リクルートカードのポイントをdポイントに交換する方法

楽天カードの改悪でリクルートカードを発行クレジットカード

楽天カードで電気代などの光熱費に関わるポイント還元改悪により、新しくリクルートカードを作りました。

リクルートカードは、あの楽天カードの還元率より高い1.2%還元ということでしたが、当時はリクルートサービスでしか使えなかったりしてポイントの出口戦略に難がありました。

ところが最近ではPontaポイントへの交換、そしてとうとう5月24日からdポイントへ交換できるようになりました。

もともとこのdポイントへの交換ができることが目的で作ったこのリクルートカード。

楽天カード改悪でリクルートカードに変えてdポイントでフロッギーへ
楽天カードの改悪をきっかけに新しいクレジットカードにはリクルートカードを検討しています。貯まったポイントをdポイントに変えてフロッギーで株式を買うのが目的です。

さっそくdポイントへの交換に挑戦してみました。

手順はざっくり2つ。

リクルートカードのポイントをdポイントに交換する方法
  • リクルートIDのとdアカウントを連携する。
  • リクルートポイントをdポイントに交換する

リクルートIDのとdアカウントを連携は最初の1回だけ。

あとは随時リクルートポイントをdポイントに交換するだけです。

スポンサーリンク

リクルートカードとdポイントを連携する

リクルートカードのマイページにログインをして、各種ポイントについてからページを移動します。

リクルートIDのマイページにログインする

移動先はこんな感じ。

そしてdポイント連携のところにある連携するを選びます。

マイページのポイント設定からdポイントを連携させる
ジロ
ジロ

すでにPontaポイントとは連携しているものの、稼働せずに今日まで放置してました。

このあと「規約への同意」したあと、「dアカウントへのログイン」があり、「連携を許可する」ことでリクルートIDとdポイントの連携が完了します。

リクルートIDのとdポイントの連携が完了
ジロ
ジロ

無事完了!!

スポンサーリンク

リクルートポイントをdポイントに交換する

さて、次は実際にリクルートポイントをdポイントに交換していきます。

リクルートポイントの交換には、右上のメニューを選択します。

メニューからdポイントに交換する

開いたメニューから、ポイントを交換するを選択。

ポイント交換を選ぶ

リクルートポイントの交換先を選ぶ

連携したポイントが表示されます。

dポイントかポンタか交換先を選ぶ
連携させたポイントサービスに交換できる

ジロ
ジロ

もちろん目的はdポイント

リクルートポイントは1ポイントからdポイントに交換できる

dポイントへの交換する時間はリアルタイム交換

dポイントへは1ポイント単位で交換するポイントを入力してやれば即時に完了します。

dポイントへ交換する単位を入力する
リクルートポイントは1ポイント単位でdポイントに交換できる。

ご覧の通り、リクルートポイントという欄は消えて、残るは期間限定のポイントとPontaポイントのみ。

リクルートポイントがdポイントに交換完了
リクルートポイントがすべてdポイントに統合された。
スポンサーリンク

リクルートカードのポイントをdポイントに交換してフロッギーで株を買う

交換したあとdポイントのアプリで確認すると、すぐにポイントは反映されています。

交換したリクルートポイントがdポイントに反映される

そしてもう一つの目的、フロッギーにログインしてこちらでも確認。

リクルートポイントをdポイントに交換してフロッギーで使う

ジロ
ジロ

このdポイントで株を買っていきます。

フロッギーで初めてdポイントだけで株を買ってみた
フロッギーでdポイントを使って株を買うのはとっても簡単。問題はどうやってdポイントを貯めていくか。

楽天カードの改悪をきっかけに始めたクレジットカードの変更ですが、リクルートカードに当分落ち着けそうです。

100円から株が買えるフロッギーなら配当金を無駄なく再投資できる
SMBC日興証券が提供しているフロッギー。500円で1株未満から株式が買え、NISAも使え、買付手数料も無料となるとDRIPが使えるようになると面白い証券口座になると思います。
「キンカブ」と「フロッギー」の知っておきたい違い
似ているようで違うキンカブとフロッギー。わかりにくい取引時間や買ったとの扱いについてまとめました。
SMBC日興証券「フロッギー」
\株式も100円から買う時代/
FROGGY

フロッギーのメリット
◎小数点分の株式が買える
〇NISA口座が使える
〇買い手数料は無料
△端株保有中は個人名義にならない

売買目的でなければドルコスト平均法を使った積立に使えます。

ブログ村に参加しています

読者登録していただけると嬉しいです

ジロろぐ - にほんブログ村

ブログランキングに参加しています


PVアクセスランキング にほんブログ村

スポンサーリンク
クレジットカード
スポンサーリンク
フォローする

40代サラリーマン、3人の父親。
オンラインゲームに課金していたお金を、2008年ごろからFXに使い始めたことをきっかけに資産運用に目覚めたが、2015年にロスカットして投資手段を再度見直し。
すでに失敗することのできない年齢であることから、将来じぶん年金になりうる資産を築くために、株式やインデックス投資に転向。
投資資金は小遣いの中からなので端株制度を利用して資産運用してます。
詳しいプロフィール ≫ こちら

フォローする
ジロろぐ

コメント

タイトルとURLをコピーしました