show article mapで記事同士の内部リンクがひと目で確認できる

ブログについて

ブロガーにとってアクセス数というものは、更新のモチベーションアップにもつながりますし、気にするなと言う方が無理な話という方も多いはずです。

そのアクセスアップをするために必要と言われるのが内部リンクです。

私自身も内部リンクが大事ってのは聞いた事ありましたけど、ブログ内の記事の関係性を確認しつつ内部リンクを見直しというのは記事が増えれば増えるほど大変な作業になるのです。

ジロ
ジロ

過去記事に戻ってリンクしたり、記事が増えたらどんな記事があったか思い出せないし。割とめんどくさがりの私には大変・・・

ワードプレスは記事内の文字も検索してURLを引っ張れるんで楽ちんなんですけど、このブラグイン「show article map」を使うことで、ひと目で記事同士にどうリンクが掛けられているかが確認できるので大変おすすめのプラグインなのです。

先日、無料ブログをWordPressに移したという記事を書いています。≫リトルサーバーでのWordPressの立ち上げ手順~SSL化まで~

なぜ、無料ブログではダメだったかというと、このプラグインを使いたかったからです。

スポンサーリンク

内部リンク可視化プラグイン「show article map」

こちらのプラグインはNaeNoteを運営されているNAEさんが作られたプラグインです。≫記事間の内部リンク構造を可視化するWordPressプラグイン「Show Article Map」

このプラグインを知ったのはワードプレスを立ち上げて間がない頃で、プラグインの導入といったことは自身がなかったのですが、プラグインで内部リンクが見えるということに興味がありやってみました。

ジロ
ジロ

当時まだ記事が少なかったとはいえ、その効果はあまりにも衝撃的だったのを覚えています。

show article mapの使い方

プラグインをインストールする

プラグインの本体(ZIP形式)をダウンロードします≫ダウンロードページ

show-article-mapのダウンロード
赤矢印のところからダウンロードできる

WordPressのダッシュボードのプラグインから新規追加でダウンロードしたZIPをアップロードします。

そして、新しい記事を作成し、記事に[show_article_map](かっこは半角にしてください)というショートコードを入力して公開状態を非公開にして公開するだけです。

show-article-mapの使い方

「非公開にして公開」って、なんか日本語不自由じゃない?

おそらくこのプラグインを非公開で使えといわれる理由は、解析にかなり負担が掛るため、かなりサーバーに負担が掛けるようなのです。

ジロ
ジロ

だからプラグインを普段は無効化しておいて、使う時だけ有効化してます。

バージョンアップの仕方

プラグインのバージョンアップは、既にインストールされたプラグインを一旦削除します。

show-article-mapのバージョンアップの仕方

その後、再度新しいバージョンのインストールを行います。

動作環境

テーマSimplicity、AFFINGER4、STROK、賢威、
※追加:Cocoon、WING、SANGO、ATLAS
WordPress 4.8.2以上
PHP 7.1

公開されたときには4テーマだけでしたが、その後4テーマ追加されました。

スポンサーリンク

show-article-mapで表示された内部リンク

内部リンクの見直し前

導入した当時の当ブログですが見事にバラバラです。

show article mapを使ったところ内部リンクはまばら
線でつながってない記事はどこからもアクセスされない可能性が高い
ジロ
ジロ

それでも記事のほんの一部しかつながってません。

内部リンクを気にするような記事というものもさほどなかったかもしれませんが、これでも意識してたつもりでした。

内部リンクの見直しをした後

それが当時より記事が増えたとはいえ現時点でこれだけつながってます。

show article mapで確認できたため程よく内部リンクが掛けられた
show article mapを使えば、どの記事からリンクが掛けられているかひと目で確認できる

カテゴリ別に色が変わるみたいなんですけど、設定?環境?が悪いのか、ほぼ青一色になってますが、明らかに内部リンクが構成されているのがおわかり頂けるかと思います。

ジロ
ジロ

ちょっと過剰に行ったり来たりしてる所があるのも分かりますね。

1000記事近くても大丈夫

NAEさんのブログでは「1000記事は厳しいかもしれません」と注意事項が添えられていますが、取り合えず公開記事数930+非公開記事63のブログでは、時間こそ掛るもののなんとか作成されました。

1000記事あってもshow article mapで記事同士の内部リンク状態が確認できる
大量にあっても処理されたので、記事のリライトにも役立つ

SSL化と同時に内部リンク進行中ですが、これだけ大量の記事がありながらもツイッターレベルの記事もありますから、リライト、削除という作業も待ってたりします。

内部リンクのデータをダウンロード

こちらは今の当ブログの内部リンクですが、以前から少し整理しないと煩雑になっているなというのは実感として感じていました。

こんな状態の内部リンクの様子では、どの記事からどの記事へ内部リンクが掛かっているか不透明です。

最新版のv.0.7では、内部リンクのデータをCSV形式でダウンロードすることができるようになりました。

これによってどの記事からどの記事へ掛かっているかが把握しやすくなります。

スポンサーリンク

まとめ

内部リンクは表面的に確認することが出来ないので、一つ一つやろうと思うととても大変な作業です。

その点このプラグインを使用すると、後日どの記事ともつながっていない記事とかが目視で確認できるので大変ありがたいです。

やはり、「可視化」「見える化」というのはブログにも大事な事のようです。≫やりたいことリストの効果は凄い。リストアップしたら目標が見えて来た


コメント

タイトルとURLをコピーしました