家計の固定費節約!エコキュートなら工事費込みでも電気代で元を取れる

自宅を建てるときは絶対にオール電化と決めていたJiroです。

結婚した当時住んでたアパートもオール電化のアパートでして、IHの火力の強さや電気温水器の使用上の違和感もなく、妻もすぐにオール電化が気にいったようです。

ただ、IHに関しては電磁波の問題で妊婦さんは胎児に影響があるとも言われてますので、気になれば電磁波カットするエプロンなども売られてますから調べてみるといいかもですね。

オール電化のメリット・デメリット

オール電化のメリットは何より火を使わないから安全ということと、光熱費が安いと言われるところです。逆に電気温水器の置き場だとか、深夜電力を安く提供してもらう代わりに日中の電気代が高いなどのデメリットがあるのも事実です。

IHクッキングヒーター

通称IHと言われる調理器は熱伝導率が高く、お湯を沸かしたりするのがすごく早いです。また、タイマーや揚げ物の油温管理などが設定できるのも魅力ですが、最近のガス調理器にも吹きこぼれ時の自己消火機能とかついて、安全性はかなり向上してます。

一時期IHは鍋の素材によっては使えないとか、土鍋が使えないといった不満があったようですけど、最近ではオールメタル対応のIHやIHでも使える土鍋なんかも売られています。

IHの最大のデメリットは、油料理をした時などに汚れるという点です。

何が汚れるのかというと、一般的にガス調理器は火を使いますから、上昇気流が発生します。そこに飛び散った油などが巻き上げられ換気扇から排出されるという仕組みなのですが、IHの場合火を使いませんから、上昇気流というものが発生しにくく、通常の換気扇の高さでは吸い上げられないのです。そのためガス調理器より床が汚れるという欠点があります。

一時期、IH用の換気扇として、キッチンの天板上くらいの高さに壁抜きの換気扇が売られていたのですけど、最近は無くなったっていう噂です。

電気温水器

電気でお湯を沸かす給湯設備です。

温水器にほぼ常時高温のお湯がありますので、災害時などは温水器から水を確保することが可能な半面、取扱説明書には蛇口から取ったお湯は沸かすように書かれていることから、温水器の中の水(湯)が衛生的なものかどうかというのは疑いの余地があります。

温水器が今回の主役の話になるのですが、この調子で行くと長くなるのでさらっと次に行きます。

入れ替える住宅設備はエコキュート

エコキュートとはヒートポンプ技術を利用し空気の熱で湯を沸かすことができる電気給湯機のうち、冷媒として、フロンではなく二酸化炭素を使用している機種の総称である。

引用:ウィキペディアエコキュート

仕組みは良くわからないんで上の引用先を見てください。とりあえず我が家では今月末から来月初旬に入れ替え工事を行う予定です。

電気代のシミュレーション

今まで電気温水器を使ってきました。特に不満があった訳ではなかったつもりでしたが、住宅建材を扱う業者の展示会に誘われ行った時に、エコキュートの話を聞きびっくりしました。

給湯に掛る電気代が1/3になります。

ふーん・・・!!は??2/3節電できるってこと??

こういう商品って高い割に元を取るまでに時間が掛るという印象だったのですけど、聞いてびっくり。すぐに業者の担当者さんに相談したら「シミュレーションさせますよ」とのこと。で、メーカーさんに作ってもらったシミュレーションを見てさらにびっくり。

濃いグレーがエコキュート 薄いグレーが電気温水器

電気温水器のホントに1/3。シミュレーションなんで実際にはもう少し差が出るとはいえ、これは看過できない数字です。何もしなくても光熱費が下がるわけですから。

で、機器の見積りの値段を聞いたらびっくり。

具体的な数字は伏せておきたいと思いますけど、工事費を入れても家電量販店の数字よりかなり安いと思います。

ヒートポンプの置く場所とかの関係もあるけど、幸いうちは場所が取れるしね。

そんなに安くなるとは思わなかった。

エコキュートは元が取れる設備

上の表を見ていただくと一番差額が小さいのが夏場で5,000円くらい、冬場は10,000円くらいの開きが出ます。これは単純に冷たい水を温めるために必要なエネルギーの違いなのですが、年間にするとシュミレーション上約90,000円くらいの差が出ます。

仮に本体と工事費を含め50万掛ったとしても、エコキュートが10年で壊れたとしても十分元が取れてしまう訳ですね。

エコキュートはネットでも購入可能です

これは工事をしてくれる知り合いがいることが前提になるかもしれませんけど、楽天などでも手に入れることが可能です。

家電量販店で購入するより安くなるかもしれませんけど、いろんな保証やメンテナンスのことを考えると、そんなに大きなメリットにはならないかもしれませんね。

まとめ

光熱費というのは人間が生活するには欠かせないものとはいえ、節電、節水には限界があります。そんななか機器側でこれだけの節電をしてくれるのは非常にありがたいですね。


▽水道代の節水ならこちらの記事

節水シャワーヘッドは本当に効果があるのか?検証してみた
ユニットバスのシャワーに比べて、節水型のシャワーヘッドは本当に節水効果があるのかという疑問を検証してみた。

▽エコキュート取り付けました

エコキュートのフルオートに入れ替えたらバスタイムが快適になった
10年前自宅を建てて以来、給湯器は電気温水器だったのですが、エコキュートに交換しました。 いよいよ明日は電気温水器からエコキュートへ入...
スポンサーリンク
スポンサードリンク




スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク