がりすることは、まず考えにくいです。

格安SIMで携帯料金を節約する

私はこのブログにおいて、携帯料金というものを目の敵にするかのようにおすすめしてきました。

食費をどんなに切り詰めようと、携帯会社を変更するメリットには到底及ばないからです。

格安SIM5年目。もうキャリアのスマホには戻れない
格安SIMを使いだして5年目。端末破損時の代替機のこともあるし、誰にでもおすすめ出来ないんですけど特に不自由もないし、料金的なことや2年縛りなどがないことを考えてももうキャリアのスマホには戻れません。

マイカーのあり方を考える

マイカーに関わるお金は正直バカになりません。

私も保有に関わるコストを試算したところ、血の気が引いた覚えがありますが、残念ながらマイカーを手放すと生活が成り立たなくなる可能性もあり、現在はマイカーが手放せない状態です。

車の維持費ではカーシェアに軍配。マイカー派はどうコストを抑えるか
車は移動手段としては非常に優れた乗り物です。雨に濡れることなく移動できますし、一度に何人も~続きを読む~

カーシェアというものを上手に使える環境にある人はマイカーを持たないというのも一つでしょうけど、車やバイクを含めて趣味という人もいらっしゃると思います。

例えば任意保険をダイレクト型にするだけでもコストは下がります。

自動車の任意保険は安くしたい。だけど価格だけで選ぶのはダメ
車に掛るコストというのは決して小さくありませんが、自動車保険に加入せずに運転してはいけません。一括見積もりのサービスを使ってダイレクト保険を利用すると負担が小さくなる可能性もあります。ぜひ価格面や補償面を比較してみてください。

毎日のコンビニコーヒーをやめる

セブンカフェの販売が始まったころ、缶コーヒーより安いならいいじゃんと購入してたことがあります。

でもよく考えると、コンビニに立ち寄ることが億劫だったりして結局自宅からコーヒーを持参するようになりました。

たった100円とは言え、週5杯と計算すると年間24,000円ですからね。

つもり貯金をゆうちょ銀行に入金、その資金は投資信託の毎日積立に充当
100円投信の毎日設定の費用捻出のため始めたつもり貯金。100円を貯めるたびに投信を購入した気になるかな?と思い楽しみにしてます。

投資の前に現在のインカムだけで家計の貯蓄体質を作っていく

上にあげたものはほんの一例であって、他にも削れるものはあると思います。

投資には少なからず損失というものも付いてまわります。

出来ることなら現在のインカムだけで家計が貯蓄できるようになれば、無理にリスクの高い商品に手を出さなくても済むのかもしれません。

▽節約したお金には課税をされることはありません。ぜひこちらの記事で節約の重要さを感じてほしいと思います。

まとめ

投資を行うことで豊かな未来を創るというイメージは結構ですが、風呂の栓も閉めずに風呂の湯をためても意味がないのです。

まずは家計を見直し、貯まる家計を作ってからでも投資というものに手を出すのは遅くはないはずです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました