資産形成期に毎月分配型の投資信託が不適切と感じた時の画像が出てきた

投資信託
投資信託

グロソブを筆頭に一時はとても人気があった(らしい)毎月分配型の投資信託。

じつは自分も一番最初に投資に興味を持ったのは毎月分配型の投資信託の存在でした。

それは姉からのこの一言。

姉

分配金で○○円入った。銀行の利息なんてほとんどないんだから、ジロも買ったら?

うっすら覚えてるのはBRICsブームのころのブラジルボンドオープンかなんかだったような気がしてますけど、

ジロ
ジロ

そっか、仮に1万円投資信託を買ったら何十円という単位だけど利息より多いお金が入るのか。無理に銀行にお金を拘束しておく必要はないかも。

とそう考えた私は、投資に興味を持つことになりました。

そしてそれは楽天証券の1000円積立がはじまったころ、一気に加速することに。

スポンサーリンク

楽天証券で積み立てた毎月分配の投信たちはどうなった?

まずはさっそくこちらの画像。

毎月分配でも儲かった投資信託

原資は小遣いの一部と、なかなか増えないFXから毎月儲かった額から少しずつ出金する形で現物の投資信託に変えていたもの。

へ~、トータルリターンでプラスじゃん!

そう、楽天証券で1000円積立がはじまったのが2009年10月。

その後東日本大震災などがあって、すべてが低迷していた時期に積み立てていたもの。

そして売却したのは2017年の5月から6月に掛けて。(スクショはもう少し前と思われる)

なので、トータルでは儲かっているんです。

スポンサーリンク

毎月分配を積み立てていたころにインデックス最強論はなかったのか?

経済低迷期への不信感

こんな話をすると「なんで毎月分配なんか積み立てたの?(プギャー)」案件なんですけど、当時はグロソブをはじめとした毎月分配型の投資信託っていうのが結構人気だったんです。(たぶん)

その一方で、そのころからインデックス投信というのはもちろんありました。

なので私も毎月分配VSインデックスについては調べたんです。

ジロ
ジロ

もちろんインデックス派の方が優勢だった。

でもあの頃って何を買っても下がる時代で、もちろんインデックス投信なんかも、この十年のように右肩上がりで上がっている様子もなかった。

そこで自分が出した結論が、これ。

ジロ
ジロ

分配金をもらったほうがお得じゃない?

時はアベノミクスで株価は急上昇

そしてアベノミクスで日本経済も持ち直し、株価も一気に回復していったとき、分配金目的で積み立てていたこれらの投資信託も含み益になりました。

ジロ
ジロ

ただその上昇率はインデックス投信には圧倒的に叶わなかった。

これが日本経済新聞の投信ブロガーのインタビューでも触れたこのこと。

積み立て投資をしていた毎月分配型ファンドが含み益を出し始めたことでドルコスト平均法の威力を実感。それ以上に、インデックスファンドの方が積み立て投資には効果的と気づいてからはインデックスファンドの購入に切り替えた。

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOFL110W60R10C21A8000000/?
スポンサーリンク

毎月分配という現物資産のおかげでFXのロスカットからも立ち直れた

当時はまだまだ10万やそこらのお金だったし、分配金と言っても月に1000円ちょっとくらいでした。

毎月分配でも儲かった投資信託

でもその受け取ったお金で純金投資をしたりもしてたおかげで、ロスカットに遭ってもなくならなくて済んだお金があったのも事実。

楽天証券ではじめた純金積立
毎月分配の分配金で積み立てていた純金。

現在はこれらのお金が株式投資に充てられて配当金ということで恩恵を与えてくれていますけど、結論としては毎月分配型の投資信託と比較してインデックスファンドの方がもっと儲かってたと思います。

投資を始めるというと、株式の配当金のようなインカムゲインを想像して毎月分配型の投資信託に興味を持つ人もいるかもしれません。

でも毎月分配は運用に関わる費用も高く、増えるという意味ではあまり効率的ではないので、増やしたいと思うのであればインデックスファンドなどを活用をおすすめします。

分配金が欲しいのであればETFはどうでしょうか

iシェアーズMSCIジャパン高配当利回りETFの単価の安さは魅力的

ブログ村に参加しています

読者登録していただけると嬉しいです

ジロろぐ - にほんブログ村

ブログランキングに参加しています

PVアクセスランキング にほんブログ村

スポンサーリンク
フォローする

2008年ごろからFXで資産運用を開始、2015年のロスカットを機にして投資手段を見直して端株投資に行きつく。
すでに失敗することのできない年齢であることから、株式やインデックスを使って着実に資産運用を行う。
詳しいプロフィール ≫ こちら

フォローする
スポンサーリンク
ジロろぐ

コメント

タイトルとURLをコピーしました