SBI銀行の外貨積立ては外貨預金の為替手数料が高いなんてもう言わせない

SBI銀行外貨為替手数料値下げ 外貨預金/外貨MMF
スポンサーリンク

SBI銀行外貨為替手数料値下げ

SBI銀行は何と戦っているんでしょう。

SBI銀行の為替手数料は、ただでさえ圧倒的に安いコストであるにも関わらず、2018年4月2日から手数料の値下げをしてきました。

私がFXに興味をもちつつも、まだ外貨預金で金利+為替差益を狙ってた当時、ネットでは「外貨預金は銀行の手数料稼ぎの商品」と言われていた外貨預金も、とうとうここまで来ました。

スポンサーリンク

SBI銀行の外貨積立手数料値下げ

取扱通貨によるスプレッド

通貨通常時積立時
米ドル4銭2銭
ユーロ13銭11銭
ポンド28銭23銭
豪ドル25銭5銭
NZドル25銭23銭
カナダドル25銭23銭
スイスフラン28銭23銭
香港ドル5銭3銭
ランド14銭12銭

特に米ドルや豪ドルはすごいですね。

ただし、外貨積立の買い付け時のみに適応される手数料であることには注意しておきたいです。

為替手数料のコストは

上記で1通貨当たりの手数料を表にしました。

日本人が外貨預金や海外への投資により、利息や配当収入を得たとき、最終的には円に戻すことを考えると、現状では買付2銭、売却で4銭のコストがかかると判断できます。

そうしたときに1ドルに掛かる手数料は計6銭となります。

仮に1ドル100円と仮定したときには、0.06円÷100円×100=0.06%となります。

この手数料で外貨に投資できるのなら面白いと思いますね。

SBI銀行の外貨預金金利

通貨普通預金定期預金
米ドル0.45%1.9%
ユーロ0.001%0.001%
ポンド0.001%0.003%
豪ドル1.0%2.0%
NZドル1.1%2.0%
カナダドル0.45%1.3%
スイスフラン0.001%0.001%
香港ドル0.001%1.0%
ランド3.6%6.2%

※香港ドルのみ6か月

最近はアメリカの金利も上がってきて、ご覧のように1年定期となると豪ドルに迫る金利になっています。

政策金利比較

政策金利が外貨預金にどの程度提供するかというのは少し置いておいて、一般的に政策金利が高ければその国の通貨の金利は高いということになります。

外貨どっとコムの政策金利の表によりますと、

アメリカ 1.75%

オーストラリア 1.5%

となっており、アメリカの金利と高金利通貨といわれたオーストラリアの金利が、とうとうひっくり返りました。

にもかかわらず、普通預金の金利が豪ドルのほうが倍近いのは、あえて人気の通貨である豪ドルの金利を上げてることも考えられ、先々のことを考えると若干気になるところです。

人気通貨の豪ドルの為替手数料も大幅値下げ

今回の目玉は豪ドルの手数料が、米ドルに迫るほど値下げされたことではないでしょうか。

多分投資に興味をもたれない方でも、「オーストラリアドル=高金利」というイメージをお持ちの方も多いと思います。

豪ドルの積立買付時のコストは5銭まで下がりましたけど、売却時には25銭のコストが課せられるため、合計30銭の手数料が必要になります。

最近の豪ドルのレートはだいたい80円半ばであることを考えると、0.3÷85円×100=0.35%となり、1通貨当たりの為替手数料は米ドルの6倍近いコストとなります。

1年定期とした場合の金利差は0.1%ですし、今後政策金利の影響がこれらの預金金利に派反映されるとき、米ドルと豪ドルの金利もひっくり返ることも考えられます。

現状、あくまで現状で考えるとあえて豪ドルを選ぶ必要ない気がしますね。

通貨の選び方

今や高金利と呼べなくなった豪ドルと、それを上回ってしまった米ドル。

ですが、つい数年前までは日本同様ゼロ金利に近い金融政策をしていたアメリカに対し、過去最低の豪ドル。

今後金融ショックがあった時には、またアメリカは同様のゼロ金利政策にするかも知れません。

もちろん豪ドルもさらに金利を下げる可能性もあります。

どちらを選ぶ?となった時に私が言えるのは、外貨での利用価値の高い方という言い方しかできません。

私はSBI銀行で米ドルを積立てしつつ、忘れたころにSBI証券に外貨移動して米国株ETFを購入したり外貨MMFを買い付けしたりしていますので、必然的に米ドル推しになってしまいます。

豪ドルですとどうしても外貨預金か外貨MMFくらいしか利用価値がないからですね。

≫ SBI証券で遊ばせてる米ドルを使って外貨MMF買ってみた

FXとの比較

外貨預金とよく比較されるのはFXです。

外貨手数料に匹敵するスプレッドは0.3銭っていう低コストですし、外貨預金より多くの金利収入を得ることが可能です。

私も以前FXをメインにしてましたけど、現在はやめています。

その理由は、FXが差金取引のため為替変動時に追加入金の必要があったりして、スワップ目的の外貨預金の感覚で持とうとすると、どうしてもそれなりの資金が拘束されることでした。

≫ FXをやめた理由と端株投資を始めたわけ

まとめ

私がFXを始めた頃はまだ1銭以上のスプレッド提示の業者も結構あったように覚えています。

外貨預金の手数料がここまで安くなったことは大変ありがたいことです。

出来ればマネックス証券なんかも米株なんかで人気なのですからもう少し追従してくれると嬉しいですね。

▽複数の積立て設定を利用して作っています

SBI銀行での外貨積立に上限レートを設定して多段式に買付注文入れてみた
SBIの外貨積立で買付の上限レートを設定した注文をいれて、円安の時には少ない金額で、円高の時には多めの金額でという自分自身の設定を作ることが出来ます。簡単かつ手軽に設定できる積立なので重宝してます。

▽外貨預金より金利が高いです

SBI証券で遊ばせてる米ドルを使って外貨MMF買ってみた
米国ETFを買い付けるにあたって、投資までの資金を少しでも金利を付ける為「外貨MMF」を買い付けしました。 え?そんなことしなくてもさっさと買えばいいじゃん?という突っ込みには下で理由を準備してますんで、お楽しみに。 外貨MMF~続きを読む~

▽私がFXをやめた理由です

FXをやめた理由と端株投資を始めたわけ
二度目のレバレッジ規制が秒読み段階の今、改めてFXをやめるということを検討し始めてもいいと思います。その理由はレバ規制により昔より少額投資でなくなったこと、FXをしている人の多くは負けているという事実、ロスカットにあった時には口座に何も残らない現実です。

コメント