IIJmioのエコプランがなかなか低コストで通信費の節約にいい感じ

IIJmioのエコプラン 格安SIM/通信費

 

格安SIMでもかなりシェアを確保しているIIJmio。

最近知ったのですけど、エコプランという隠れたプランがなかなか低コストで気になってます。

スポンサーリンク

IIJmioの料金プラン

格安SIM各社も年々料金体系が複雑化してきてますから、あれもこれも言い出すと複雑になってしまいます。

今回のテーマで必要な料金プランを端的に言いますと、データ通信のみでしたら3Gが900円で利用可能です。

今では各社通話プランやSMS付のサービスが出来ましたけど、私がIIJmioを利用を始めたときはデータ通信しかありませんでしたから、通話やLINEを利用するためにも2台持ちが前提だったんです。

そして通話プランをつけると+700円

月々1600円で通話のできるスマホが維持できます。

※データ容量の大きいものや定額通話に関しては複雑になるのでこちらの記事を参照してください

IIJmioの料金プラン
IIJmioをはじめ格安SIMの料金の仕組みをご紹介します。家族ならファミリーシェアプランを上手に使うと結構安くなりますのでおすすめです。

データ通信

私の過去3か月の通信量です。

いくらWi-Fi環境下にいる時間帯が長いとはいえ、なんと1Gも利用してません。

キャリアを使ってるとこういう使用料の人でも何千円も払わせるのですよ。

あくどいでしょ、キャリアの料金形態って…

格安SIMの弱点

シムフリー端末の入手

格安SIMの利用者の頭を悩ませる一つとして端末をどうするか…という悩みは切っても切れない悩みでした。

今でこそZenfoneとかHuaweiというメーカーを目にすることは増えましたけど、少なくとも私がIIJmioを利用し始めた頃にはまだまだマニアックな端末でしたから、docomoの中古白ロムや今はなくなったFREETELやcoviaといった端末を調べてた事もあります。

(coviaについてはauの通話シムが使えるDSDS端末を、おそらく唯一発売していますので後ほど紹介します。)

ところが最近はMVNO業者が販売を始めてくれたおかげでこの点はクリアできるようになりました。

 

通信速度の低下

データ通信が集中すると速度低下を招くケースがあります。

一応こういう面ではキャリアの利用者は優遇されてますけど、それは当然の権利だと思います。

エコプランはIIJmioの最安プランになるか?

先ほど格安SIMを利用するにあたって弱点は端末の確保といった内容を書きましたけど、IIJmioで端末とSIMを同時に購入したらエコプランというプランを選らぶことができます。

何がエコかといいますと、その月の通信量によってはさらに料金の割引をしてもらえます。

IIJmioエコプラン割引内容

シミュレーション

さて、どれくらい割引になるかというと、余った通信量0.5G単位で100円の割引を受けることができます。

余った通信量割引
0.5G以上-100円
1G以上-200円
1.5G以上-300円
2G以上-400円

1G未満の使用であればミニマムプラン(左)でしたら400円割引になります。

IIJmioのエコプランは最大70%割引に

なので冒頭の私のような使用量ですと月のデータ使用料が500円という安さになるのです。

+700円で通話をつけても1200円でしたら安いですよね。

IIJmioのエコプランで月々の携帯料金は想定通り格安に
IIJmioに通話ごと乗り換えて半年が経過しました。直近の携帯料金を元に通信費の節約方法を書いています。

エコプランでの注意点

端末の同時購入

SIMと端末の同時購入の時のみ選択できます。

もっともMNPで今までの端末を持っていない限りは端末をどう入手するかという問題もありますから、もしこのプランが気になれば同時購入を検討してください。

SIMタイプ

このエコプランはタイプAのSIMに限られます。

私の場合はタイプDのシムですから、再度SIMを発行しなおすということが必要になります。

その場合長期利用者の長得がどうなるか調べておきたいところです。

※こちらは別契約となるため、長得の適応は受けられませんでした。

タイプAの通信速度

タイプAはタイプDより通信速度が遅いです。

以前は下記の表の様な速度で、タイプAの方が下りの理論値は低かったのですが、現在は()内の数字の様になっています。

下り上り
タイプD788M(988M)50M(75M)
タイプA370M(958M)25M(112.5M)

昔のADSL時代からそうですけど、あくまで理論値なんでメーカーの謳う車の燃費以上にあてにはしてませんけど。

残ったデータ通信量を繰り越せない

普通のプランですと当月余った通信量を繰り越すことができるんですけど、エコプランは割引という形で通信量を消費した形になり、繰り越すことはできません。

テザリング

Zenfone4カスタマイズモデルでテザリングをしてみました。

≫ Zenfone3と比較したけどZenfone4カスタマイズモデルをIIJmioで買いました

多くのデータ通信を利用する人が格安SIMを利用することはないとは思いますけど、利用できるのと出来ないのとでは全然違いますからね。

まとめ

この春には子供の進学がありますから端末を含めて携帯を増やすつもりでしますけど、できる限り利用料金は抑えたいので色々画策中です。

妄想では税抜き5,000円で、通話付きスマホ3台、データ端末用タブレットとスマホが各1台を目標にしてます。

また、今までも通話はauのまま利用を続けるつもりでしたのでg07+などの端末も調べてたんですけど、今回の見直しでいよいよauもお別れすることになると思います。≫2年縛りからの解放。通信費の節約のために今から2カ月の間にMVNOへMNPする

 

▽1台目をエコプランにMNPしました

auをMNPで脱出して、KDDIの単元株化を目指します

▽auの通話シムでも使える端末の記事です

コメント