リトルサーバーで独自ドメインのWordPressを運営してます

リトルサーバー

リトルサーバーは私も使い出して3ヶ月、今のところ不具合もなく利用中です。

サーバーの動作運営を保証するものではありませんが、WordPressにしたいけどお金が掛かるからなぁって思ってる人に選択肢の一つとしておすすめします。

スポンサーリンク
スポンサードリンク




レンタルサーバー

WordPressでサーバー借りるって言うとエックスサーバーで借りてる人が多い気がします。

あそこで借りると最低でも月900円(3年契約)掛かるんですよね。

ドメイン代とあわせると1,000円掛かるというのは初心者にはとてもレベルの高い話でして、かなり悩んだ覚えがあります。

当時からアドセンスで収益というものは視野には入れていたものの、初回の振込みまでに3年半を要した私にしてみると、どれだけアクセスがあるか分からず月900円のランニングコストはとても負担でした。

そこで見つけたのが1カ月150円から利用できるリトルサーバーです。

リトルサーバーのメリット

料金

やはり一番気になったのは料金です。

ミニプラン リトルプラン ビッグプラン へビープラン
初期費用 920円 920円 920円 4980円
月額料金 150円 250円 430円 3980円

※月額料金は1年契約時の料金です。

これくらいだったら、2年目以降のドメイン代を考えても月400円ぐらいですから、自分の趣味としての出費としては許容範囲だと思ったんです。

デスク容量

ミニプラン リトルプラン ビッグプラン へビープラン
容量 20G 60G 120G 500G~

実際、20Gという容量あれば十分の気もしますけど、このブログを移した際には無料ブログでやってたもう一つの趣味ブログも移動させることを視野に入れていました。

どうしても写真とか入れると容量が増えるかなぁと思い、現在はリトルプランを利用しています。≫WordPressの立ち上げ手順~SSL化まで~

バックアップ

他にもいろんなサーバーを比べてたんですけど、安いとこだとバックアップに関して情報があまりでてこなかったのです。

でもリトルサーバーですと1週間分のバックアップを取ってくれたり、データもRAIDで守られてて案心かな?と感じました。

RAIDは自宅でも子供の写真をNASを使って管理してる関係で、何となくですけど大丈夫でしょって思ったんです。≫子供の写真を保存するのにNAS(ネットワークHDD)を買ってよかった

SSL対応

wordpress SSL

当時はあまり意識はしてなかったんですけど、SSLという言葉は知ってましたし、ブロガーさんでもSSLを意識してる人がいたのは知ってました。

もちろんリトルサーバーでもSSLには対応させられるんで、ご心配なく。≫WordPressをSSL化させてみたら思ったより簡単だった~リトルサーバー編~

独自ドメイン運用

リトルサーバーからドメインを借りる事はできますが、多くの人は独自ドメインを準備されてますね。

今後リトルサーバーからよそのサーバーに移る可能性もゼロではありませんし、私も独自ドメインを準備しました。≫七転八倒しながらも、なんとかWordPress移転完了

口コミ・評判

素人の私が見た目で明らかに評価できるのは料金ぐらいでしたから、情報を取捨選択する中でいろんなサイトを参考にさせてもらってたんですけど、どこのサイトも悪い評判を掲載してるサイトは見つからなかったんです。

むしろ、この料金でこのないようならいいという、良い側の評判が多く決めました。

リトルサーバーのデメリット

情報量

リトルサーバーは安いんですけど、何せ利用者が少ない事から情報量が少ないです。

SSL化するときも他のサーバーの例を参考に色々検索しながらSSL化しました。

転送量

実は一番気にしたのは生意気にも転送量でした。

転送量に関しても試用期間では1日10Gと制限があるのは明記されていますが、本契約後の転送量に関してはどこにも明記されていないんです。

例えば転送量に制限がかかるとアクセスできないなんてことを心配したんですけど、そもそも転送量という考え方自体がよくわかってません。

よくある質問の転送量に関するQ&Aではこのように書かれています。

明示的な制限はございませんが、ご契約プランの平均転送量を著しく超えた状態が続く場合は、帯域制御の措置を一時的に実施する場合がございます。

平均転送量を著しく超えた状態が続くとあります。

という事は何かのきっかけで、バズるという状態があっても一時的なものであればさほど大きな問題ではなさそうですよね。

考え方があってるかどうかわかりませんけど、ブログ1記事が画像などが複数あり200kb(0.2Mb)程度とすると、1000pvで200Mbですからさほど心配する事ではない気がします。

いずれ何かあれば数字を訂正していきたいと思います。

その他

WordPressにはMySQLっていうデータベースが必要らしいです。

こちらはミニプランで3個、リトルプランで10個作れるんで、その分だけブログを量産する事も可能です。

あとはエックスサーバーですとSSDらしいんですけど、これがどの程度違うのかは実感がわかないです。

まとめ

結論的には今のところ特に不自由を感じることなく使えてます。

いずれサーバーが落ちるほどのアクセスがあったときには、サーバー移転なども考えるかもしれませんけど、その時には怖くてうかつな記事が書けなくなってると思うのでどうするか分かりません。

あとは、リトルサーバーが突然なくなったりしない限り使ってるんじゃないですかね。

もしも悩まれていれば参考にしてみてください。≫月額150円~リトルサーバー

▽リトルサーバーでSSL化する方法です

WordPressをSSL化させてみたら思ったより簡単だった~リトルサーバー編~
リトルサーバーでWordPressを運用している人のために、SSL化に挑戦。思った以上に簡単に済んでよかった。

▽WordPressでおすすめのプラグインの一つです

WordPressの内部リンクを可視化するプラグイン「show article map」
先日、無料ブログをWordPressに移したという記事を書いています。≫WordPressの立ち上げ手順~SSL化まで~ なぜ...

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク




スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする