リトルサーバーで取得したメールアドレスをGメールで運用する方法

リトルサーバーのメールをGメールで運用する ブログについて

 

リトルサーバーでメールアドレスを取得しましたので、備忘録に記事にしておきたいと思います。

ワードプレスを使ったブログ運用になってから、お問い合わせページから企業の方からお声掛け頂くことがあります。

その時に、やはりgmailとかではなく、自分のブログ専用のアドレスが欲しくなったのです。

スポンサーリンク

リトルサーバーで独自ドメインのメールアドレス取得

メールアドレス取得は恐ろしく簡単に取得できました。

まずはリトルサーバーにログインして、メールアドレスのバナーをクリックします。

リトルサーバーで独自ドメインのメールアドレスを取得する方法

そして緑の欄に希望するメールアドレスとメールアドレス用のパスワードをを入力します。

メールボックスの有り無しは自分の使い勝手でよいかと思いますけど、私は「あり」で進めました。

メールボックスなしの場合はどこかで受信する必要がありますから、受信できる4番目の欄に転送先のメールアドレスを入力してその下の送信ボタンをクリックするだけ。

最大4つの手順でメールアドレスが取得できます。

メールアドレス

メールアドレスは@以下まで記載する必要があります。

WordPressを運用している人の多くは独自ドメインを取得してるんじゃないかなと思いますが、私の場合ですと、jiro-invest.spaceというアドレスが作れちゃうんですね。

メールパスワード

メールパスワードはサーバーのログインパスワードとは別に設定します。

ウェブメール

リトルサーバーにログインして、上のメニューからWEBメールを選択します。

独自ドメインのメールアドレスをリトルサーバーで送受信する方法

 

すると、こういう画面になります。

 

独自ドメインのメールアドレスをリトルサーバーで送受信する方法

ここへログイン名(メールアドレス)とパスワードを入力するとメールの送受信画面にログインできます。

独自ドメインのメールアドレスをリトルサーバーで送受信する方法

これで独自のメールアドレスを取得する事ができました。

さて、ここで一つ問題が発生しました。

・・・

ログインが二つ必要になるのでめんどくさいです。

なのでこれをGmailで運用してみたいと思います。

リトルサーバーのメールアドレスをGメールに設定する

メールはご存知のように送信と受信がセットになってやっとその機能を発揮しますから、送受信の設定をしてやる必要があります。

リトルサーバーのメールをGメールで受信する方法

受信設定は2つの方法があります。

メールを転送してGメールで受信する

多分こちらの方が簡単だと思いますし、私もこの方法で受信するようにしています。

リトルサーバーで取得した独自ドメインのメールアドレスをgmailで受信する方法

画像は使い回しですが、メールアドレスの欄の転送をクリックすると転送先のメールアドレスを入力する画像が出ます。

多分この方法の方が簡単だと思いますね。

メールをGmailで受信する

一つ目はオーソドックスにリトルサーバーに届いたメールをGmailで受信する方法です。

Gmailの右上にある歯車からアカウントとインポートを選択します。

リトルサーバーで取得した独自ドメインのメールアドレスをgmailで受信する方法

そして下の矢印からメールアカウントを追加してやる方法です。(上の矢印は送信の際説明します)

メールアドレスを入力ます。

リトルサーバーで取得した独自ドメインのメールアドレスをgmailで受信する方法

こちらは強制的にしたのチェックボックスが選択されています。

リトルサーバーで取得した独自ドメインのメールアドレスをgmailで受信する方法

ユーザー名はメールアドレス、パスワードはリトルサーバーで設定したパスワード、POPサーバーはログイン直後のパネルホームから確認する事ができます。

私はpop.lsv.jpでした。

リトルサーバーで取得した独自ドメインのメールアドレスをgmailで受信する方法

でアカウントを追加してやります。

受信したメッセージにはラベルをつける設定にしておいた方が便利かもですね。

 

リトルサーバーのメールアドレスを使ってGメールで送信する方法

右上の歯車>アカウントとインポート>他のメールアドレスを追加をクリックします。

リトルサーバーで取得した独自ドメインのメールアドレスをgmailで送信する方法

こちらでは名前とメールアドレスを入力して次のステップへ。

リトルサーバーで取得した独自ドメインのメールアドレスをgmailで送信する方法

ここではSMTPサーバーがこのまま入っていたのですが、受信の時のPOPサーバー同様、ホームパネルで確認して入力してください。

私の場合は「smtp.lsv.jp」でした。

ユーザー名はメールアドレスとパスワードを入力します。

また、ポートに関してはデフォルトの587ではうまくいかなかったのですが、465に変えたら無事通りました。

上の画像を見ていただけると分かるかと思いますが、587の場合はTLSというほうが推奨されています。

でも465にするとSSLが推奨されるんで、SSL化している人は465で試してみるといいかもしれません。

さて、この後にもう一つ手順がありまして、確認コードを入力する画面が出ます。

画像はないのですが、メールアドレスに確認コードの入ったメールが送信されますからコピペで入力するか、メール内のリンクをクリックする事で送信が出来るようになります。

まとめ

格安サーバーとして利用を始めた時には結構心配したのですけど、wordpressの運用、SSL化、独自ドメインでのメールアドレスの取得と一通りの事が出来ました。

月額150円~WordPress使用可

▽リトルサーバーでWordPressを運用しています

リトルサーバーで独自ドメインのWordPressを運営してます
リトルサーバーを使い出してまもなく1年が近づいてきています。WordPressにしたいけどコストが掛かるからなぁって思ってる人におすすめします。

▽ワードプレス立上げからSSLまでの手順に関して書いています

リトルサーバーでのWordPressの立ち上げ手順~SSL化まで~
月150円から使える格安サーバー「リトルサーバー」でWordPressを立ち上げる手順をSSL化まで一気にご紹介。独自ドメインはもとより、自分だけのメール運用も出来ます。

▽リトルサーバーでSSL化させてみました

リトルサーバーのWordPressをSSL化させたら思ったより簡単だった
リトルサーバーでWordPressを運用している人のために、SSL化に挑戦。思った以上に簡単に済んでよかった。

▽リトルサーバーがとうとうSSD化です

格安レンタルサーバーの「リトルサーバー」が一部のプランでSSD化
私も使用中のリトルサーバーがこのたびSSD化されます。格安レンタルサーバーはたくさんありますが、スタッフの対応も迅速で不自由なく利用しています。

コメント

  1. […] ≫リトルサーバーで取得したメールアドレスをGメールで運用する方法 […]