マネーフォワードで資産管理すれば資産割合の変化がわかりやすい

お金にまつわる話

今年は少し遅くなりましたが、毎年恒例の資産状況の確認をしてみました。

私が目安として使用しているのはマネーフォワード。

銀行や証券口座のほかにクレジットカードなんかも登録できることから、多くは家計管理として使用している人も多いでしょうけど、私は自分の銀行口座や証券口座などだけを登録して資産管理に使っています。

ジロ
ジロ

データは2015年から残っているので、自分の資産状況の移り変わりが分かって面白いです。

スポンサーリンク

マネーフォワードで資産管理をしてみる

≫ マネーフォワードやマネールックという資産を一元管理できるサービス

無料版のマネーフォワードで登録できる口座は10件

以前は無料で使えるサービスという認識だったマネーフォワードですが、2019年から利用規約が変更になり、無料で登録できるのは10件までになりました。

現在登録しているのは以下の口座。

マネーフォワードに登録している口座

以前はFXがメインだったためFXをたくさん連携していたのですが、マネースクエアの個人情報流出のこともありますし、今後使わないであろうと思う不要な口座は解約をしています。

≫ 使わない不要なFX口座を持つメリットはない。必要ないと思えば解約すべし

マネーフォワードで金融商品を見る

マネーフォワードで気に入ってるのが、金融商品がそれぞれ確認できるところです。

銘柄はもちろん、保有している金融口座まで確認する事ができます。

マネーフォワードで資産管理をすれば保有株式を一元管理できる

だから何?といわれると困るんですけど、NISA口座のSBI証券をメインとして株を買いつつ、楽天証券 では楽天ポイントを使ってETFを買っている関係で1つのサイトですべて見られるのはありがたいのです。

他にもFXでも同じようにポジションごとに見ることが出来ます。

マネーフォワードで資産別の比較をしてみる

2015年の資産構成

こちらは2015年末の資産構成となります。

マネーフォワードで資産管理

この年の8月、チャイナショックでロスカットされたため、FXの内訳は2割弱と少なめですが、それがなければもっと多かったはずです。

私は2016年から端株投資を始めたとこのブログでも書いていますけど、この年の秋ごろから意識して買い始めたので株式の割合が増え始めています。

ジロ
ジロ

端株優待銘柄はもっと前から持ってましたけどね。

2016年前半の端株の配当金

2016年の資産構成

同じく2016年末の資産状況を表すグラフとなります。

マネーフォワードで資産構成を確認

以前のブログを見ると2015年12月にはFXの割合を減らしたいと書いてましたが、スワップで複利運用目的の口座が2つほど残っていたのが、この約15%分に該当します。

この年自分に課したのは、毎月1銘柄以上買うこと。

そのため前年比で10%以上株式の割合が増えましたけど、株式を集める事が楽しかった気がします。

2017年の資産構成

こちらが2017年末の資産構成となります。

マネーフォワードで増えすぎた株式に気付く
ジロ
ジロ

株式増えすぎやろ!!

昨年はFXの豪ドルスワップ運用に見切りをつけSBIFXトレードで持ってたポジションを閉じて株に全振りしました。

≫ FXをやめた理由と端株投資を始めたわけ

それと同時に毎月分配の投資信託にも別れを告げて、こちらも株資金として突っ込んでますので、投資信託の割合が大分下がりました。

≫ 毎月分配型の投資信託もやめてインデックスタイプへ変更

2018年の資産構成

こちらが2018年末の資産構成。

マネーフォワードで見る資産構成

株式比率がかなり大きくなっていますが、資産全体の大枠がほぼ決まっているところに現金を株式といった構成を割り振ってるだけに過ぎず、手持ちの資産の総合計というものは増えてない気がします。

なにかインカムというものを考えないといけないのかもしれません・・・。

2019年の資産構成

マネーフォワードでは規約が改悪され、無料会員のままではそれまでのような画像が見られなくなりました。

なのでかわりにこちらを・・・

マネーフォワードのデータを利用して手動で資産管理
改悪後の資産内訳の見方

マネーフォワードログイン後、上部のメニューから資産資産推移で、過去1年にさかのぼって確認できます。

現金や株式の比率はほとんど変わっていません。

ジロ
ジロ

これ以上現金比率下げるわけにもいかないしね・・・むしろ少し上げたくなってきたかな?

2020年の資産構成

2019年以降手作業でグラフを作り始めたので、色も元のマネーフォワードに準じて設定しました。

マネーフォワードで見る2020年の資産状況
現金16.63%
株式76.21%
投資信託5.49%
FX1.68%

現金に対して株式の割合が大きくないか?

ジロ
ジロ

まあ数年前から感じてはいたんだけどね。

ただ、根本的にこのお金は私のへそくりとして管理運用しているだけなので、全部すっ飛んでも家計に与える影響は皆無であることを考えると、自分が使いたいだけのお金を現金で保有できればいいかなというのが今の考えです。

マネーフォワードで総資産を確認したら、今年は34%アップに到達
今年も間もなく終わりですね。プロ野球の契約更新のニュースも聞かれるこの時期、私も久しぶりに~続きを読む~

マネーフォワードで資産の大きさの変化を見てみる

ジロ
ジロ

ん?

本当にこれって自分が見たいものやろか?

ここ数年の円グラフを見ていて感じたのは、そろそろ資産状況の割合が変わることはなくなってくると思うので、起点となる年の現金を含めた総資産を100として、それがどう変化しているのかを見てみたほうが面白い気がしました。

ジロ
ジロ

さっそく残っているデータでやってみました。

2015年100
2016年106.2
2017年137.1
2018年データなし
2019年データなし
2020年241.7

やるじゃん、なかなか順調じゃん。

ジロ
ジロ

たぶんモノタロウさんのおかげですから・・・

なんなら、実際に投資をしたお金と評価額の変化が分かればもっといい気がしますが、投資したお金を細かく付けていくのは意外と大変ですし、なにかいいサービスがあれば試してみます。

スポンサーリンク

マネーフォワードで資産管理をしてみて感じたこと

投資を始めたころなんかは現金以外の比率が上がるのは嬉しかった覚えがありますけど、銀行にある現金と証券口座にある金融資産を一目で見るのは難しいです。

その点マネーフォワードには最初に口座を登録しておくだけで、あとは自動的に残高を見に行ってくれるので、特に自分がやることはありませんので非常に便利です。

2020年時点での自分の円グラフでいうと、途中にも書きましたけど、もう少し現金比率を上げたいのが本音です。

そうかといって現金があると株が買いたくなるのも本音。

世界的な株高が続いていて、バブルというワードもチラホラ見かけますけど、個人的にはまだもう少し続きそうな気がしますし、こればかりはどうなるかわかりません。

まあ、現金が増える方法でもあればそれがベストですけど、利益の出たものや、なぜ買ったか覚えてないようなものは手放しておいた方がいいのかもしれませんね。

年度ごとの端株配当のまとめ
端株投資による配当金の推移をまとめたページ。わずかなお金であっても徐々に増やしていきたいと思います。
ブログ村に参加しています

読者登録していただけると嬉しいです

ジロろぐ - にほんブログ村

ブログランキングに参加しています


PVアクセスランキング にほんブログ村

スポンサーリンク
お金にまつわる話
スポンサーリンク
フォローする

40代サラリーマン、3人の父親。
オンラインゲームに課金していたお金を、2008年ごろからFXに使い始めたことをきっかけに資産運用に目覚めたが、2015年にロスカットして投資手段を再度見直し。
すでに失敗することのできない年齢であることから、将来じぶん年金になりうる資産を築くために、株式やインデックス投資に転向。
投資資金は小遣いの中からなので端株制度を利用して資産運用してます。
詳しいプロフィール ≫ こちら

フォローする
ジロろぐ

コメント

タイトルとURLをコピーしました