SBI証券のポイント投資にポンタも参戦、Tポイントとどっちが有利?

SBI証券にポンタポイントが参戦お金にまつわる話

かねてからTポイントを使った投資ができていたSBI証券ですが、このたびTポイントのほかにポンタポイントを使った投資が2021年11月からできるようになります。

これまでもポンタポイントはauカブコム証券で利用ができていましたが、このたびSBI証券でも使えるようになるということで、すでに三井住友カードで付与されるVポイントと合わせると3つ目のポイントサービス導入となります。

スポンサーリンク

SBI証券でPontaポイントでも投資ができるようになる

SBI証券にポンタ登場

ポンタポイントを使って1ポイントから投資信託が買える

SBI証券でこれまで導入されてたTポイント同様、ポンタポイントが利用できるのは投資信託の買い付け代金への充当です。

いいなと思ったのは、SBI証券ではポンタポイントが1ポイントから利用できるという点。

フロッギーなんかは100ポイント以上100ポイント単位でしか利用できませんが1ポイント単位であれば比較的柔軟にポイントを消化できそうです。

Tポイントとポンタポイントを任意のタイミングで切り替えられる

そしてこちら。

切り替えができるポイントサービス

再々切り替えるようなことは必要ないかもしれませんけど、一度選んだら変更できないというわけではなく、各ポイントがたまってきたから設定を変えようということもできるのは「国内主要証券初のマルチポイント導入」というプレスリリースには恥じない内容。

はたしてネオモバでもポンタポイントが使えるようになるのかな?

どうしても気になるのはこちら。

Tポイントで1株から株が買えるという触れ込みで一大ムーブメントを引き起こしたネオモバイル証券。

私はすでにネオモバは使ってないので関係ないのですけど、果たしてこちらでもポンタポイントが使えるようになるのか?というのは密かに興味があるところです。

スポンサーリンク

SBI証券ではTポイントよりポンタポイントのほうが比較的使いやすい?

でもこれらの一番の問題は、ポンタポイントが貯めやすいかどうか?というところですよね。

一番いいのは「意識しなくてもポイントがたまるという仕組み」をどう作るかというのが大事なんですけど、個人的にはTポイントよりはポンタポイントに関する情報の方が得やすい気がしますし、こちらのポイ探でポンタに交換できるポイント自体はポンタの方が少し少し分があるように思います。

あとおすすめなのは、私が楽天カードのポイント改悪をきっかけに使い始めたリクルートカード

楽天カード改悪でリクルートカードに変えてdポイントでフロッギーへ
楽天カードの改悪をきっかけに新しいクレジットカードにはリクルートカードを検討しています。貯まったポイントをdポイントに変えてフロッギーで株式を買うのが目的です。

こちらは1.2%還元でありながら、貯まったリクルートカードを連携しているポンタポイント、もしくはdポイントに交換できるという優れもの。

dポイントとポンタポイントを切り替える

私自身はdポイントに交換してフロッギーで端株投資をしていますけど、人によってはポンタポイントに交換してSBI証券で投資信託という選択肢も十分アリではないでしょうか。

使いにくいと評判のSBI証券を愛用する私がおすすめする5つのポイント
愛用している証券口座はSBI証券ですが、ネットでは何かと使いにくいと評判です。そんなSBI証券の魅力とおすすめポイントをご紹介します。
ブログ村に参加しています

読者登録していただけると嬉しいです

ジロろぐ - にほんブログ村

ブログランキングに参加しています


PVアクセスランキング にほんブログ村

スポンサーリンク
お金にまつわる話
スポンサーリンク
フォローする

40代サラリーマン、3人の父親。
オンラインゲームに課金していたお金を、2008年ごろからFXに使い始めたことをきっかけに資産運用に目覚めたが、2015年にロスカットして投資手段を再度見直し。
すでに失敗することのできない年齢であることから、将来じぶん年金になりうる資産を築くために、株式やインデックス投資に転向。
投資資金は小遣いの中からなので端株制度を利用して資産運用してます。
詳しいプロフィール ≫ こちら

フォローする
ジロろぐ

コメント

タイトルとURLをコピーしました