使いにくい?Gutenbergに変更されたワードプレス5.0をつかってみる

ブログについて
スポンサーリンク

ワードプレス5.0で
ブログを書いてみる

ワードプレス5.0使ってますか?

Gutenberg(グーテンベルク)というものが搭載されて、まあ試しに記事を一つ作ってみようかと思い書いてますが、正直難しいです。

ブロックという概念がすでに以前のものとは違うので、当分難しいような気もしますが、慣れるまではGutenbergと併用で記事を書いていくようになりそうです。

スポンサーリンク

TinyMCEAdvancedが使えない

最初に戸惑ったのは、今まで重宝してきたTinyMCEadvancedが使えないじゃんってことでした。

ジロ
ジロ

表の作成とかさ、吹き出しとかさ、いろいろできてたコマンドがなくなっちゃった…

ところが、あまり意識しなくても、ブロックを追加するときに「Classic Paragraph(クラッシックパラグラフ)」を選択してやれば、吹き出しなんかも使えるし、表の作成もできるようになります。

   
   

Tiny MCE Advancedの設定

Gutenbergに変更したらTiny MCE Advancedの設定を見直しておきましょう。

Tiny MCE AdvancedのGutenbergEditer画面
Tiny MCE AdvancedでGutenbergEditer用の設定を見直す

現在この記事で「スタイル」を追加したのですけど、新しい記事のほうには反映されてるんですけど、編集中のこの記事には出てきません。

なんとなく分かりかけてきたので、急がず設定してみたいと思います。

スポンサーリンク

クラッシックエディターを使う

どうしても慣れが必要な記事を作成するときには「クラッシックエディター」というプラグインがあるので、そちらのプラグインを利用することで以前のバージョンで書くことが出来ます。

クラシックエディターのプラグインを検索する
キーワードでclassicと入力するとClassic Editerが表示される

すでにインストールしてるので有効化としか出ませんが、インストールしてない時にはインストールボタンが出ます。

グーテンベルクが話題になって、「ワードプレス5が~」「グーテンベルクが~」「ブロックが~」と言いだした頃に、このプラグインが準備されているのを知ってインストールしてましたが、この記事に関しては使用していません。

スポンサーリンク

CocoonでGutenbergを無効化する

無料テーマのCocoonでは、クラシックエディターのプラグインを使わなくても旧エディターを使用することが出来ます。

サイドバーのCocoon設定からエディタータブを選択し、下図の矢印のチェックを外すだけでOKです。

CocoonのテーマでGutenbergを無効化する

Cocoonの素晴らしいところは、プラグインに頼っていたものを必要とせず、テーマ側でやってしまえるのです。

CocoonBlocksが楽しみ

ワードプレスのテーマ「Cocoon」の専用プラグインとして、現在CocoonBlocksを開発されてます。

現在はまだβ版ですが、今後開発が進めば一層使い勝手が良くなると期待しています。

Cocoon Blocks 公開。Cocoon用のブロックエディター対応プラグイン。
ブロックエディター(Gutenberg)に対応した、Cocoon専用のプラグインを公開しました。
スポンサーリンク

まとめ

まあ、なんとなく書き始めたこの記事ですが、触ってる間にまあまあ慣れてきた感じです。

いずれこちらに統一されていくのでしょうから、旧スタイルを使いつつも少しずつ慣れていこうと思います。

使いにくいと言われたGutenbergでCocoonBlocksを使うと便利
ワードプレスのGutenbergを使いだして2週間。慣れてきたこともあり操作性もよく書くということが楽しくなってきました。そこでCocoonのプラグイン、CocoonBlocksを導入してみました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました