借金体質はなんとかしたいが、一度はまると改善するのはとても難しい

借金

お金って、常に自分の思うように手に入るものでもないのに、お金に関して無関心な人って結構いるものです。

給料が入っても無計画に使ってみたり、クレジットを使って欲しいものを簡単に手にいれてみたり。

まあそれ自体が悪い事というわけでもないでしょうけど、入るお金に対して確固たる保障もないのに支出だけ増やすというのはいささか感心もされないことです。

なんて言ってる私も、かつてはそうだったのですけど。

スポンサーリンク
スポンサードリンク




そもそも浪費家予備軍

以前自分のことをこう書いています。≫実は浪費家予備軍です

欲しい物なんて、クレジットの申込書記入して、そのあと確認の電話が入ったら手に入ると思ってました。

特に車関係でひどい時には、「ボールペン貸して」って言えば、クレジット用紙が一緒に出てくるくらいでしたから。

もちろん今はそんなことないですよ。

クレジットカードの闇

その当時はクレジットの用紙を書く間に、やっぱり・・・って思い直す時もあったんですけど、今はクレジットカードが使えるお店が増えて、わざわざ申込書を書かすとこって減った感じがしますよね?

あれって、カード出せば自分の名前書いたり、暗証番号入れておしまいなんで、借金の申し込みをしているっていう感覚ないです。

そもそも「楽10カード」なんて運転免許不要とかってテレビCMで堂々とやってますからね。

大学生や主婦なんかでも簡単に作れちゃったりしてるんじゃないでしょうか。

会員の窓口を広げといて、後はポイントで釣ってリボ払い・・・

借金依存度

借金体質ステージ1

話がそれ始めましたけど、確かに欲しいものってクレジットカードを使うと簡単に手に入ってしまうんですよね。

でも、その後に残る支払い。

それなのに、新たに沸いてくる物欲。

慣れちゃうんですよ、借金に。

回数増やせば金利は増えるけど支払いは減りますから、欲しいという欲求が満たされるわけです。

気付けば「借金戦隊ローンレンジャー」に・・・。

お金が貯まるという事はなく、次から次へお金が出て行くことになります。

不思議とそれって慣れてしまって普通のことになったりします。

ここまではまだいいのです。

借金体質ステージ2

ここまでの借金であれば、多分生活できるギリギリのラインは保ってると思うので生活はできている状態でしょう。

問題はこのステージからです。

不意な出費が重なったとき

どうします?「俺、今度結婚するわ、結婚式来てね」って言われたら

結婚式の場合大抵来月って言う事はないでしょうけど、ご祝儀だ交通費だ、例えばスーツやシャツの新調ということだってあるかもしれません。

2次会、3次会なんていったらとんでもない額になっていきます。

しかもそういう年代って結婚式続きますからね。

どうします?突然家電が壊れたら

例えば冠婚葬祭とか含めて不意な出費が絡むのって、大抵大きいお金だったりしますよね。

本気で食費を削っていくレベルです。

借金体質ステージ3

まあ、ここまでは収入も確保されているとして、なんとか凌いだとしましょう。

どうします?病気やケガをしたら

ステージ2ではまだ収入が途絶える事はなかったかもしれませんけど、さすがに入院となると収入減となる可能性ありますよね。

返済手段がかなり限定されてしまう上に、治療費なども掛かってきます。

金額次第で一時的に親、兄弟に泣きつくのも一つでしょうけど、どちらにしても借金というマイナスの生活はマイナスの連鎖を生みかねないのです。

何より分割払いという支払い方法で手に入れるものは自分の身の丈にあったものでないということを頭に入れておきたいと思います。

さて、ここまでいくとよほどいい環境が揃わない限りなかなか元に戻すのは大変です。

実は私もステージ3まで行って、そのときは親に入院費の支払いを助けてもらい、これではいけないと生活を見直しました。

それが1級建築士試験直前に虫垂炎になった時の話です。≫国家資格の宅建に受かるために私が選んだ勉強法

なので、安いアパートに引っ越して固定費にあたる家賃の見直しをして、一つ一つローンを終わらせて今の生活があります。

作った借金を超える収入を得ることは簡単ではないのです。

まとめ

日本はこれだけ豊かになったとはいえ、人の物欲というものはとどまるところを知りません。

金を借りて買うことがいけないとは言いませんが、私が怖いと感じるのは「借金体質の人が新しいことに挑戦したい」と思ったときです。

例えば住宅の購入かもしれませんし、起業かもしれません。

はたまた結婚かもしれませんし、出産かもしれません。

もしものお金が必要な時に借入残高制限や返済履歴に傷があれば、これらの挑戦ができないということにもなりかねません。

中には「クレヒス(クレジットヒストリー)の実績を作っておいたほうがいい」という意見があるのも一理あるかもしれません。

ただ、借金と言う負債の足かせのために、新しい投資への一歩が踏み出せないという最悪のケースだけは避けたいと思うのです。

クレジットカードは恩恵を受ける側に回りたいものですね。

リボ払い専用のJCBEITカードを愛用している5つの理由
リボ払いは使い方を間違うと大変な事になりますが、反面ポイントバックが大きいのがメリットです。うまく使いこなしましょう。

家族カードで家のお金を一括管理しています

家族カードを利用している3つの事情
家族カードを利用している、我が家ならではの事情があります。まあなかなか深刻な話ではあるんですけどね。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク




スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする